ソフトテニス部ブログ

【ソフトテニス部】 南部支部リーグ大会結果

令和2年2月2日、埼玉県高等学校ソフトテニス南部支部リーグ大会がおこなわれました。

Aチームが大宮第2公園で行われたAブロックに、B・C・Dの4チームが浦和総合運動公園で行われたDブロックに参加しました。

Aブロックは予選リーグに勝ち、決勝トーナメントに進出。準決勝で上尾高校と対戦し、勝ったところで日没。

決勝は2月9日に対戦校の浦和実業学園高校で行われました。結果は1対2で敗退し準優勝となりました。

Bチームは練習したことを発揮し、トーナメント戦で次々と勝ち、こちらも準優勝となりました。

着実に技術は向上し、結果につながるようになってきましたが、技術とともに精神面の強化が大事な課題と考え、今後、春の大会に向けて両面とも鍛えていきます。

 

*** 選手の声 ***

Aチーム

宮島愛梨…今回は悔しさが大きく残る試合でした。各試合で自分の弱さが見え 、それを痛感しました。技術面より、精神面での課題が多く残りました。普段の練習から試合と同じような気持ちで取り組んで、もっと安定した試合運びができるようにしたいです。
 

小林さくら…試合で全然サービスを入れることができず、思うようにプレーができなかったことが反省です。精神面、技術面ともに向上するように頑張りたいです。
 

田中真百合…風が強く自分のやりたいことが発揮できなかった部分もありました が、集中して最後までねばって試合をすることができました。しかし返球が前衛にひっかかることが多いので、高さをつけることと攻めと守りの判断がしっかりできるように練習していきます。
 

下山千鶴…今回の大会では、風が極端に強かったため、サービスを風に合わせて風上だったら風に乗せる、風下だったら少し強めに打つなどをイメ ージをはっきりと分けて打ちました。するとファーストサービスが確率が高くなり、それが今回の試合での勝利に繋がったと思います。全体的にはチップが多くなってしまったので特に風があるときは無理をしないようにしたいです。
 

早船詩織…今回の大会は、課題が残る終わり方でした。練習が少ない中で自分はどうすれば良いかをしっかり考えて、チームに貢献できるような選手になりたいです。
 

吉原希寿菜…技術面ではサーブレシーブからの展開の練習の必要性を改めて感じました。精神面では普段の練習から緊張感を持つことの大切さを痛感しました。残された短い時間の中で何をすべきか考え行動し、チ ーム力の向上を図っていきたいです。
 

Bチーム

奥田唯花初めて決勝戦を経験して、技術面だけではなくメンタルもまだまだ足りていないと感じました。最後の大会まで残り約2ヶ月なので今回の試合の反省を活かしどんな時でも自分らしいテニスができるように頑張りたいです。
 

飯山実夏…今回の大会では練習でやったことがあまりできず、自分の精神面の弱さを改めて感じました。強気で攻められるように、声を出してもっと試合を意識して練習したいです。最後の大会で自信をもってプレーできるように、残り短い期間一日一日を大切にしていきたいです。
 

高橋実乃理…今回は、団体戦で準優勝することができ嬉しいです。今までより振り切り、ミスを減らすことができ良かったですが、肝心なポイントを落としてしまったり、初戦で自分のプレーが出来なかったりと課題も多く見つかりました。これから一層練習に励んで、 次回は優勝したいです。
 

岩渕真帆…日々の練習の大切さを改めて実感することができた試合でした。
 

松浦のぞみ…今回の大会で良かった点は、集中出来たことだと思います。また、緊張感のある中でもミスを恐れず攻めることができ、チャンスボー ルに繋げられました。課題点としては、大事なポイントでレシーブミスをしてしまったり、ダブルフォルトをしてしまったりと、勿体ないミスが多かった事です。これらのことは、自分の意識次第で変えられると思うので、日々の練習で緊張感を持って取り組んでいくようにします。
 

笹川絢加…今回の大会は、Aグループの人とは別でしたが、精一杯やって準優勝として結果が出たので、嬉しかったです。また、何よりも、 試合を楽しんで出来たのが良かったです。しかし、まだまだ課題はあるので、今後の試合も思い切り出来るよう頑張りたいです。
 

*** Aチーム ***

  

*** Bチーム ***

 

 

 

 

 

 

