生物部紹介

こんにちは、一女生物部です。

基本の活動は、週1の生き物の世話当番、水曜日昼休みのミーティングです。ときどき海で生き物の採集をしたり、山に行ったりもします。自主的に、標本を作ったり、観察・研究をしたりもしています。

中学生の皆さんへ

生物部は、生き物が好きな人にぴったりです。人数が少ないのもあり、部員の仲がよい部活です。兼部、SSHもOKです。私たちと一緒に生き物を愛でませんか?

 

生物部ブログ

【生物部】一年生の皆さんへ

 

一年生の皆さん、こんにちは!生物部です。やっと、学校が再開されましたね。しばらくは分散登校の日々が続きますが、一年生の皆さんと一緒に楽しく活動ができることを楽しみにしています。

生物部は、現在、3年生2名、2年生5名の計7名で活動しています。通年で行っている活動は、生物室で飼っている生き物たちの世話と毎週水曜日のミーティングです。

生物室で飼育している生き物には、ウーパールーパー,アカハライモリ,金魚,ドジョウ,アカヒレ,ゼブラフィッシュ、葛西臨海公園や三浦半島で捕まえた海の生き物たち(イソガニ,メジナ,ヤドカリ,イシダタミ)がいます。それと、サボテン類やベンケイソウ類などの多肉植物の世話もしています。

 また、1年間の活動としては、次のようなことをしています。

4月:新入生歓迎会

5月:文化祭企画書の立案・提出/初夏の自然観察会(海辺の生物)                                     

6,7月:部誌(なでしこ)作成開始/ビーズストラップの制作開始/生物学オリンピック参加/尾瀬合宿「合宿のしおり」準備

8月:イカの解剖学習会/高砂小実験教室/尾瀬合宿/部誌印刷・製本/文化祭準備/文化祭

9,10月:科学展

11,12月:科学の甲子園/秋の巡検(植物園,大学研究室)

1,2月:小学生対象学校説明会・部活動体験/蓮池の天地返し(中庭の蓮池に入れる貴重な機会です!)

3月:三送会/新歓準備/春の巡検(三浦半島)

例年は、海辺の生物を捕りに行ったり、夏休みに尾瀬に行ったりしているのですが、今年は行けそうにもないので、それにかわる活動を一緒に考えていきましょう!

可愛い生き物たちがたくさんいます!SSHもできます。生物部への入部を待ってます!!!!!

 

【生物部】睡蓮池(通称:足池)にカエルが卵を産みました

 

一女の中庭にある2つの池のうち、蓮池については、2/12の「天地返し」の記事でお伝えしましたが、今回は、睡蓮池の方です。

夏に、睡蓮(ヒツジグサ)が花を咲かせるこの池は、足の形をしているので「足池」とも呼ばれています。

毎年春が近づくと、「足池」には、どこからともなく数頭のカエル(ヒキガエル)が現れてつがいになり、数日後に産卵をしていきます。昨年は3月1日に現れ、4日に産卵をしましたが、今年は、昨年の冬よりも暖かかったせいか、2週間も早く現れて産卵(2/17に現れ、21に産卵)をしました。

一女では、この卵から発生した胚の一部を3年「生物」の授業で観察します。

 中庭にある2つの池(左:天地返しをした「蓮池」,右:カエルが産卵した「睡蓮池(通称:足池)」)  

 

 

つがいのヒキガエルと卵

 

 

 

【生物部】蓮池の天地返しを行いました

一女の中庭には、生物部に管理が任されている2つの池(蓮池と睡蓮池)があります。このうち、蓮池の方は、毎年冬になると池の水を全部抜いて池底の泥を天日にさらした後、生物部の生徒たちが、表層の泥と深層の泥を反転させる「天地返し」を行っています。「天地返し」をすると、泥中の有機物の分解が促進され、ハスの花をたくさん咲かせるのに必要な窒素源を泥中に増やすことができます。

一女の蓮池のハスは、2000年前の地層から発掘された種子の発芽によって花を咲かせた古代ハス(大賀ハス)の一部を東京大学から譲り受けたものだと言われています。

生物部員たちが泥に足を取られながらも懸命に行った「天地返し」の結果は、夏に大輪のピンクの花となって現れます。