1000色のエッセンス

教育実習が始まりました

本日から2週間(または3週間)の日程で、教育実習生の受け入れが始まりました。今年度はコロナウィルスの影響で前期教育実習が中止になり、後期のみの受け入れです。

実習初日は、ガイダンスとして校長講話と教務部教育実習係から説明があり、その後は指導教諭の授業をはじめ、ベテラン教員の授業見学を熱心に行っていました。

今回、卒業生12名が母校の教壇に立ちますが、将来は埼玉県の教育に貢献してもらいたいと思います。

実力テストが行われました

一女では、各学年、年2回、自校作成問題による実力テストを実施し、基礎の活用力や記述・論述力の伸長を測るとともに、詳細な分析を行って、授業改善や進学指導に反映させています。

 

9月10日(木)(3年生は10・11日)の実力テストでは、1,2年生は国語、数学、英語の3教科を、3年生は国語、地歴公民、数学、理科、英語の5教科を受験しました。

手応えは、どうだったでしょう。「まずまず」「思ったより簡単だった」「難しくてへこんだ」… 感想は、いろいろだと思います。結果が返されて、一喜一憂… でも、それで終わってしまったら、何の進歩もありません。テストは終わってからも大切です。

一女の実力テストは、各教科担当の先生が、一女生のことを考えながら、「進路実現を見据え」、「各時期、各単元で、身につけて欲しいことをよく練って」相当腐心して作問をしています。これを受けっぱなしにしているようでは、何とももったいない話です。

まずは、振り返りの時間を利用して自己採点。答案が返却されたら、「どこがどのようにできて、どこがどのようにできなかったのか」、「何故できたのか、何故できなかったのか」見直しと分析を徹底して行いましょう。わからないところや納得の行かないことがあれば、そのままにせず、友だち同士で議論をしたり、教科担当の先生のところに質問に行ったりしましょう。そして、次に向かう目標設定をする! 定期考査についても同じことが言えます。

こうして少しずつ力をつけていくのです。皆で頑張りましょう!

 

 

【1年生SG探究】モデル研究発表会

1,2年生の毎週火曜日7限は、総合的な探究の時間です。9/8(火)は、1年生はSG探究として、モデル研究発表会を行いました。

今回の「モデル研究」の取り組みは、自らの人生観、世界観をより深く、大きなものにしていくことをねらいとし、国内外を問わず、SDGsの課題解決に現在取り組んでいる女性、社会的課題の解決に貢献している女性について調べ、その生き方を学ぶものです。

各自が研究対象となるモデルを決め、調査・研究・考察をし、ポスター1枚にまとめます。それを6~7人のグループ内で発表し、各グループから選ばれた代表が、クラス全体に発表を行いました。生徒たちは皆、自分が関心を持った人物について資料をまとめ、お互いの発表を真剣に聞き、説明、質疑も活発に行われました。自分の進路希望に影響を与えた人物について調べた生徒もいて、各自の将来について考える良い機会になったようでした。

 

  

各学年LHR

9/3(木)は、各学年とも7限がLHRでした。3年生は各教室で進路・共通テストについての説明、2年生は各教室で放送による学年集会を行いました。1年生は学年行事ではなく、各クラスごとのレクリエーションの時間とし、1年生にとって入学後初めてのクラスレクとなりました。まだまだ、いつも通りとはならない学校生活ですが、1年生各クラスの楽しい様子を見ることができました。

グランドでは、1年2組が「4面ドッジボール」、1年8組が「水遊び」を楽しみました。

 

学習成果発表会が行われました

8月28日(金)、学習成果発表会が行われました。

今年度はコロナウィルス感染拡大防止の観点から文化祭は中止とし、生徒からの発案で非公開の学習成果発表会という形で生徒の様々な活動の成果を発表する場が設けられました。

全57団体が感染防止を踏まえた企画で、教室や体育館・視聴覚室などをフルに使って発表を行いました。生徒はあらかじめ決められた見学場所を回ることで密を避け、また全生徒の当日の行動履歴がわかるような工夫がされていました。

初めての「学習成果発表会」でしたが、発表する生徒とそれを応援する生徒が一体となった「素敵な空間と時間」が創り上げられたと思います。

 

【生徒会より】保護者の皆様へ

8月28日(金)に本校で開催される学習成果発表会は予定通り非公開での実施とさせていただきます。感染症対策のためご理解をお願いいたします。なお、当日の様子は後日HPに掲載します。

今日から学校が始まりました

8月25日(火)、放送による全校集会が実施され、夏休み明けの学校がスタートしました。

放送集会の校長講話では、コロナウィルス・熱中症・災害などのリスク管理について、浦和駅と一女の連携企画についてなどのお話がありました。また、生徒会部主任からは、今週末に行われる「学習成果発表会」について、実施に至る経緯や意義そして注意点についてお話がありました。

続いて、県大会以上で入賞した部活動の成績披露と9月に全国大会に出場するボート部の壮行会が行われました。

 

夏に鍛える~自学自習

本校では3年生を中心に、夏休み中も登校して図書館・自習室・自分の教室で勉強する生徒が多数います。

図書館では座席を1つおきに座るなど感染防止対策を取りながらの利用を行っています。また、教室では定期的に換気をしながら、各クラスとも十数名の生徒が黙々と勉強していました。

夏の勉強が、実際に模擬試験の結果として表れるのは11月以降です。これからも、辛抱強く継続して頑張ってほしいと思います。

 

3年生の三者面談実施中

連日猛暑日が続いておりますが、3年生は夏休み中に希望者の三者面談を実施しております。

コロナウィルス感染防止対策として、各担任はアクリル板越しに生徒・保護者の方と面談させていただいております。

夏休みもあと2週間ですが、3年生の皆さんにとって充実した夏になることを願っています。

学校説明会を開催しました

8月9日(日)、埼玉会館大ホールで学校説明会を開催しました。暑い中、たくさんの中学生・保護者の皆様にご来場をいただきありがとうございました。

来場された方には、入り口での手の消毒はもちろんですが、全員の方に検温をさせていただいたり、終了後の質問・相談ではアクリル板越しに本校職員が対応させていただくなど、感染防止対策を徹底して開催いたしました。

説明会は、マンドリン部の歓迎演奏に続いて、校長挨拶、担当から学校概要・入試説明とSSHの説明。換気の時間を挟んで、本校卒業生による座談会「一女の魅力を語る」をご覧いただきました。最後にアナウンス部作成の学校紹介ビデオで1日の一女の生活をお伝えしました。

次回は9月26日(土)に本校体育館を会場に開催する予定です。今回、ご都合がつかなかった方は是非お越しください。

 

浦和駅で一女展! 浦和駅との連携プロジェクト「浦和からパワーをお届け!」

8月7日、浦和駅に一女生の作品を展示させていただきました。

 

コロナウイルスに脅かされる毎日の中で

「浦和の皆様に笑顔をお届けしたい!」

「一女を応援したい!」

というJR東日本浦和駅職員の方(本校のOG)からお声がけをいただき始まった企画です。

その名も浦和一女×浦和駅連携プロジェクト 「浦和からパワーをお届け!」

 

今回はその第1弾ということで

美術部、書道部、1年5組、有志の生徒の作品を浦和駅に展示させていただきました。

生徒会、美術部、書道部の代表生徒が実際に浦和駅での展示作業も行いました。

 

【展示作業の様子】

レイアウトを確認して・・

バランスを考えながら展示。

なんと、みどりの窓口にも展示させていただきました。

西口コンコースから作品の展示は始まっています。

改札内各柱にも作品が展示してあります。

つまり浦和駅を一女でジャックさせていただいたということです。

 

浦和駅には毎日何万人という方々が訪れるそうです。

今年は文化祭などの行事が縮小されてしまいましたが、このような貴重な機会を頂いたことで一女生の頑張る姿を多くの人に見ていただけることに感謝いたします。

 

一女生の皆さん、卒業生の皆さん、保護者の皆様、地域の皆様・・

浦和駅で是非一女生の作品をご鑑賞ください。

作品総数は37点です。

 

中学生の皆さん、8/9の学校説明会で埼玉会館を訪れる折には是非浦和駅で作品を鑑賞してくださいね。

 

また、作品展示期間は作品を紹介する構内放送も本校アナウンス部が担当させていただくことになりました。

全国大会常連の素敵なアナウンスもお楽しみいただければと思います。

  

夏に鍛える~実力養成講座

8月1日(土)から夏季休業に入り、各学年とも実力養成講座が行われています。

今年度は夏季休業の期間が短いため、3年生は25講座、2年生は6講座、1年生は3講座と各教科とも最も効果が上がるよう講座を精選して実施しています。また、オンライン実施や広い特別教室で座席を1つ空けて座るなど、コロナウィルス感染防止の工夫をしながら進めております。