【ソフトテニス部】 優秀選手賞受賞

令和2年1月18日、3年の濁川実和堀口明日香が、さいたま市ソフトテニス連盟より、秀選手賞を受賞しました。

当日はセンター試験の為、残念ながら表彰式には参加できませんでしたが、後日、市連盟の方が表彰状を学校に届けてくださいました。

部活で鍛えた精神力・体力で、今3年生は進路実現に向けて頑張っています。

 

 

 

【ソフトテニス部】 第2回OG会を開催いたしました

令和2年1月26日、本校視聴覚室において、ソフトテニス部OG会を昨年に引き続き開催いたしました。

今回のOG会は、昭和25年度卒の方から現役生徒まで、総勢85名の方がお集まりになりました。

元顧問の加藤先生、小河先生、元コーチの吉田様からご挨拶をいただき、和やかにスタートしました。

ご歓談後、各年代代表の方からお話をいただきました。

昭和25年度卒の宮下陽子様は旧制中学から6年間一女の校舎で過ごし、高校2年のとき福岡国体の決勝で三重県と対戦。残念ながら準優勝になられたご様子を、目に見えるようにお話されました。その後埼玉県のテニス協会をつくられてご活躍なさったお話に、一同驚くばかりでした。

昭和33年度卒の三浦(小田橋)寿美子様は高校卒業後テニスに転向。ここで宮下様と深いつながりがあったこと、今もテニスをなさっているとお話くださいました。また、三浦様と同期の立川(田口)紀久代様はインターハイにご出場。卒業後も実業団で活躍されました。在学中は、上皇御夫妻がテニスがご縁でご成婚なさった時期で、一女のテニス部にも新聞社から取材があったそうです。そのとき新聞に載ったお写真を持ってきてくださり、スクリーンに映して鑑賞しました。とても貴重なお写真なので、HPに載せさせていただきます。

 

また今回のOG会はご欠席の、昭和22年度卒の井口規様と、昭和26年度卒の永瀬(松本)佳子様からエピソードをいただきました。

井口様は1945年(昭和20年)、疎開先から一女に戻ってこられ、テニス中心の生活をなさったそうです。国体出場という目的を果たすため、練習試合は秩父まで出かけられたとのこと。また、高女5年の修学旅行は関西方面でしたが、国体を前にして全く関心なくパスされたそうです。そして、埼玉県代表で第2回国民体育大会(石川県1947)にご出場されました。この年はバレー・バスケット・卓球の代表も一女でした。

永瀬様は東日本(山形県天童)、インターハイ(三重県宇治山田)等にご出場されました。戦後の物資が少ない時代で、学校の合宿では、主食がお米ではなく、どんぶりいっぱいの茹でたじゃがいもだったとのこと。新幹線がなかった時代、遠征には長い時間がかかりました。でも、他校の選手と交流できたことや、試合の後いろいろ見学できたことが、その時代には贅沢な楽しい想い出として残っていらっしゃるそうです。

OG会に参加なさった方々は、先輩方の功績にただただ感動するばかりでした。

昭和55年度卒から平成29年度卒まで、当時の懐かしい思い出をお話しいただき、皆さんの脳裏には当時の様子が走馬灯のように思い出されたり、また少し離れた世代ではそんな時代もあったのだと驚く場面もいろいろとあったりしました。

次は、現役部員による現在の部活動の様子を動画で紹介。2年の高橋・田中が中心になって作成しました。また、昨年度のOG会でいただいたご寄付で新調させていただいた部旗『克己』をご披露いたしました。

次に、今後のOG会について話し合いを持ちました。大学2年生が幹事団となり、企画・運営を行うことに決まりました。今後もこの会が長く続くことを願うばかりです。

最後は校歌斉唱と記念撮影。校歌は2年堀井が昨年に続きピアノで生演奏。皆さん、それぞれお好きなパートに分かれて、4番まで歌い上げてくださいました。卒業してしばらく経ってもメロディは忘れないものですね。

現役生徒にとっては、先輩方のいろいろなお話を伺うことができ、改めて一女OGのすばらしさを感じ、今後の学校生活の過ごし方を考えた有意義なひと時でした。今後も一女の伝統や人のつながりを大切にしていきたいと思います。

  

以下、会計報告です。     (OG会参加者64名 現役生徒21名 合計85名)

 

