競技かるた部ブログ

【競技かるた部】全国大会出場決定!

こんにちは。競技かるた部です。

6月22、23日に高校選手権埼玉県予選が行われ浦和一女競技かるた部A、Bの2チームが参加しました。

大会の結果、Bチームが準優勝、Aチームが第4位となり、7月に近江神宮で行われる全国大会への出場が決定しました。創部以来2度目の快挙です。

下記は、A、Bチームそれぞれの主将のコメントです。

Aチーム主将

目標としていた全国大会出場が決まり、喜びと今まで一女かるた部を支えてくれた多くの方々への感謝の気持ちでいっぱいです。
今後も今回の予選を通して見つかった課題をふまえ、全国大会に向け努力していきたいと思います。
応援してくださった皆さん、ありがとうございました!

Bチーム主将

部活の目標としていた全国出場が私達の代で達成できたこと、さらに、Bチームは準優勝という結果を残せたこととっても嬉しいです!!!応援してくださった方々や支えてくださった皆様への感謝を忘れずに全国大会も頑張ってきます。また応援よろしくお願いします!!

【競技かるた部】活動報告

こんにちは。競技かるた部です。

先日、筑波大学附属高校の方々と練習試合を行いました。近江予選前に他校との練習試合という貴重な機会をいただき充実した練習になりました。

新しく1年生も入部し、顧問の先生やコーチの方々、OGの先輩方に支えていただきながら部員一同練習を頑張っています。

今後とも、浦和一女の競技かるた部をよろしくお願いします。

 

【競技かるた部】大会報告②

こんにちは。競技かるた部です。

4月29日に神奈川県の大和スポーツセンターにて行われたさがみ野大会(E級)に3年生が3名、2年生が3名出場し、3年生1名が優勝し、D級へ昇級しました。下記は、優勝した生徒の感想です。

私は、今までの大会であまり満足のいく結果が残せず悔しい思いをしてきましたが、今回優勝して昇級することができ、とても嬉しく思います。3年生が部活に取り組めるのは残りわずかな時間ですが、今ある環境に感謝して、さらに強くなっていけるように頑張ります。

また、5月5日に行われた学生選手権(C級)に本校かるた部員が2名出場し、1名が準優勝し、B級へ昇級しました。下記は、準優勝した生徒の感想です。

学生選手権で準優勝しました。昇級できてうれしいです。今まで先生方やコーチの方々、先輩方にたくさん支えていただき、そして部員のみんなの頑張りに勇気をもらって最後まで頑張ることができました。感謝の気持ちでいっぱいです。大会前や大会中に大好きな仲間や家族からエールをもらったのも励みになりました。今回の大会は今までで一番楽しかったし、いい経験になりました。これからさらに強くなれるよう一女かるた部みんなで頑張っていきます。

【競技かるた部】大会報告①

こんにちは。競技かるた部です。

5月3日に行われた東京吉野会大会(D級)に本校かるた部員が9名参加しました。結果は、優勝1名、準優勝1名、3位入賞1名で、計3名がC級へ昇級しました。下記は、優勝した生徒の感想です。

部員のみんなとの日々の練習が実を結び、いい結果を残すことができてとても嬉しく思います。また、今大会では自分の新たな課題を見つけることもできました。この結果だけで満足せずに、次の大会に向けてこれからも精いっぱい練習に取り組んでいきたいです。

 

また、5月4日に行われた東京吉野会大会(E級)に本校かるた部員が11名参加しました。結果は、優勝2名、準優勝1名、3位入賞2名で、計5名がD級へ昇級しました。下記は、優勝した生徒の感想です。

コロナ禍で大会が以前より少なくなってしまい、その中で出ることができた大会でもなかなか勝ち上がることができなかったので今回優勝できてとても嬉しいです!大会の前から部員の仲間にたくさん励ましてもらっていたので、自信がついていつも通り試合をすることができました。一緒に練習してくださったOGの先輩、コーチの方々、部員のみんなや支えてくださった顧問の先生、家族に感謝の気持ちでいっぱいです。

【競技かるた部】新入生へ

こんにちは。競技かるた部です。

先日から仮入部が始まりました。今年はコロナウイルス感染症対策のため見学のみでの実施となっていますが、今年も多くの新入生が来てくれています!