3年生にとっては、最後の夏休みとなります。自分の勉強がしっかりとできるよう応援しています。

実力養成講座の内容については→こちら

本日放送による全校集会、明日から夏季休業

本日は6限の授業終了後、放送による全校集会を行い、夏休み前の行事予定がすべて終了しました。

今年度は、緊急事態宣言と臨時休校の延長からスタートしましたが、本校では4月当初よりオンラインでの学習指導を継続的に行い、生徒たちの学びを止めることなく夏休み前までの教育活動を実施してきました。また、一女生たちは通常とは違う様々な取り組みにしっかりと応えてくれました。

放送集会の校長講話では、「防災について」、「挨拶について」、「進路について」、「本校創立120周年について」の4点に関するお話がありました。また、放送集会後のLHRで、生徒たちには120周年記念シール(美術部生徒がデザイン)と一女クリアーファイルがプレゼントされました。

明日から8月24日(月)まで夏季休業になりますが、夏休み中も実力養成講座や部活動などを感染防止を徹底しながら実施していきます。

 

【進路】一女OGの東大生による「オンライン進路相談会」が開催されました

本校では、OGによるキャリアガイダンスを折々で行っていますが、今年度はコロナ禍で大学見学会やOGを招いての懇談会を実施するのが難しい状況にあります。そこで、リモートによる「進路相談会」を試みることにしました。

第1弾の一女OGの京大生による「オンライン進路相談会」(7/9実施)に続き、第2弾は、一女OGの東大生による「オンライン進路相談会」を試みました。まだ、試行段階ですが、こうした取り組みを少しずつ広げて行くことを模索しています。

 

7月22日(水)の放課後、約1時間にわたり、本校の卒業の東大生(文科三類)による一女生への「オンライン進路相談会」が開催され、難関国立大学を目指す1年生7名が参加しました。

現役生からの質問に、以下のようなアドバイスがありました。

 ■学校の授業進度に合わせて学校の勉強を徹底的に行えば東大にも合格する。

■古典の予習などでは、現代語訳などを安易にネットなどで調べたりせず、自分で考えて分からないところは授業で解決しようとした。

■英語は、覚えられなかった単語に印をつけて勉強を進め、あとで「どの単語が覚えられなかったか」が振りかえられるようにした。

■数学は、誤答訂正ノートなどを有効に利用し、「どこをなぜ間違えたのか」を理解し、復習するよう気を付けた。自分は数学が中学生の頃から苦手だったので、教科書などの基礎的な内容をしっかり学習した。

■オープンキャンパスは1年の頃から国立大学などを中心にいくつか行ってみた。今年はコロナウイルスの影響でどの大学もオープンキャンパス開催は厳しいかもしれないが、さまざまな資料や大学案内がネット上にあるので、積極的に調べるとよい。

■東京大学を志望しようとした時期は2年生の頃。最初は東大など考えていなかったが先生に勧められた。

■東大は入学してからどの学部に行くかを決められるので、それが自分に合っていると思った。

■大学受験本番の時期は、とにかく健康を保つことが一番大切。しっかり睡眠をとって、ご飯をきちんと食べて、よく笑って、体調を管理するとよい。

 

1年生「総合的な探究の時間」(SS探究)の様子

1年生のSS探究(科学技術を使って持続可能な社会をつくる)もグループ活動の段階に進んできました。

7月21日(火)は、これまでのエキスパート活動で話題になったキーワードを抜き出し、それをもとに各グループでキーワードのマッピングを行い、それを手がかりに一つの大きな研究テーマを設定しました。次回はリサーチクエスチョンを設定し、何を明らかにしたいのか、研究を行う上で必要なものは何かなどについて考えていきます。

ブックエンドシールドを使ったり、席の配置を工夫するなど、感染防止に努めながらグループ活動を行っていました。

二者面談が行われています

期末考査が終了し、各学年各クラスとも早朝・昼休み・放課後を利用して、二者面談が行われています。5月にもオンラインまたは電話で全員と個人面談を行っていますので、今年度2回目の面談です。写真は午前8時の会議室での面談風景です。

3年生は、志望校や夏休みの勉強について相談したりアドバイスを受けたりしていました。

中学生向け学校概要説明が行われました

7月11日(土)、中学生向けの学校概要説明が行われ、70組140名の中学生と保護者の方にご参加いただきました。

ほとんどの皆さんが「WEB学校説明スライド動画」をご覧になっていただいているということで、重複しないような+αの説明をさせていただきました。説明後に4限目の授業や図書館などの施設をご見学いただきました。

雨が降っているにもかかわらず、ご出席いただきましてありがとうございました。

説明会・入試情報はこちらへ

 

一女OGの京大生による「オンライン進路相談」が実施されました

7月9日(木)の放課後、約2時間にわたり、京都大学総合人間学部に進学した本校卒業生による、現役生への「オンライン個別進路相談」が実施されました。

この日は、同大学同学部を志望する現役生1名が、卒業生とマンツーマンで、大学生活のことや一女での過ごし方、受験の心得などをインタビューし、以下のようなアドバイスを受けていました。

■学校の勉強を大事にすること。
■自分は「TOP30」に総合点で入るよう毎回テストを頑張っていたこと。
■基礎基本を徹底的に固めること。特に数学。
■塾予備校に行かなくても大丈夫なこと。
■家だとだらけるのでなるべく学校で勉強するようにしたこと。「受験は団体戦」は本当。
■受験本番では焦って思わぬミスをすることがあるので落ち着いて最後まであきらめずテストに取り組むこと。

――本校では、今後も、同様の取り組みを活性化させ、生徒の進路意識を高める指導を活性化させていく予定です。

夏季実力養成講座について

今年度もたくさんの夏季実力養成講座が実施されます。

コロナウィルス感染拡大防止のため、教室で実施するもの(広い教室を使用するなど工夫します)とオンラインで実施するものを半々として、3年生25講座、2年生6講座、1年生3講座が行われます。夏季休業が8/1~24に短縮されましたので、各教科とも講座を精選して生徒たちにとって最も効果的な計画を立てました。

オンラインでの実施は、Google Classroomを4月から使用して授業を行ってきたノウハウが、実力養成講座にも活かされています。

実力養成講座の詳細についてはこちら

1年生への「部活動説明会」が開催されました

 7月7日(火)3限目から約1時間30分にわたり、本校体育館にて1年生を対象とした上級生による「部活動説明会(勧誘)」が開催されました。

 1年生の全員が体育館に集まり、各部活動や同好会がそれぞれ2名、決められた時間内で、ステージ上で、趣向を凝らしてそれぞれの部活動等をPRしていました。

 例年であれば4月に「新入生歓迎会」として全校規模での部活動説明会(勧誘)が大々的に開催されますが、今年度は新型コロナウイルスの影響で、前期期末考査の最終日の本日「部活動説明会」を開催しました。

 1年生は今日から、いろいろな部活動を見学し、来週には入部届を提出します。放課後は、各部活動の様子を1年生が目を輝かせて見て回っていました。

 

 

1学年「総合的な探究の時間」の様子

6月30日(火)7限目に1年生3回目の「総合的な探究の時間」が実施されました。

現在行われている「SS探究Ⅰ」では環境・気候変動問題、保健衛生問題、資源・エネルギー問題など地球規模の問題に対して、グループ単位で、課題を発見しその解決策を提案するというものです。

今日は「水の利用可能性と管理方法を考える」、「日本のエネルギー事情と次世代エネルギー開発の歴史と今後を考える」などをテーマに学年を10グループに分け、グループごとにエキスパート活動を行いました。もう1回エキスパート活動を行った後、ジグソー活動へと進みます。


 

2学年「総合的な探究の時間」の様子

2学年の総合的な探究の時間では、「SS・SG探究Ⅱ」として探究活動を行っていきます。

具体的にはSDGsのテーマごとに21のグループに分かれて、文献調査・アンケート・フィールドワーク・インタビューなどにより実際の調査、分析を行います。ビジネスモデル(価値の創造とその提供のしくみ)を意識してポスターや論文にまとめ発表できるようにすることを目指していきます。

今日は最初のグループ活動が行われました。
 

1年学年集会を行いました

6月25日(木)7限LHRの時間に1年生は最初の学年集会を行いました。

学年団紹介の後、平沼学年主任からは、「805朝学習」(早朝自主学習)や定期考査前の「3時間勉強Week」(放課後教室での3時間自主学習週間)など「学びの集団」を作る学年の取り組みについて講話がありました。続いて、生徒指導担当・進路指導担当から学年全体への最初の講話が行われました。

早速26日(金)の放課後には、各クラス20名以上の生徒が教室で自主学習に取り組んでいました。

古代蓮の花が咲きました

6月26日(金)、本校中庭の蓮池の古代蓮(大賀蓮)の花が今年もきれいに咲きました。これは、毎年冬に本校生物部の生徒たちが苦労して行っている「天地返し」の賜なのです。