《収入》

 会費    @1,500×64= 96,000 ・・・・・・①

 

《支出》   

 お弁当    @1,080×85= 91,800

 白鷺宝         @80×85=  6,800

                    消費税   544

  紙コップ       @110×4=   440

 緑茶            368

              消費税  29

 合計            99,981 ・・・・・・②

 

《残額》      ①-②=-3,981

 

不足分3,981円につきましては、OG会で確認いたしましたOG会予備費より支出させていただきます。

 

 

ソフトテニス部OGの皆様へ OG会のご案内

寒冷の候、皆様におかれましては、ますますご清祥のこととお喜び申し上げます。さて、下記の通り、昨年に引き続きOG会を開催させていただきます。昨年度は、連絡先がわかる範囲でお知らせいたしましたので、多くのOGの方にお伝えできず失礼いたしました。今回は、より多くの方にご出席いただきたく、HPに掲載させていただきました。つきましては、ご多忙中とは存じますが、お誘いあわせの上、是非ご来会くださいますようお願い申し上げます。
 

      日時    : 令和2年1月26日  日曜日
                      11時半    受付開始
                   12時   開会 (昼食会)
                場所    : 浦和一女麗風館1階 視聴覚室
                会費    : 1500円

                申込期限     : 1月10日
                申込方法     : ご参加くださる方は下記連絡先にお願いします。

            FAXの場合は、卒業年度、フリガナ、氏名、旧姓、郵便番号、住所、電話番号をお書きください。

            あらためて、こちらから確認の連絡をさせていただきます。  
 

        連絡先         : 浦和一女ソフトテニス部顧問   直井美江(35回)
                               学校 TEL: 048-829-2031  FAX:048-830-1116

 

ソフトテニス部 新人戦県大会結果

埼玉県高等学校ソフトテニス県民総合スポーツ大会兼新人大会は、11月11日熊谷さくら運動公園で個人戦が、11月14日狭山智光山公園で団体戦が行われました。

個人戦は地区予選会を勝ち抜いた、田中②・吉原②ペア、宮島①・小林①ペア、早船①・下山①ペアの3ペアが出場。団体戦は校内戦を勝ち抜いた、田中②・吉原②ペア、宮島①・小林①ペア、早船①・下山①ペア、高橋②・岩渕②ペアがベンチ入りしました。

個人戦は、宮島・小林ペアが64本に入りましたが、田中・吉原ペア、早船・下山ペアは初戦敗退でした。

団体戦は、1回戦、川越西と対戦。1-2で敗退しました。

いずれの試合も、あと少し、もうひと粘りというところでしたので、今後の練習で確実な技術力・精神力をつけていきたいと思います。

 

選手の声虫眼鏡

田中真百合…個人、団体ともに納得のいかない終わり方だったのでまずは自分の やりたいことや得意不得意を理解します。
 

早船詩織…今回の大会では、相手に合わせてテニスをしてしまった場面が多か ったです。そのため、ペアや自分の良さをいかしきることができな かったのがとても悔しいです。しかし、この大会で様々な人のプレーを見ることができ、自分にはどこが足りないかを、見つけられたのでこれからの練習を頑張ります。
 

下山千鶴…今回の大会では、今の自分に足りないところをハッキリと知ること が出来ました。特に前半ではボールが来ると緊張もあり、焦って片手で打ち面が残らないことが多々ありました。これはこれまでの私の課題であり、すぐになおせるものでは無いので常に左手を使うことを意識していきたいです。
 

宮島愛梨…初めて高校の県大会を経験し、独特の緊張感を感じながら試合をしました。個人戦では、試合の流れを自分のミスで変えてしまったことがとても心残りです。しかし、一勝できたのは嬉しかったです。 団体戦ではいい雰囲気で自分のできることを精一杯できたと思います。ポイントの一つ一つは競ったものが多かったので、負けた悔しさは本当に大きかったです。「ここはまず一勝」と思ってもらえるようなペアになれるよう、これからもたくさん練習して自信をつけたいです。
 

小林さくら…個人戦では、一回戦目で緊張してしまい、思うようにプレーできなかったことが反省点です。また、二回戦目でリードしていたときに逆転されてしまったので、メンタルの強化をしたいです。 団体戦では、最初から明るく元気にプレーできたけれど、まだ自分に足りていないところが沢山見つかったので、日々の練習で改善したいです。
 