一女かるた部には優しい先生や頼れる先輩がたくさんいます。一緒に近江を目指しましょう!入部お待ちしています。

【競技かるた部】埼玉wabisabi大祭典2021参加報告

こんにちは。競技かるた部です。

11月20日(土)・21日(日)の2日間、さいたま市大宮公園内で行われた「埼玉県wabisabi大祭典2021」に競技かるたミニ体験のブース出展として参加してきました。このイベントは埼玉県内の和文化を集め、緊急事態宣言明けにおいて埼玉県最大の屋外イベントとして行われました。昨年度、高校生和文化動画祭に参加したことがきっかけとなって今回の参加となりました。

 

 

 

 

 

 

中学生以下の児童生徒園児を対象に、約15分程度で1試合できるようにしました。説明とデモンストレーションの後に、10枚の札を使用して体験スタートです。本来ならば、上の句が読まれた時に覚えている下の句を取るのですが、初めての小さいお子様でも体験できるように、下の句の札に決まり字を赤い字で書き、上の句を読んだだけで取れるように工夫しました。11月の秋晴れの中、氷川神社へ七五三のお参りを終えた小さな子も来てくれました。デモンストレーションでは部員が素早くかるたの札を払うたびに、見学していた大人からも「おおっ!」「すごいっ!」と歓声が上がりました。ミニ体験では札を取る度に小さな子から笑顔がこぼれていました。札が取れずに悔し泣きをする子や、1日に4回も体験に来てくれる兄弟もいて、2日間のべ150人以上の子どもたちに参加してもらい、大盛況の内に幕を閉じました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20日には、高校生和動画コンテストにおいて「すゑひろがりず賞」を受賞したことにより、特設ステージに登壇して、すゑひろがりずと一緒に受賞した動画を見て、少しの時間でしたがトークしました。すゑひろがりずはとても優しく、会場を盛り上げてくれていました。

この時の模様は11月24日(水)16:30から17:00までテレビ埼玉で放送の「情報番組マチコミ(ネット)」で紹介されます。

県主催者挨拶を終えた大野知事もお越しくださり、励ましの言葉をいただきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このように競技かるたの魅力を多くの方に知っていただけるような活動もしていきたいと考えております。

これからも浦和一女競技かるた部を宜しくお願いします。

【競技かるた部】すゑひろがりず賞受賞!!!

こんにちは。競技かるた部です。

埼玉県主催の埼玉WABISABI大祭典2021「高校生『和』動画祭」において、浦和一女競技かるた部がエントリーした動画「Do you know 競技かるた?」が特別賞を受賞しました。

その受賞名はなんと「すゑひろがりず賞」です。

吉本興業所属のお笑い芸人、今人気急上昇中の「すゑひろがりず」が直々に選んでくれました!動画を見たい方は埼玉WABISABI大祭典2021「高校生『和』動画祭」の特設ページをご覧ください。

 

 

 

 

 

 

 

 

また11月20日(土)21日(日)10時から16時まで、大宮公園内で行われる埼玉WABISABI大祭典2021に、「競技かるたミニ体験」という企画ブースを出展します。小中学生限定で競技かるたのミニ体験ができます。当日は10時から順次整理券を配布しますので、興味がお有りの小中学生は是非お越し下さい。尚、定員になり次第、受付を終了いたします。また、かるたの札が紙で出来ている関係で、雨天ならば出展いたしません。ご了承ください。

さらに、この埼玉WABISABI大祭典2021において、すゑひろがりずが動画を作成した部員と共に受賞した動画を見て紹介するという企画があります。

日時 11月20日(土)14:10~14:40  場所 大宮公園内特設ステージ

こちらもお時間がありましたら、是非お越し下さい。

これからも部活動としての充実を図ると同時に、競技かるたの魅力を発信していきたいと思います。

 

 

【競技かるた部】彩の国E級大会で12名がD級昇級!