「天地返し」とは、池の水を全部抜いて池底の泥を天日にさらした後、表層の泥と深層の泥を反転させる作業のことです。「天地返し」をすると、泥中の有機物の分解が促進され、蓮の花をたくさん咲かせるのに必要な窒素源を泥中に増やすことができます。

一女の蓮池の蓮は、2000年前の地層から発掘された種子の発芽によって花を咲かせた古代蓮(大賀蓮)の一部を東京大学から譲り受けたものだそうです。今私たちが見ている蓮の花を2000年前の人も見ていたことを考えると悠久の時間を感じます。

過去の天地返しの様子が、今年の「一女学校紹介動画」にありますので、学校説明会・入試情報からご覧ください。

 

「805」朝学習が開始されました

1年生も、今日から始業前の8時05分に登校し、自学自習する「805朝学習」が開始されました。ほとんどの生徒が登校し熱心に授業の予習などを行っていました。これは、以下のような目的で行われます。

・頭脳のキレの良い朝に勉強し、学習効率を上げる。

・学校の授業の予習復習に必要な勉強時間を確保する。

・朝型の生活リズムを作る(将来の大学受験ではこれが最も大切)。

・学ぶ集団の「見える化」をはかり、生徒相互の学習のモチベーションを保つ(「受験は団体戦」)。

早朝の登校は、電車の混雑も回避できます。全ての生徒が第一志望大学に合格するよう生徒たちの学習を見守りサポートします。

 

今日から通常登校となりました

6月22日(月)から通常登校となりました。

本校は8時35分からSHR開始ですが、805朝学習(早朝自主学習)を推奨しているので、登校のピークは8時前になります。元気に登校してくる生徒たちを校長先生はじめ先生方が校門で見守りました。

4ヶ月ぶりに全員揃った授業では、いつもの活気が戻っていました。委員会活動も開始され、全クラスの委員が集まるため体育館など広いスペースを会場に、初会合が開かれました。部活動も週3回各1時間程度ということで再開されます。

 

【文化祭について】保護者の皆様、地域の皆様、小中学生の皆さんへ

8月29日(土)、30日(日)に予定されていました一女祭ですが、残念ながら今年度の開催を取りやめることになりました。

 

伝統ある文化祭を成功させるために、文化祭実行委員の生徒を中心に1年間準備を重ねてきました。しかし現在の社会情勢を鑑みると、安全な開催は非常に難しいと判断いたしました。開催を心待ちにしてくださっていた皆様には、ご理解を頂けますようお願い申し上げます。そして、来年以降の一女祭を楽しみに待っていていただけたらありがたいです。

 

中学生の皆さんには今後開催予定の学校説明会に参加して頂き、一女の様子を知っていただけたらと思います。学校HPも頻繁に更新されておりますのでどうぞご覧ください。

 

なお、文化祭の代替として、学習成果発表会(非公開)実施の検討をしてまいります。

1年生の初授業です

6月4日と5日は1年生の分散登校日です。本日はAグループ(奇数番号)の生徒が午前中3コマの授業を受けました。1年生にとっては4月の入学式以来4日目の登校になりますが、授業は今日が初めてです。以下は初授業を受けた生徒の感想です。

「英語の授業は説明がすべて英語だったり、他の授業も生徒が参加する形式が多く、中学校とは違って新鮮だった。」

「レベルの高い授業をしっかり受けて、勉強と部活動を両立させていきたい。」

最初は授業進度の速さや内容の濃さに戸惑うかも知れませんが、一女の仲間たちと一緒に徐々にペースをつかんでいってほしいと思います。

6/1授業が再開されました

本日より授業が再開されました。

今日は2年生が、午前と午後に分かれて登校し、それぞれ50分授業を3コマ行います。時差通学のため午前グループは9時40分から1限目を開始し、生徒は久しぶりの対面授業に集中して取り組みました。

休み時間も各15分間確保し、手洗い・うがいなどの感染防止対策をしっかり取りながら授業を行っていきます。

【ダンス愛好会】新入生の皆さんへ

新入生の皆さん、こんにちは!
長い休校期間にも終わりが見え、6月から学校が始まりますね。

部活動が本格的に始まる日を心待ちにしている人も多いのではないでしょうか。
そこで、ダンスに興味がある、ダンスを踊ってみたい、体を動かすことが好きだというみなさん!
ぜひ私たちと一緒にダンス愛好会"Soul☆One"として活動してみませんか。


私達ダンス愛好会は週3日(月・木・金)の活動日を設け、2年生 21人で練習に励んでいます。また、様々な行事の際にSoul☆ Oneとしてステージでダンスパフォーマンスをしています。
例年文化祭が大きな舞台となるのですが、今年は残念ながら新型コロナウイルスの影響でステージでの披露は中止ということになってしまいました。

しかし、他にも三送会や新入生歓迎会等踊る機会は残っています! !
経験者は勿論、未経験者も大歓迎です!!2年生にも多数未経験者はいるので、踊った事がない人も心配せずに来てください!!
ぜひ一女で素敵なダンススクールライフを一緒に送ってみませんか ?

まもなく休校終了、1100本の自作動画で学習支援

来週からいよいよ学校が再開されます。

一女では、休校中も様々な教育活動をオンラインで行ってきたことは、すでにホームページでもご紹介しました。県内公立高校で最も早くオンラインでの授業を開始した本校は、5月までに一女オリジナル動画授業1100本と各種教材の配信で生徒たちの学習を支援してきました。授業以外にも、校長メッセージの配信、進路ガイダンスや科目選択ガイダンスなどの様々な教育活動もオンラインで行いました。

来週からは段階的に授業が開始されますが、感染予防対策をしっかり取りながら、今後の教育活動を進めて参ります。しばらくは、オンライン併用での教育活動になると思いますが、引き続き保護者の皆様の御理解と御協力をよろしくお願いいたします。

 

学校再開へ向けた準備が始まりました

緊急事態宣言が解除され、6月1日からの学校再開へ向けた準備が始まりました。

一女では、5月27日から3日間で準備登校を行います。1つの学年を3つの時間帯に分け、教室ではなく体育館や卓球場など広く通気の良い会場で2mほどの距離を取ってホームルームを行っております。6月からの分散登校の説明や感染防止に向けたこれからの学校生活での注意点の説明、クラスの委員・係決めなどを行いました。

本日は1年生の準備登校でしたが、久しぶりに主人公が戻ってきた学校の風景がとても新鮮でした。

 

科目選択説明会をオンライン実施

一女では現在、様々な教育活動をオンラインで実施しております。

進路ガイダンスや1年生と2年生の来年度の科目選択説明会もオンラインで行っております。例年は体育館で学年集会形式で行っているものですが、生徒は自宅で進路ガイダンスノートを見ながら説明を聞き、6月に登校が再開されたら、担任との相談を経て、選択希望票を提出することになります。

一女の取り組み(オンラインサポート)

一女では緊急事態宣言や休校延長決定より先に、4月3日からオンラインによる学習指導として、動画授業や教材・資料の配信、質問に対して双方向オンラインでの対応などを継続して行っています。また、オンラインホームルームや面談などクラス全体や生徒一人一人へのサポートも行っています。

学校に生徒の姿はありませんが、こうして新学期開始から例年の進度に従った授業やホームルームを行っています。

 

【保護者の皆様へ】今年度の体育祭について

今年度の体育祭については当初予定されておりました6月4日(木)には実施しないこととします。

延期・中止等の今後の対応につきましては社会情勢を考慮して判断しご連絡いたします。

ご理解とご協力をお願いいたします。

 

<生徒の皆さんへ>
Google Classroom内 1年生「1年生 生徒会」 2年生「2年生 生徒会」 3年生「各クラスHR」のページにて生徒会行事における今後の予定について掲載しています。

現状の予定は掲載通りになりますので、委員会活動の参考にしてください。

また、今後の予定については社会情勢により変更になる可能性も十分にありますので、その場合はご理解とご協力をお願いします。

※「1年生 生徒会」参加のクラスコードは配布済み資料(ピンクの用紙)に掲載してあります。

生徒会活動についてはこのページでの連絡になりますので、未参加の生徒の皆さんは参加をお願いします。

【在校生の保護者の皆様へ】~諸会費等の口座振替及び減免のご案内~

 このたび、生徒の皆さんの学習支援を行っている「 GoogleClassroom」に、諸会費等の金額や口座振替日、減免等に関するお知らせをお送りしました。内容を必ずご確認いただき、下記の方法で申請してください。

 なお、この措置は、新型コロナウイルスの感染拡大が懸念される現在、保護者様への確実な連絡手段を検討した結果、やむを得ず行うものですので、ご理解、ご協力のほどお願いいたします。