高橋実乃理…今回の大会で、メンバーとしてコート上で選手の試合を見ることができ、技術面はもちろん、最後まで諦めない姿勢を学ぶことが出来ました。今後のプレーに活かしていきたいです。
 

岩渕真帆…団体戦は難しいけれど本当に面白いなと改めて感じました。
 

吉原希寿菜…個人団体どちらも満足出来る結果を得ることが出来ませんでした。 大事なポイントでのミスが響いてしまったと思います。そのような場面で強気でプレーができる勝負強い前衛になれるよう、技術面・ 精神面ともにこれからの練習で向上を図っていきたいです。
 

【ソフトテニス部】 秋季市内高等学校ソフトテニス大会結果

10月27日、天沼テニス公園にて、秋季市内高等学校ソフトテニ ス大会がおこなわれました。
田中②・吉原②ペア宮島①・小林①ペアベスト8に入り、11月23日 の総合選手権と1月12日のインドア大会への参加資格を得ました 。
また、早船①・下山①ペア16本吉沼②・生田②ペア、奥田②・笹川②ペア 、細田①・西村①ペアはシードを破って32本に入りました。
他のペアも惜敗で、部全体として、練習したことを試合にいかすこと ができるようになってきました。引き続き、 自分達のプレーを分析し、試合のための練習ができるようにしてい きます。

ソフトテニス部 新人戦南部地区予選結果

9月17‣18‣20日、大宮天沼公園テニスコートで、新人戦南部地区予選が行われました。

個人戦では、宮島①・小林①ペアが3位に入賞! 田中②・吉原②ペアが16本、早船①・下山①ペアが32本に入り、県大会出場権を得ました。団体戦では、8本に入り、県大会に出場できることになりました。これから、県大会までの2か月、技術面・精神面の強化をしていきます。

***選手の声*** 

今回の試合では個人、団体ともに県大会の出場権を得ることができ ました。しかし負けた試合はとても悔いが残りました。これからの練習でロブの強化やボールの長さを意識して改善し、県大会までに調節していきたいです。 田中真百合

今回の大会ではミスが続いた場面でも、ペアと協力して乗り切り、 県大会出場が決定したのでよかったです。しかし、個人戦ではあと少しのところで負けてしまったのでこの悔しさを忘れずにさらに上を目指して日々練習していきます。 早船詩織

今回新人戦という大きな大会で、県大会出場という結果を残せたこ とをとても嬉しく思います。 今年の夏は中学の時、感覚でやってきた基礎的なことを練習で繰り 返してきました。まだ完璧でない部分もありますが、大会には夏の練習を生かせたのではないかと思います。団体戦ではチームを引っ張ってくださる先輩のありがたみをよく感じました。 先程も述べたように、まだ自分のプレーに納得できていない部分も 多くあるので、これからの練習では先輩を見習って成長できるよう 取り組んでいきたいです。 下山千鶴

今回の大会では、ペアと協力してプレーすることが出来ました。個人戦、団体戦ともに向かっていく気持ちを強く持って、自分のするべきことが出来たと思います。しかし、大事なところで気持ちの弱さが出てしまいました。結果がついてきたのは、ペアや先生、 部活の仲間のお陰です。その事に感謝して、県大会でも思い切ったプレーができるようにしたいです。 宮島愛梨

個人戦では、初戦から向かっていく気持ちを大切にして、県大会出場が決定できたので嬉しかったです。団体戦では、2回戦目に、ファイナルゲームで負けてしまい、次の試合に繋げられなかったことが悔しいです。精神面は勿論、技術的な面でも、 ボレーの精度を高めていきたいです。11月に行われる県大会まで 約1ヶ月あるので、しっかりと調整して、思い切りプレーしたいです。小林さくら

個人戦では、自分から攻められずミスが多くなってしまいました。 相手に攻められた時につなげられるよう、練習していきたいと思い ます。団体戦では今回はベンチから応援を行いました。今までとは異なる緊張感を味わえ、良い経験となりました。1球1球を大切につないでおり、そこが私には足りないところだと思いました。県大会では 1勝でも多く勝てるように盛り上げ、少しでも上達できるように毎 日の練習に参加していきたいと思います。松浦のぞみ