こんにちは。競技かるた部です。

先月23日(土)埼玉県立武道館にて、彩の国E級大会が行われました。この大会はコロナ禍で大会出場機会の少なかった県内かるた会所属のE級選手の昇級機会を作る目的で開催されたのですが、本当は今年2月に行われる予定だった大会です。緊急事態宣言下で開催できず、8月に延期したものの、その時期もまた緊急事態宣言が発令されており、10月にようやく念願叶って開催された大会でした。

8人のトーナメント戦で争われるこの大会において、2年生8名、1年生4名がトーナメント3回戦を勝ち抜いて優勝もしくは準優勝となりました。この結果をもって、12名全員がE級無段からD級初段となりました。

B級公認読手の資格を取得した本校OGが大会の読手として参加してくれました。写真右上のスーツの女性です。後輩たちの活躍に華を添えてくれました。左上はかるたの大会初出場を果たした副顧問です。2年生8名は大会の開催がほとんどなかった1年半の中、努力を重ねての昇級となりました。1年生4名は競技歴半年でしたが、メキメキと上達しての昇級でした。これら昇級の裏には、負けて悔しい思いをした選手がたくさんいます。そうした選手が次の大会ではきっと活躍してくれると願っています。これからも応援宜しくお願いします。

【競技かるた部】関東大会出場決定!!!

こんにちは。競技かるた部です。

先月10月4日(月)埼玉県新人かるた大会関東大会出場者選考の部が行われ、200名を超える参加者の中、トーナメント5回戦、ベスト8までを決定しました。その中に、浦和一女競技かるた部の2名がいます。

 市野凛(2年)  佐藤天胡(2年)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

二人は11月9日(火)に本校合宿所で行われる準々決勝戦以降の優勝者決定戦までのトーナメント戦の続きに参加します。さらに23日(火)に栃木県総合運動公園内武道場で行われる第38回関東地区小倉百人一首かるた大会に埼玉県チームの一員として出場いたします。コロナ禍で練習も満足にできない1年でしたが、高校入学後に競技かるたを始め、ここまで強くなりました。写真は部会長の吉岡先生から埼玉県代表チーム入りを表す認定証を授与されたところです。これからも応援の程、宜しくお願いします。

  

 

 

 

試合後、ベスト8入りした選手を囲んで最後まで会場に残っていた部員と喜びの撮影。ちなみに埼玉県高文連主催大会で、上尾市の県立武道館を使用する際は、便宜上、武道場向かって左半分を「コバトンブロック」、向かって右半分を「まが太郎ブロック」と名付けて呼んでいます。ちなみにどちらも埼玉県のマスコットキャラクターです。コバトンは聞いたことがあっても、まが太郎はあまり馴染みが無いと思います。勾玉をモチーフにしているのは明らかですが、ちょっとユルすぎますよね。

 

【競技かるた部】全国大会 最優秀賞受賞!!!

 こんにちは。競技かるた部です。

 8月4日(水)~6日(金)に行われた第45回全国高等学校総合文化祭わかやま大会の結果をご報告します。

読唱の部 最優秀賞(全国1位)

     3年 粟飯原悠花

 

競技の部 奨励賞(全国5位)埼玉県チーム

     3年 岡田 寧々

     3年 白須 麻紗子

 

 

 読唱の部では、昨年11月から行われた全国読手コンクールにおいて、3次審査まで通過した3名の優秀読手が、この高総文祭で実際に読唱し、審査されます。粟飯原は予選1回戦目の読手として読み、見事、最優秀賞(全国1位)となりました!

これは浦和一女として初めて、埼玉県としても25年振りの快挙です。

 審査委員長からの講評では、声の力強さと音の明瞭さが高く評価されての最優秀賞受賞となりました。これをもって粟飯原は全日本かるた協会のB級公認読手として認められることになります。また今まで先輩から後輩へ、代々培ってきた浦和一女の読唱の伝統が結実した瞬間でもありました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 競技の部では、予選ブロックを通過し、決勝トーナメント進出戦を制して、埼玉県チームは準々決勝戦に駒を進めましたが、同じ関東地区の千葉県にあと一歩及ばず、奨励賞(全国第5位)となりました。 

 

 

 

 

 

 

 今年は3人制団体戦になり、声掛けが禁止される等、コロナ下の団体戦として今までとは大きく異なりました。しかし、埼玉県チームの一員として、選手と読手ができることを懸命に行い、無事に大会を終えました。出場した3年生はここまで気持ちを切らさず、モチベーションを高く保って頑張り、後輩たちに範を示してくれました。この経験はきっと他のことにも良い影響を及ぼすと考えています。今後とも、浦和一女の競技かるた部を宜しくお願いします。