< 申請方法>

次の3通りのうち、ご都合に合わせてお選びください。

①郵送での申請

・未着防止のため、簡易書留での送付、または送付した旨を事務室へご連絡ください。

②事務室窓口への持参

・予め御来校日時を御連絡いただけると、お待ちになる時間も短縮できます。

③今後、学校が再開した場合、生徒を通じて事務室窓口への提出

※個人情報保護のため、GoogleClassroom等ネットを通じての提出及び問い合わせはできません。

 

【3年生の皆さんへ】Google Classroom クラスへの参加方法


本日、オンラインによる学習支援についてのお知らせを郵送しました。
クラスコードを入力してクラスに参加する方法を掲載しますので、お知らせが届いたら登録をお願いします。

GoogleClassroom クラスに参加する方法(iPhone・iPad版).pdf

GoogleClassroom クラスに参加する方法(Android版).pdf

GoogleClassroom クラスに参加する方法(PC版).pdf

入学式を行いました

4/6(月)桜の花が残る中、令和2年度入学式が行われました。

感染症拡大防止のため規模を縮小しての実施となりましたが、新入生361名の入学が許可されました。
式場の座席の間隔を広げ、式典は新入生及び教職員のみで行いましたが、新入生は担任の先生の呼名に元気よく返事をし、高校生活への期待と意気込みを表していました。

 

 

【生徒会より】休校延長 生徒会活動においての対応

休校延長による生徒会活動の変更についてお知らせします。

 

<委員会について>

委員会決め(4/8)→指定された登校日の際にクラス毎に行う。なお、応援団決めについては延期する。

専門委員会初会合(4/9)→延期。学校再開後に実施する。日程は未定。

 

<新入生歓迎会(4/10)について>
全面中止とする。
 

<部活動 新入生の勧誘について>
仮入部は学校再開後に行うが、日程は未定。新入生勧誘における注意点(制限)、ビラの掲示方法については4/1に連絡した通り。ビラの掲示可能期間のみが変更となる。

※各部から集めたビラはグーグルクラスルームにて1年生に見てもらうこととする。

 

以上、よろしくお願いいたします。

【生徒会より】部活動における1年生への勧誘(仮入部など)について

新型コロナウイルス対策のため、今年度の勧誘活動は以下の通りとしてください。

4/6に部活動が再開できる前提でのお知らせとなります。部活動中止が延長となった場合、この通りではありません

 

1年生 部活動見学日 4/8(水)4/9(木)

     仮入部期間  4/10(金)~4/18(土)

     入部届提出日 4/17(金)18(土)20(月)

 

<今年度の勧誘における注意点>

・週4日以内(90分程度)の練習以外に勧誘活動を行うことは自粛する。→接触を最低限にするため

 【自粛してほしい事柄の具体例】

・朝や昼休みに1年生の教室に行って勧誘活動を行うこと

・部活動勧誘のための特別な茶話会(お菓子の配布)や説明会を行うこと

・昇降口付近や廊下で1年生を待っていて声をかけること

通常の練習を行っている場面に1年生が自主的に行く形での仮入部としてください。

 

 

・上記の状態では1年生への十分な勧誘活動ができないこと、週4日の練習日が1年生にとって不透明であることを鑑み、

4/8(水)9(木)の部活動見学、4/10(金)~4/18(土)の仮入部期間における各部練習日を3号館に掲示することとする。

→顧問の先生から予定をお聞きし、生徒会で一括掲示します。

 

★校内に部活動のビラ等を貼り付ける際には以下のようにすること。 

掲示可能な場所

・廊下、階段の窓  ・木目の壁  ・昇降口のドア  ※教室内は×

 

掲示できるもの

・新入生配布用のビラ  ・部の活動予定表  ・演奏会のポスター 等

 

掲示可能最大枚数

→全て合わせて3枚 (今年度は希望団体が多くなることが予想されるため3枚とさせてください)

 

掲示までの手続き

①生徒会本部に掲示したいものを持参し、「生徒会本部」の印鑑を押してもらう。

②生徒会のマスキングテープor文化祭時に購入した白のマスキングテープで貼付する。

 

掲示可能期間

→4/18(土)まで

 

注意事項

・上記を満たしていないものは予告なしに撤去することがあります。

・掲示期間が過ぎたら、各部で責任もって剥がしてください。

 

以上、制限付きでの勧誘活動になりますが、よろしくお願いいたします。

 

 

 

生徒会より【入学式ビラ配り、新入生歓迎会について】

新型コロナウイルス拡大防止のため以下のように対応します。

 

 

・新入生歓迎会(4/10)について

「中止」または「規模を縮小しての実施」とします。

例年と同様の形の新入生歓迎会は行いません。

それに伴い4/1に予定されていた新入生歓迎会リハーサルも中止とします。 

また、「規模を縮小しての実施」とするかどうかの判断は4/8にお伝えします。

【縮小実施の場合】

・1年生のみの参加とする。

・有志団体の発表は中止とする。

・部活動団体の発表(勧誘アピール)を口頭のみで行う。(音を出す、スポットライトの使用等はなし)

※詳細は4/8にお伝えします。

 

 

 

・入学式部活動勧誘ビラ配り(4/6)について 

「中止」とします。

皆さんが用意してくれたビラは、今までと異なる形で1年生に配布できるようにします。

3月24日と25日の登校日の際、指定場所でビラの回収を行います。

詳細については個別に連絡が回ります。

 

 

 

【一女生の皆さんへ】 

一生懸命準備を重ねてくれていた委員会、部活動、出演団体の皆さんには大変申し訳ありません。

また、入学したばかりの新入生にとってこれらの行事がどれだけ大きなものか経験者である皆さんであれば分かると思います。

しかし、今回は仕方がありません。

先輩として「できることをできる範囲で」行い、後輩への歓迎の気持ちは例年とは違う形で示してあげてください。

来年度も一女の行事をみんなで盛り上げていきましょう!

 

以上、よろしくお願いいたします。

 

入学許可候補者説明会

3月17日(火)、例年とは異なり、新型コロナウイルス感染予防のため体育館に集合しての形ではなく、資料・教材の配布と体操着などの採寸・販売などを行いました。受検番号で時間を区切って集まっていただきました。

例年は体育館から正門までの通路は在校生による部活勧誘で賑やかな雰囲気に包まれるのですが、今回は臨時休業中のため中止となり寂しいものとなりました。

入学許可候補者の皆さんは心沸き立つ気持ちの一方不安もあると思いますが、出された課題などをしっかりこなし、体調を整えて入学の日を迎えてください。皆さんに入学式でお会いできるのを楽しみにしています。

 

 

桜だより

3月15日(日)、一女の桜も咲き始めました。

冬場の気象の影響で、今年は平年より10日くらい早い開花や満開ということです。ちょうど在校生登校日の3月24日、25日には、満開の一女桜が在校生の皆さんを迎えてくれます。

第72回卒業証書授与式

 

3月14日(土)に第72回卒業証書授与式を挙行しました。今年度は新型コロナウィルス感染症拡大防止対応で、卒業生と教職員のみのマスク着用での出席、座席間隔を通常の2倍以上確保、時間を半分以下に短縮などの対策を施しての実施となりました。規模や時間こそ縮小されましたが、思いのこもった卒業式となったと思います。

ご出席予定でしたご来賓の皆様、保護者の皆様、在校生の皆さん、今回の実施に御理解と御協力をいただきまして、本当にありがとうございました。

また、本校同窓会の麗風会の皆様から写真のような立派なお花をいただきました。ありがとうございました。

 

 

【保護者のみなさまへ】保護者アンケートの集計結果について

 日頃より、本校の教育活動への御理解、御協力をいただき、誠にありがとうございます。

 保護者の皆様に御協力いただいた「浦和第一女子高校に関する保護者アンケート」の集計結果を報告します。保護者の皆様におかれましては、御多忙の中、丁寧に御回答いただき、ありがとうございました。

 アンケートの結果につきましては、今後の教育活動に生かしてまいりたいと考えております。

令和元年度 保護者アンケート結果.pdf

※アンケート結果は、パスワードで保護されています。パスワードにつきましては、1.2年生は登校日、3年生は卒業式に配布したお知らせをご覧ください。 

卒業式の準備を行いました

新型コロナウィルス感染拡大防止対応として卒業式は卒業生と教職員のみで行われますが、本日3月13日(金)に教職員で式場の準備を行いました。人数を縮小しての実施のため、体育館を広く使って座席の間隔を前後左右とも十分とって設営しました。

本校同窓会の麗風会の皆様から、いつもと同じように立派なお花をいただきました。ありがとうございました。

今回は時間も半分に短縮しての実施となりますが、教職員一同、心を込めて卒業をお祝いしたいと思います。

生徒会より【今後の生徒会行事について】

臨時休校中及び春季休業中に実施予定の生徒会行事については以下のように対応します。

これまでたくさんの生徒の皆さんが一生懸命準備を重ねてきてくれました。

そのことを考えると非常に残念ですが、コロナウイルス感染拡大を防止するためにご理解をお願いします。

 