団体戦のメンバーに入れた事を嬉しく思います。コート上で仲間達の試合を支え、県大会出場に貢献する事ができ、良かったです。 プレーを間近で見る事で、良い刺激にもなったと感じます。
次は自分が試合で結果を残せるように、今回学んだ事を日頃の練習に生かしていきたいです。 川村結菜

今回新人戦という大きな大会で、個人団体ともに県大会出場を決めることが出来て良かったです。この夏の練習を活かして点を取れたプレーも多くあったと思います。しかし、試合の入りや大事なポイ ントで固くなってしまい思い切ったプレーをすることが出来ませんでした。県大会までの限られた期間を大切に過ごし、練習通りのことを出し尽くせるように頑張りたいです。吉原希寿菜 

 

 

 

ソフトテニス部 文化祭に参加しました!

ソフトテニス部は、今年の文化祭で、部として初めて参加しました !
クラスの企画と平行して部の企画準備は忙しかったようですが協力し、素晴らしいお店*ドーナツたべまショーン*ができました。
ご来店くださいました方、ありがとうございました。

ソフトテニス部 埼玉県選手権大会結果

7月13日に大宮第二公園において、埼玉県選手権大会が行われました。この大会は国民体育大会ソフトテニス競技選考会を兼ねています。まず南部支部で15ブロックに別れ、それぞれのブロックで1位になると20日に行われる2次予選会に進みます。
3年生が引退し、1,2年生27人で出場するはじめての大会です。
田中②・吉原②ペアブロック1位で2次予選に進むことになりました。また、後藤②・小林①ペアがブロック2位、早船①・下山①ペア、斎藤①・川村②ペア、宮島①・岩渕②ペアがブロック4本に入りました。
次の大会にむけて、夏休みは基本からしっかり練習していきたいと思います。

***選手の声***
今回の大会は新体勢としての初めての大会でしたが、初戦は緊張で初歩的なミスが多かったため練習してきたことが出せず、精神面の弱さを痛感しました。その後の試合は向かっていく気持ちで粘り強く自分たちのプレーをすることが出来ましたが、サーブやストロークのコースが甘く先に攻められてしまうパターンが多くありました。県大会までの練習期間は短いですが、コースを意識して練習し、県大会では悔いの残らない試合になるよう精一杯プレーしたいです。田中真百合

環境が変わって初めての大会でしたが、初戦は緊張から思うようにプレーができず、不安が残る試合になってしまいました。1試合目が終わったあとにペアと話し合い、精神面を立て直し、2試合目以降は楽しんで試合が出来ました。しかし大事な場面で足が動かなかったり、サーブレシーブが甘かったりすることがあり、基本的な技術の不足を感じました。精神面、技術面ともに具体的な課題を見つけられたので県大会までの短い期間でできる限りの事は調整し、練習の成果を出し切れるように全力を尽くします。吉原希寿菜

ソフトテニス部 インターハイ予選結果

 インターハイ予選が、6月8日に狭山智光山公園で個人戦、6月13日に熊谷さくら運動公園で団体戦が行われました。
 個人戦は濁川・堀口ペアと宮本・久下ペアが出場しました。
濁川・堀口ペアは、2回戦・3回戦と危なげなく勝利し4回戦まで進みましたが、残念ながら32本で敗退しました。
宮本・久下ペアは1回戦勝利し、2回戦は関東大会出場の昌平高校と対戦。惜しくも3対4で敗退しました。
 団体戦は強豪星野高校と対戦。
濁川・堀口ペア、宮本・久下ペア、村野・下村ペア、早船・下山ペアがベンチ入り。
応援団の大きな声援のもと、選手は練習したことを精一杯発揮しました。
結果は残念ながら敗退。しかし、ソフトテニスを思う存分楽しめた試合でした。
これで、3年生は引退となります。一女のテニスコートで得たことが、今後の人生の糧となりますように。

3年生~引退に寄せて~

宮本まどか
インターハイ予選では個人、団体ともに納得のいく試合を行うことができて、とても楽しかったです。
私たちは今日まで2年半、テニス部として活動してきました。時には思い通りの試合ができず悩んだり、悔しい思いや辛い思いをすることもありましたが、仲間と支え合い先生方に教えていただきながら日々成長し、自分と向き合いながら一歩ずつ前に進むことができたと思います。辛い時も寄り添ってくださった先生方、近くでずっと応援していてくれたチームのみんなに感謝したいと思います。本当にありがとうございました。この素晴らしいチームで活動してきたことを大きな自信としてこれからもテニス以外のことでも全力で頑張ります。

