山岳部ブログ

久しぶりで山行に行ってきました!

緊急事態宣言も解除されたので、ようやく山に行けることになりました。10月の山行以来、実に5ヶ月ぶりの山です。

登った山は奥武蔵の関八州見晴台です。関東平野が頂上から一望できるという山ですが、あいにくの曇り空で、関八州ではなく「その辺の山展望台」になってしまったのは残念ですが、予想されていた雨に降られることもなく、快適に山歩きを楽しみました。3月の山は、桜・ツツジ・ミツマタなど多くの花が咲き、麓の山里は花に囲まれてとてもきれいでした。

もうすぐ新しい1年生が入学してきます。新入部員を迎えることが楽しみです。

 

 

【山岳部】陣馬山に登ってきました!

10月24日(土)に陣馬山に登ってきました。先月の1年生デビュー山行はあいにくの小雨でしたが、今回は青空も見え、快適な気温の中、山を楽しむことができました。山頂からは、富士山方面は残念ながら曇っていたのですが、東京方面は見事な展望が広がり、都心のビルまで見ることができました。

来月は奥多摩方面への山行を計画しています。

 

【山岳部】新入生歓迎山行に行ってきました!

 

9月19日(土)、新入生歓迎山行で奥武蔵の伊豆ヶ岳(850.9m)に登ってきました。

例年であれば4月に新入生を迎えて歓迎山行を行うのですが、今年はコロナウイルス感染防止のための休校期間・分散登校期間があったため部員の募集が7月となり、さらに夏休みまでに山行の準備が整わなかったので(本当のことを書けば、連日35℃を超える炎天下で低山を登るのは危険なため)、9月行う新入生歓迎山行となったわけです。

11名の1年生を迎えた初めての山行は、あいにく小雨混じりの天候となってしまいましたが、夏の熱い空気になれた体には小雨がかえって気持ちよく感じられました。1年生は一女山岳部員として初めての山を、2・3年生は久しぶりの山をそれぞれに楽しんでいました。

 

【山岳部】浦和一女山岳部を紹介します!その5(最終回)

山岳部の紹介も最後となりました。

今回は「山のまわりにある楽しみ」についてお話ししましょう。

山に行くには、必ず鉄道やバスを使いますから、山に登る前から旅の楽しみは始まっています。流れていく車窓からの景色を楽しみながらおしゃべりをするのはいいものです。帰りには爆睡しているか、テストが近いと勉強している人もいます。

山では、美しい高山植物を見る楽しみもあります。

登山口は観光地になっていることも多いので、山を下りた後に登ってきた山を見上げたり、沢で水遊びをしたり、滝を見に行ったこともありました。また、海が近い山だと、海岸へ行って遊ぶこともあります。

それから、長い山行では温泉に入るのが恒例になっています。

山を中心としながらも、さまざまな楽しみが皆さんを待っています!

山岳部の紹介、いかがでしたでしょうか?

 

山岳部では、部員一同、新入生の皆さんが入部してくれる日を心待ちにしています。

活動は月曜日と木曜日の放課後、それから月に1回の山行なので、ほかの文化部や生徒会、SSHとかけもちも十分に可能です。現に生徒会長は山岳部員で、SSHの活動もしています。

15番部室で待っています!!

 

 

 

 

【山岳部】浦和一女山岳部を紹介します!その4

山岳部の1年間の山行のうち、半分ほどは山で泊まる旅となります。一女の部活動の中で、一番宿泊数が多いのは山岳部です。仲間たちと長い時間、楽しい時を一緒に過ごします。

その日の宿泊地に着くと、テントを張り、おしゃべりをしながら食事の用意をします。家と違って多くの道具を使えるわけではないので、工夫をしながら調理をします。コツをつかめばご飯も鍋で上手に炊けますよ。最近、デザートとしてマシュマロを焼くことが多くなりました。上手に焼くのはなかなか難しいのですが。

夜、空を見上げれば満天の星空。街中では絶対に見られない天の川もはっきりわかります。