・三年生を送る会(3/13)

 中止とします。

・スポーツ大会(3/17,18)

 中止とします。

・入学許可候補者説明会のビラ配り(3/17)

 中止とします。

・新入生歓迎会リハーサル1回目(3/23)

 中止とします。

 

・新入生歓迎会リハーサル2回目(4/1)

 開催の可否については今後このページにて連絡します。

・入学式のビラ配り(4/6)

 開催の可否については今後このページにて連絡します。

 

一女の情報の授業を紹介します

一女の情報の授業は、コンピュータ操作の習得のみを目的とするものではなく、SNSなどで知らないうちにトラブルに巻き込まれる犯罪や、映画や音楽CDの著作権侵害など知らなかったでは済まされない違法行為が氾濫している現状に対して、正しい知識を持ったうえで情報活用することに重点を置いています。

今日は1年間のまとめとして、グループでのCM制作・発表の授業が行われていました。各班で企画書を作成し、誰に向けてどういう情報を正しく効果的に発信するかの問題解決学習です。発表された各班の作品をクラス全員が相互評価し、フィードバックしていきます。

中学生に向けて一女の魅力を発信するCMも多数あり、来年度の学校説明会で開始前の待ち時間にご紹介したいと思います。

【進路指導】2年生が「大学別進路懇談会」を実施しました

全国各地の大学から総勢44名のOGの方々にお越しいただき、2年生が志望大学別(一部志望学部別)に、16の会場に分かれて「大学別進路懇談会」を行いました。志を同じにする仲間とともに、志望する大学(学部)に進学した憧れの先輩から、直接「大学や大学生活の様子」、「一女生活や受験勉強に対するアドバイス」などを伺うことができ、生徒たちは大いに刺激を受けたようでした。

 <生徒の感想より>

自分が第一志望としている大学の先輩から、大学の様子、高校時代の勉強法などいろいろなお話が聞けてモチベーションが上がった。「3年生は勉強も大事だけど、仮装や文化祭などの行事も楽しんでしっかりと取り組んだ方が良い。団結力が生まれ、それが受験につながった」というお話しが特に心に残った。

多くの先輩が塾に行かずに学校で勉強していたという話をされていて驚いたが、友達と学校で勉強したという体験談をお聴きし、塾に行かなくても大丈夫だということと、改めて、良い仲間のいる学校に通っているのだということを実感した。

 「国立志望は多くの科目をこなさなければならないので大変だと思うかも知れないが、多くの問題をやっていたからこそ分かる問題も多かった」という話を伺って、受験に使う・使わないというのではなく、すべての授業を真剣に取り組むことが大切だと思った。

もっと学校を活用したいと思った。ほとんどの先輩が、朝は早めに登校し放課後は完全下校まで学校で勉強していたというお話しをされていて、その方が多くのメリットがあることが分かった。「長期休業中も、実力養成講座をきっかけに、毎日学校に来て友達と一緒に頑張った」という話が印象に残った。

 関東圏外の大学に進学した先輩の生の声を伺うような機会は滅多にないので、とても貴重な時間となった。日頃の勉強方法や二次試験の話まで具体的に教えてくださって、苦手な数学のことを相談したら、全員の先輩方が「今からなら間に合うよ」と背中を押してくれて本当に嬉しかった。

「受験0学期」と呼ばれる今の時期にやっておくべきことや、一女生のうちにやっておくべきことなど、今からでも実践できることがたくさんあったので、ただ話を聴いて満足するだけでなく、これからにつなげていきたい。

 先輩方のアドバイスや意見をお聴きして、今は、基礎を固めることがとても大事だと言うことと、自分に合うやり方を見つけて一歩一歩頑張っていくことが必要だということが分かった。医学部に入ると言うことは、生涯医師として働くということになるので、目の前の大学入試のことばかりではなくて、これからの人生を医者として生きていくことについて、しっかり考えておいた方が良いと感じた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

来月には、1年生がOGの先輩を招いて「分野別進路懇談会」を実施することになっています。

多士済々のOGとの語らいが、生徒に刺激を与え、自己を見つめ直し、「高い志」を抱くきっかけをつくります。

 

卒業式の歌唱練習を行いました

2月20日(木)7限のLHRの時間に、卒業式に向けて1・2年生合同で歌唱練習を行いました。

本校の卒業式では、校歌の次に「卒業式歌」として分袖・仰げば尊し・蛍の光のメドレーを、最後にベートーベンの第九「歓喜の歌」を全校で合唱します。女子高ならではの女声2部合唱の美しいハーモニーは、一女生活の集大成として卒業生の胸にいつまでも刻まれます。

今日は音楽の先生の指導の下、「歓喜の歌」のドイツ語の歌詞の発音練習や上下パートそれぞれの練習、最後に合唱練習を行いました。譜面を見て短時間の指導を受けただけで、全員がどちらのパートでも歌えてしまうのが一女生のすごいところです。

1年生は初めての第九練習でしたが、「歓喜の歌」を卒業生と一緒に歌い上げ、一女の伝統を引き継いでいけるようになっていきます。

一女の数学の授業を紹介します

浦和一女ではすべての教室にプロジェクターが設置されており、各教科ではこれらのICTを活用した授業展開を行っています。

今日の1年生の数学では、Desmosとうい描画アプリを利用して「軌跡と方程式」の授業が行われていました。

条件を満たす点の集合が直線や円になるという軌跡の概念を、点を実際に動かしながら説明し、それを数式で求める授業に生徒は納得していました。点の動きを観察して、軌跡が描かれる様子を数式と結びつけながら実感できたと思います。

一女の音楽の授業を紹介します

毎年この時期、一女の音楽の授業では「新春コンサート」として、生徒が自分の得意な楽器や歌の演奏をクラス発表する取り組みが行われています。1月からの音楽の授業は、音楽室と視聴覚室でコンサートに向けた練習を行います。

今日の1年8組のコンサートでは、女声2重唱、フルート独奏、ピアノ連弾、ハンドベル合奏、ヴィオラ独奏、女声3重唱、テナーサックス独奏が披露されました。この取り組みでは、改めて一女生の芸術のレベルの高さに驚かされます。

司会進行や準備などもクラスの生徒が協力し、主体的に行ってコンサートが進められています。

 

 

 

 

3年生は家庭研修中も学校で頑張っています

2月1日から3年生は家庭研修期間に入りましたが、多くの生徒が登校して自分の教室や自習室・図書館で勉強を頑張っています。

朝から下校時刻の午後7:00まで、教員のところには個別添削指導や質問に訪れる生徒が絶えません。毎日、個別添削指導をしていて、生徒の力がこの時期に驚異的に伸びていくのを実感しています。

また、週に1回、3年生のリフレッシュのために体育館を解放する時間を設けており、今週は100名以上の生徒がバスケットボールやバレーボールなどを楽しみました。

3年生の皆さん、健康に気をつけて、最後の最後まで頑張ってください。健闘をお祈りしています。

SSH・SGH合同 研究成果発表会を実施しました

2月8日(土)に、「SSH・SGH合同 研究成果発表会」が行われました。外部から多数の先生方、中学生とその保護者の方、本校保護者の方にご来校いただき、たいへん充実した発表会となりました。ありがとうございました。

9:10~10:30を20分ごと4つの時間帯に区切り、各教室・体育館・視聴覚室で口頭発表、ポスター発表が行われました。口頭発表は、生徒が探究成果をパワーポイントにまとめて発表するもので、18本の発表がありました。また、ポスター発表は、探究成果をポスターにまとめて発表するもので、140本が展示されて生徒が説明を行っていました。各教室では来場された方から鋭い質問が出るなど、今回の発表が生徒たちの考えを深めるよい機会となったようでした。

10:50~12:10は体育館での全体会として、SSH2本とSGH3本のステージ発表が行われました。内容は「紙飛行機と揚力」、「ミドリゾウリムシと共生できるクロレラはなぜ消化されないのか」、「私たち高校生が解決する日本のジェンダー問題」、「Save Single-sex high school !」(英語発表)、「ベトナム戦争と障がい者の今」でした。

こうした探究活動とその発表を通して、本校の生徒たちは思考力・判断力・表現力を磨いていきます。

 

 