久下陽菜
地区予選では良い結果を残せず、悔しい思いをしたけど、インターハイ予選では、個人も団体も自分たちのテニスができて、楽しくすっきりして終わることができました。
2年半の間、周りとの実力差に悩んだり、結果を残せなかったり、辛いこともあったけど、テニスを好きになれて、このメンバーに出会うことができて、テニス部に入って良かったと心から思います!
私は団体メンバーに入ることを目標にして頑張ってきました。なかなか入ることができなくて、悔しかったけどそこで諦めずに続けてきて、最後に個人も団体も出れたことは本当に良かったと思います。1.2年生にも最後まで諦めずにやりきって欲しいです。
先生方、熱心なご指導ありがとうございまし た。先生方のおかげでテニスを好きになれました!
みんなのことが大好きです。
一女テニス部をずっと応援してます。

濁川実和
インターハイ予選では、個人団体共に納得のいくプレーができたと思います。良かったです。
2年半でいままで経験したことの無いことも経験することが出来ました。どれも先生方や保護者の方々、皆のおかげでできたことだと思っています。感謝の気持ちでいっぱいです。ありがとうございました!最後まで続けてきたことやこの部活で学んだことをこれから様々なことにいかしていきます。
今まで本当にありがとうございました。

堀口明日香
今大会をもって引退となりましたが、この2年と少し、本当にありがとうございました。インハイ予選は個人、団体ともにいつも通りの試合ができ、練習の成果を発揮できました。
今までを振り返って、私の力だけではここまで続けることは出来なかったと思います。テニスが嫌になった時期もありましたが、先生方や部活のメンバーがいたおかげで乗り切れました。同輩、後輩、先輩方、先生方、保護者の方々の応援があったから、努力が発揮できる環境にいられたと思います。
後悔が全く無いわけではありませんが、充実した部活生活でした。本当にありがとうございました。

村野七葉
今回の大会で引退となり、やってきたことをやれるテニスをしたいと思って試合に挑みました。ペアが決められるようにもっともっと繋ぎたかったですが、中高一緒に部活をやってきた下村さんと最後の大会で試合が出来て楽しかったです。
約2年間あっという間に過ぎてしまいましたが、優しく頼もしい1,2年生、先輩、先生方そして一緒にいるだけで本当に楽しい3年生とこのテニス部で過ごせたことに心から感謝します。ありがとうございました‼

下村柚乃
インターハイ予選、沢山の応援ありがとうございました。全力で楽しめました。そして、約2年間、ありがとうございました。たくさんの人に支えられて最後までやり切る事が出来て、感謝の気持ちでいっぱいです。仲間たちや環境にも恵まれ、充実した2年を過ごせました。辛い事や大変な事も色々ありましたが、全部私の力になってると思います。テニス部で学んだ事を、この先も活かしていきたいと思います。本当にありがとうございました。

小野菜々美
2年半ありがとうございました。
こんなに大好きで、笑いあえる 先輩、後輩、そして8人の仲間といられて本当にうれしかったです。私は辞めようと本気で思った時期もありましたが、皆のおかげで辞められず、引退まで残ることができたと思います。
先生方や皆への感謝を忘れずにこれからも生きていきたいです。本当に、本当に、9人で引退できてよかったと思いました。勉強頑張ります!

四方詩織
この約2年間の部活はたくさんの人に支えられて充実した日々を過ごすことが出来たと思います。辛い時も声をかけてもらったりして乗り越えることが出来ました。本当に感謝しかありません!
先生方にはご迷惑をおかけした事が沢山ありますが、一つ一つ丁寧にご指導して頂いて、より内容の深いプレーを意識することが出来たと思います。ありがとうございました。
これからつらいこともあるかもしれないけど、支えあって1.2年生には最後まで走り抜けて欲しいです!頑張ってください。応援しています!
今まで本当にありがとうございました!!

東志優
恵まれた環境でテニスをできたことにとても感謝しています。
とても充実した楽しいこの2年間を通して、技術面だけでなく精神面や生活面でも多くの事を学ぶことができました。
本当にありがとうございました。

***3年生9人らしい!ひとコマ***

***3年生の引退は寂しいですが1.2年で高みを目指し頑張っていきます!***