【進路指導】高校生のための教員志望者説明会

埼玉県教職員採用担当課 管理指導主事 青木敏恵先生が来校され、2年生の希望者を対象にした「高校生のための教員志望者説明会」がありました。

青木先生の丁寧でわかりやすいご説明に心を動かされた生徒も多かったようで、質疑応答の時間のみならず、会が終了してからも熱心に質問する生徒の姿がありました。

<生徒のアンケートより>

「『教員』という職業について漠然としか考えていなかったので、今回の説明会は大変参考になり、参加できて良かったです。」

「筆記試験だけでなく人間性が重視されているとのこと。夢に向かって頑張りたい。」

薬物乱用防止講演会を行いました

2/5(水)に今年度の薬物乱用防止講演会『心の隙間に入り込む薬物』を行いました。

講師に明法中学・高等学校特任教諭,星槎大学非常勤講師,NHK高校講座講師の長岡邦子先生をお招きし、薬物の危険性についてお話しいただきました。一度でも薬物を使用してしまうと抜け出すことが難しくなる依存性やフラッシュバック、また身近にある誘惑や危険から逃れることの重要さについて熱くお話しいただきました。埼玉県で長く教鞭をとられていた先生の、生徒たちの安全を願う、熱い気持ちのこもったお話でした。

薬物乱用防止についての啓発ビデオを視聴し、本校生徒代表からお礼の言葉をお伝えし、講演会を終えました。

 

 

2月朝礼を行いました

2月3日(月)に2月朝礼が行われました。3年生が家庭研修期間のため、1・2年生だけでの集会になりました。

校長講話では、脳を活性化させるためにも睡眠や体と心のバランスが大切であることについてのお話がありました。

その後、全国学生科学賞入賞のSSH、関東大会入賞のアナウンス部他、音楽部、文芸部、マンドリン部の表彰披露が行われ、続いて、3月に全国選抜大会に出場するボート部と2月に国民体育大会スキー競技に出場する生徒の壮行会が行われました。

最後に、11月に埼玉県グローバルリーダー育成プロジェクト派遣で、アメリカのハーバード大学やMITのワークショップに参加した生徒による報告会が行われ、このプログラムで学んだことを1・2年生全体に向けて英語でプレゼンテーションしました。

 

3年生の学年集会が行われました

3年生は、一女での授業も今日が最後。2月1日から家庭研修期間に入ります。

4限目のLHRでは学年集会が行われました。これから受験本番に向かう3年生たちに、「強い気持ちと高いモチベーションを維持して最後の受験日まで頑張ってほしい」という小菅学年主任からのお話がありました。

また、髙岡校長が今年の3年生に向けて揮毫した「祈 合格」の額が生徒玄関に飾られました。(写真)

家庭研修に入っても、個別添削指導や質問・相談など、学校としても万全の指導体制で生徒をサポートしていきます。3年生の皆さんの健闘を祈っています。

1学年英語スピーチプレゼンテーションが行われました

1月30日(木)7限LHRの時間に、1学年では英語スピーチプレゼンテーションが体育館で実施されました。

司会進行は3名の生徒により英語で行われ、まずは埼玉県高等学校英語スピーチコンテストで入賞した2年生の陸晨曄さんによる”People Dominated by Tapioca ”というタイトルの模範スピーチから始まりました。その後、各クラスの代表による9名のスピーチが持ち時間3分で行われました。持ち時間の中でスピーチの内容やパワーポイントによるプレゼンテーションが工夫されており、どのスピーチも素晴らしいものでした。

最後にALTのアリア先生から講評をいただきました。

即興型英語ディベート全国大会出場

報告が遅くなってしまいましたが、昨年末12/21(土)、22(日)の2日間、浦和一女は、東京大学本郷キャンパスで行われた第5回PDA高校生即興型英語ディベート全国大会に出場しました。一女からは3年連続の参加となり、今年は2年生1名、1年生2名のチームで参戦しました。

即興型英語ディベートは、通常の準備型のディベートとは異なり、その場で与えられたテーマについて15分で論点をまとめ、対戦に臨みます。詳しくはこちら → http://pdpda.org/(PDA:パーラメンタリーディベート人材育成協会)

今年度は、11/11(月)に一女に講師をお招きし体験講義を行い、11/17(日)に都立日比谷高校で行われた首都圏公立高校交流大会に参加しました。首都圏公立高校交流大会では、参加9校中の4位と健闘しました。

報告書はこちら → 浦和一女ディベート講義報告書.pdf 首都圏交流大会報告書.pdf

そして迎えた12月の全国大会。昨年に続き、1回戦は奈良高校との顔合わせ。初戦を勝ち、続いて強豪、北野高校、浅野高校と対戦できました。ベスト8に進出した両校には敗れましたが、北野高校とは接戦だったとの講評をいただきました。意を強くして臨んだ最終戦、佐野高校とも内容のある戦いができました。最終戦の結果と総合順位は翌日の発表となり、対戦成績2勝2敗、参加64校中37位という結果でした。参加生徒にとって、新鮮な、充実した体験となりました。新年度も即興型ディベートの活動に取り組んでいきます。 

報告書はこちら → 第5回即興型英語ディベート全国大会報告書.pdf

参加生徒より

一女は英語部に所属していなくても大会に参加できるので、私(空手同好会)はこの機会を利用して実用的な英語に触れようと思い、2年連続参加しました。ディベートは英語だけでなく様々な学習意欲の増進を促してくれます。ぜひ普段の授業で導入してほしいです。(2年生)

64校もの全国レベルの学校が集まった大会で試合をすることができ、有意義な時間を過ごすことができました。また、他校の戦略や、予選で勝ち進んだ学校の試合など、とても刺激を受けました。ジャッジの方々からのアドバイスもたくさんいただけたので、自分の課題点と再度向き合い、また来年も挑みたいです。(1年生)

英語を実践的に使うだけでなく、社会問題に触れることもできるため学べることが多くありました。これからも活動を続けて、結果を残せるよう頑張ります。(1年生)

  

 

 

 

1学年保護者会が行われました

1月25日(土)授業公開(在校生保護者対象)と1学年保護者会が行われました。

保護者会が午後からありましたので、特に1学年の保護者の皆様には授業公開にも多数のご参加をいただきました。

保護者会では、各クラスで担任から学年全体の様子やクラスの様子、学年の取り組みや進路指導の取り組みを説明させていただきました。その後はグループ形式により保護者の方でお互いに情報交換をしたり、担任との情報交換をするなど、学校のことを知っていただくよい機会となりました。

 

小学生対象学校説明会・部活動体験が行われました

1月11日(土)に、小学生対象学校説明会・部活動体験が行われました。これは、公立高校の教育活動、魅力や特色をご紹介し、将来の学校選びや進路選択の参考にしていただくことが目的で、約350名の小学生と保護者の皆様にご参加をいただきました。

全日本合唱コンクール全国大会銀賞の音楽部の歓迎演奏に続いて、校長挨拶、教頭による浦和一女の特色や魅力についての説明がありました。4限目の授業見学していただき、昼食休憩後は部活動体験をしていただきました。部活動体験では、どの部活動でも小学生の皆さんがとても楽しそうに一女のお姉さん達と活動する様子が印象的でした。

埋蔵文化財関係財団普及連携事業公開セミナーで本校琴部が演奏しました

令和2年1月11日(土)、戸田市文化会館大ホールで開催された、令和元年度 東京・神奈川・埼玉埋蔵文化財関係財団普及連携事業公開セミナー  「-考古学から見る武蔵・相模のひとびと- 万葉のくらし」で、本校琴部が「さくら」などの演奏を披露し、大きな拍手をいただきました。

 生徒にとって、多くの皆様の前で演奏する貴重な機会となりました。ありがとうございました。

■演奏する琴部の生徒たち

 

1月全校集会が行われました

1月8日(水)、全校集会が行われました。

校長講話では、年頭にあたって目標設定の仕方について、ICT活用や対話的な深い学びを進めている一女の授業や学習についてのお話がありました。最後に、3年生に向けて、心と体のバランスが大切であること、「受験は団体戦」1・2年生そして教職員全員で応援しているとの激励メッセージがありました。

3学年そろっての集会は今回が最後になります。3年生へのエールを込めて、校歌合唱が行われました。

その後、SGHと吹奏楽部の表彰披露があり、1月26日に関東地区放送コンクールに出場するアナウンス部の壮行会が行われました。

 

 

第63回 日本学生科学賞 中央最終審査会・表彰式報告

 12月22日(日)・23日(月)に第63回日本学生科学賞の中央最終審査会行われ、24日(火)に本校の生徒2名が表彰されました。

◆入選一等 科学技術振興機構賞 2年 元位 美夢

 「ミドリゾウリムシと共生クロレラ 共生できるクロレラはなぜ消化されないのか」

 

◆入選二等 2年 金澤 伶

 「コオロギ食普及のための音刺激を用いた最適飼育」

 

 科学技術振興機構賞を受賞した元井美夢さんは、ISEF日本代表に選ばれ、来年5月にアメリカのカリフォルニアで行われる世界大会に出場します。

「算数・数学が苦手な人のための算数・数学⑥」を行いました。

 少し間があいてしまいましたが、12月7日(土)に小・中学生対象の、12月8日(日)には成人対象の公開講座「算数・数学が苦手な人のための算数・数学⑥」を行いました。

 今回のテーマは「数字の不思議」で、お釣りの計算などの身近な話題から専門的な話(超越数)について考えました。

「ドラえもんで出てくる数の計算やお釣りの計算の工夫など生活や社会で役立ちそうなことがわかりよかった。」や「深く気にしたことがなかったけれど、計算方法にもいろいろな名前がついたやり方があるのは面白くそれぞれの場面で活用できれば計算も苦にはならないのではと思いました。3回目の参加ですがいつもアハ体験をして楽しませていただいています。」や「生徒(娘)を参加させても良いですか。」などの感想をいただきました。

次回は来年の夏休みに「図形の不思議」(仮)について行う予定です。奮って参加してください。

  

     12月7日(土)の様子         12月8日(日)の様子

 

【進路】京都大学 学びコーディネーター事業「文系と理系の間」

京都大学が高大接続・高大連携活動の一環として全国的に展開している学びコーディネーター事業を利用して、京都大学総合生存館所属の土田亮先生にお越しいただき、本校図書館で、1年生の希望者を対象に「文系と理系の間~課題解決型の研究のすすめ~」という授業をしていただきました。

将来の進路について考えるとき、多くの日本人が最初に出合う分岐点は「理系か」「文系か」という選択肢ではないかと思います。しかし、大学に入ってからの研究や社会に出てからの仕事には「文系・理系」という枠組みは存在しません。さらに、「リベラルアーツ」という考え方が浸透している欧米の大学には「文系・理系」という入試の枠組みもありません。

土田先生からは、「学問とは、自然や社会の変化を理解し、説明する見方」「大学という場所は、問を立てて学ぶ知の宝庫であると感じている」「『文系』『理系』というラベルに縛られず、どのようにして課題を設定しその解決に向けた研究を進めるのか」ということに関するお話がありました。

 

次いで、テーブルごとに身の回りにある課題を一つ取りてげて、それに関する問を立てながら、仮説と解決策を探るグループワークが行われました。

 

参加した生徒たちは、大学で求められている学びの在り方を垣間見る時間を過ごしました。

 

<グループワークで話し合ったことを発表する生徒たち。各テーブルでは、「AI社会と労働」「アフリカの貧困問題」「科学技術の進歩と文化」「発展途上国での感染症」「先進国内での貧困問題」という課題が取り上げられた。>

 

音楽Ⅲ選択者による発表会が開催されました。

 12月17日(火)5,6時間目に、音楽Ⅲを選択している3年生による音楽会が開催されました。

 ピアノ、トロンボーン、ヴァイオリン、エレクトーン、独唱、合唱など、発表者は緊張していたようですが、これまでの練習の成果が発揮され、とても素敵な演奏ばかりでした。

 発表会の最後には、歌おうNIPPONプロジェクトの1曲である「前へ」を生徒全員が合唱しました。3年生の集大成として心をひとつにして、決意を新たに、また晴れやかに歌っている姿に感動しました。

  

  

 

【修学旅行】最終日の様子です。

 先発組と後発組の最終日(先発→14日、後発→15日)の様子です。

 午前中は中正記念堂を訪れ、集合写真を撮影した後、付近を散策しました。その後、民芸品店でお土産を購入したり、台北101で昼食をとりました。午後には台北・松山空港に移動し帰路につき、全員無事に帰国しました。

  

  今回の修学旅行を通じて、グローバルな世界で過ごす第一歩を踏み出せたものと思います。ご協力ありがとうございました。

 

【修学旅行】後発組、3日目

 後発組3日目はB&Sプログラムでした。このプログラムは、班に分かれて事前に1日の計画を立て、台湾の大学生と一緒に街を回るものです。ホテル近くの龍山寺には多くの生徒が訪れていました。
 帰ってきた生徒の表情からは1日充実して過ごした様子が読み取れました。

 
 最終日の様子は帰国後アップロードいたします。

【修学旅行】後発組、学校交流の様子です。

 後発組は、2日目の午後、台北市私立復興実験高級中学との交流プログラムを行いました。
 まず、お互いの学校の学校紹介や、生徒の出し物を行いました。本校は、アナウンス部作成の学校紹介ビデオを上映した後、全員で校歌を披露しました。

 

 その後、両校の校長先生の挨拶の後、記念品の交換となりました。

 

 後半は、生徒同士の交流として、英語でのディスカッションやキャンパス見学を行いました。生徒たちは、普段と違う環境でのコミュニケーションに緊張しながらも、積極的に伝えようと頑張っていました。

 明日は班別でのプログラムとなります。

【修学旅行】先発組、学校交流の様子です。

先発組は、午後から姉妹校である台北市立第一女子高級中学(台北一女)に訪問しました。

台北一女の生徒からは、弦楽器による演奏やダンスのパフォーマンスが行われ、本校からは、学校紹介(DVD)や校歌合唱が行われました。

その後、台北一女の部活動体験に参加しました。最後は記念写真を撮っていました。明日は、先発組最終日です。帰国後にあらためて更新したいと思います。

台北一女2台北一女2

台北一女3

 

 

【修学旅行】先発&後発組、故宮博物院見学

本日午前中は、故宮博物院へ行きました。

生徒は「翠玉白菜」など、彫刻芸術の魅力に引き込まれていました。

 

午後は、先発組と後発組で別れて行動します。後ほど、その様子をアップロードしたいと思います。

故宮1故宮2

 

【修学旅行】後発組、1日目

後発の2年3組、5組、8組、9組の4クラスも無事に台湾に到着しました。

先発同様、到着後、忠烈祠を見学しました。

忠烈祠は戦争で亡くなった方の霊を祀っています。

15時に行われた衛兵交代式を見学し、その一糸乱れぬ動きに見入っていました。

明日は故宮博物院の見学と復興実験高級中学との交流になります。

 

【修学旅行】先発組、B&Sプログラム終了!

先発組は旅行2日目でした。

B&Sプログラムとは、本校の生徒が自ら立てた計画をもとに、現地の大学生とグループで行動するものです。

B&S

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それぞれ行きたいところへ行き、食べたいものを食べ、ホテルに戻ってからも、きっと楽しかったからでしょう、余韻に浸っている様子でした。

 明日は故宮博物院見学、および学校交流です。その様子は明日アップロードしたいと思います。

【修学旅行】先発組、忠烈祠見学

15:00に衛兵交代式があり、見学しました。

息のあった動きに、生徒は興味津々。思わずついていってしまいます。

天候にも恵まれ、台湾の歴史に触れる貴重な機会となりました。明日は、班別行動になります。

2日目の様子は後日アップロードしたいと思います。

忠烈祠1

忠烈祠2

 

 

 

【修学旅行】先発組、無事ホテルに到着しました!

日本時間14:30に台湾の松山空港に到着しました。現地は1時間の時差があるので、台湾時間は13:30になります。

台北の天候は晴れで、最高気温は21℃でした。現在、ホテルに到着して休憩中です。

ホテル到着

第5回さいたま国際マラソンで大活躍

 12月8日(日)に開催された、第5回さいたま国際マラソンで、音楽部と1,2年生によるボランティアが大活躍しました。このレースは、マラソングランドシップファイナルチャレンジ~東京2020オリンピック日本代表選考競技会~も兼ねており、市民ランナーの方々も1万6千人が参加したそうです。

 音楽部は、開会式で国歌斉唱を務めさせていただきました。ピンと張り詰めた空気の中、堂々とした歌声でした。

 また、1、2年生83名が35キロ地点での給水ボランティアをさせていただきました。応援をしながら、紙コップ1つ1つにスポーツドリンクや水を入れ、ランナーの方々が給水しやすいように配置したり、使い終わった紙コップを回収したりと様々な仕事を丁寧にこなしていました。ランナーの方々に「給水の準備と応援をありがとう」と声をかけていただく場面もあり、とても良い経験になりました。

    

冬の公開講座が始まりました

 冬の浦和第一女子高等学校公開講座が始まりました。

 11月24日(日)に、「書の小作品制作と蒔絵を楽しむ講座」の1回目(全5回)講座がありました。本校書道科の遠藤教諭が講師となり、篆書や隷書などの書体や歴史などの書の基本についての講義と、今後の作品制作に向けて実技練習が行われました。参加された12名の方々はとても熱心に取り組まれていました。

<講座の様子>

 

 

「県立高校教育課程研究事業」大学進学指導指定校における公開授業・協議会が開催されました。

 11月25日(金)、埼玉県教育委員会の「県立高校教育課程研究事業」の一環として、大学進学指導指定校における公開授業・協議会が本校で開催されました。

 5,6時間目の公開授業後、「新しい教育課程に向けた本校取組」と「平成31年度の入試結果と今年度の取組」について、教務主任と進路指導主事が説明を行いました。参加された先生方から多くの質問や御意見をいただき、情報交換も含め有意義な協議会となりました。

 

国語総合の公開研究授業が開催されました。

 

11月20日(水)5、6時間目に、本校国語科の板谷大介教諭が「知識構成型ジグソー法による短歌の授業」を行いました。これは、東京大学 CoREFと埼玉県教育委員会が連携して取り組んでいる「未来を拓く『学び』プロジェクト」の「重点研究公開授業」として開催されたものです。

 この授業で生徒たちは、正岡子規や釈超空など六人の歌人の六首の歌を考察し、そこから豊かな感性と想像力を感じさせる作品解釈を数多く提示することができました。

 県内外から多くの先生方にご参加いただき、ありがとうございました。

■知識構成型ジグソー法による短歌の授業で対話をする生徒

 

 

 

第4回学校説明会が終了しました

11月16日(土)に、第4回学校説明会が行われました。今回も多数の中学生・保護者の皆様にご参加いただき、ありがとうございました。

今回で、今年度の学校説明会は終了いたしました。これまでの説明会に都合が合わなくて参加できなかった方や一女をこれから考えてみようという方は、12月21日(土)の中学生向け授業公開・学校概要説明に是非ご参加ください。実際に一女を見て、一女の魅力を感じていただきたいと思います。 →当日の日程はこちら 

また、これからは個別の学校見学も受け付けいたします。日時等を調整させていただきますので、ご連絡ください。

 

 

生徒総会・討論会が行われました

11月15日(金)、生徒総会・討論会が行われました。

生徒総会では、本部・各委員会の前期活動報告の後、後期の活動基本方針が発表されました。

今回の討論会は、東京大学名誉教授上野千鶴子先生の東大入学式祝辞を題材に、ジェンダー問題についての討論でした。各自持ち時間1分で、1時間にわたり途切れることなく活発な意見発表が続きました。ここでの討論をもとに、11月29日(金)に本校で行われる上野先生のシンポジウム(SGH全校講演会)でさらにこの問題について考えを深めていきます。

 

  本校の討論会では、意見発表した生徒の発言内容は、書記の生徒によりすぐに正面スクリーン映し出されます。

 

【生徒会より】クイズ研究会紹介

一女では多くの生徒が部・同好会に所属し、熱心に活動しています。

また、「愛好会」というカテゴリーで熱心に活動している生徒もたくさんいます。

今回は愛好会の活動を紹介します。

 

*「愛好会」について

意欲のある生徒が5名以上いて、顧問の引き受け手があれば設立願を提出できる。

設立の承認は単年度ごとになされる。

 

◆クイズ研究会◆

私たちは週3日(月、木、金)で活動しています。普段は問題集を使って早押しクイズを行っています。

会員は大会への参加・運営、他校との交流試合など積極的に活動しています。

 

中学生の皆さんへ

人が知らないことを知っていたり、誰よりも速く答えられるのはかっこいいと思いませんか?

しかしクイズには頭の良さは関係ありません。

クイズへの熱意さえあれば誰でも歓迎です。私たちと一緒にクイズに青春をかけてみませんか?

 

 

 

【生徒会より】ダンス愛好会紹介

一女では多くの生徒が部・同好会に所属し、熱心に活動しています。

また、「愛好会」というカテゴリーで熱心に活動している生徒もたくさんいます。

今回は愛好会の活動を紹介します。

 

*「愛好会」について

意欲のある生徒が5名以上いて、顧問の引き受け手があれば設立願を提出できる。

設立の承認は単年度ごとになされる。

 

◆ダンス愛好会◆

 

<あいさつ>

 こんにちは。ダンス愛好会の「Soul☆One」です。

 文化祭や三送会などの学校行事のステージでパフォーマンスをしています。

 週3回、みんなで和気あいあいと練習しています。

 

<中学生のみなさんへ>

 ヒップホップだけではなく、K-POPやジャズなど、ジャンルは様々です。

 経験者は数人いますが、会員のほとんどがダンス未経験者です。

 経験者、初心者ともに大歓迎です!

 また、ダンスだけでなく、衣装や構成、フォーメーションも自分たちでやるのでステージの達成感はすごいです!

 一緒に最高のダンスステージをつくりませんか?

 

【生徒会より】数学研究会紹介

一女では多くの生徒が部・同好会に所属し、熱心に活動しています。

また、「愛好会」というカテゴリーで熱心に活動している生徒もたくさんいます。

今回は愛好会の活動を紹介します。

 

*「愛好会」について

意欲のある生徒が5名以上いて、顧問の引き受け手があれば設立願を提出できる。

設立の承認は単年度ごとになされる。

 

 

◆数学研究会◆

こんにちは。数学研究会です。

数学研究会は,設立2年目の愛好会で,現在,1年生5名,2年生8名で活動しています。

数学の得意・不得意は関係なく,数学に興味・関心がある部員が集まり,数学フェア(埼玉県教育委員会主催),数学オリンピック予選会,数学甲子園予選会などの大会に参加しています。

普段は,週1回の活動で,大会や文化祭の準備のほか,浦和高校の数学部と連携をして勉強会などを開いていたりして,切磋琢磨してします。

日常生活において数学は四則演算ができれば十分と考えている人もいるかもしれませんが,いろいろなところで数学や数学の考え方が使われていて,私たちはそのことを研究したいと考えています。

 

 ◎ 普段の活動の様子

浦和高校との勉強会(浦和高校にて)

 

 

 

 

 

浦和高校との勉強会

(浦和高校にて)

 

 

◎ 大会の様子

数学甲子園予選会

 

数学フェア

文化祭

 

 

 

埼玉県高等学校英語スピーチコンテストに出場しました

 11月14日(木・県民の日)に不動岡高校で行われた「埼玉県高等学校英語スピーチコンテスト」に、2年8組の陸 晨曄さんが出場しました。『People Dominated by Tapioka Ball』というタイトルでスピーチを行い、ブロンズ賞をいただきました。

陸さんのコメントです。

「普段、自分の同級生とはあまり話すことのない社会問題や環境問題、世界の問題について、この場では自然に話すことができてとても刺激になりました。また、多くの視点に触れることができました。」

                      

   

【進路指導】一女生が東京大学本郷キャンパスを訪問

11月14日(木)、1,2年生約40名が、東京大学本郷キャンパスを訪問しました。

午前中は、生徒各自で東大本郷キャンパス内の自由散策、キャンパス内で昼食をとった後、赤門に集合して記念撮影をし、工学部へと向かいました。

工学部では、社会基盤学・河川/流域環境研究室の知花武佳先生による「一女生のための特別授業」の他、河川工学の実験室・研究室見学、大学生・大学院生・留学生との交流会を行っていただきました。

その後、理学部1号館にあるGo Globalセンターに移動し、「東大女子キャン運営委員会(東大の女子学生の比率を増やすため、各地の女子高校生に広報活動をしている東大生の団体)」や「本校OGの東大生」による東大の学生生活の紹介や座談会を実施しました。

 東大で充実した1日を過ごした一女生たちは、高い志を抱き、勉学へのモチベーションを高めた様子でした。

 

☆赤門での記念撮影

 

☆知花先生による「一女生のための特別授業」

 ☆「東大女子キャン運営委員会」「本校OGの東大生」による「東大の大学生活」などの説明

 

「埼玉県邦楽祭」に本校の生徒が参加しました

令和元年11月11日(月)、埼玉会館大ホールにて「第43回埼玉県高校邦楽祭」が開催され、県内の合計32団体の邦楽邦舞の部活動が日ごろの成果を発表しました。

 本校からは、琴部、能楽部、長唄部、日本舞踊同好会が出演しました。県内で邦楽邦舞の部活動等が4団体もあるのは本校のみで、本校の大きな特色になっています。

 琴部は伊藤松超作曲「筝四重奏曲」を、能楽部は作者未詳「狸々」を、長唄部は九代目杵屋六左衛門作曲「越後獅子」を、日本舞踊同好会は五代目岸澤式佐作曲「常磐津 屋敷娘」を披露し、会場からは大きな拍手をいただきました。

一女生たちは、日々の練習の成果を遺憾なく発揮し、皆満足感に満ちた表情をしていました。

公開講座(冬季)申込みについて

 公開講座(冬季)の申込み受付を11月1日(金)から開始しています。

講座①の「書の小作品制作と蒔絵を楽しむ講座」については、8日(金)に受付を終了させていただきました。

多くの申込み、ありがとうございました。

 

 また、講座②の「算数・数学が苦手な人のための算数・数学⑥」については、小・中学生対象、一般対象ともに、15日(金)まで申込受付中です。今回は「数字の不思議」がテーマです。みなさん参加してみませんか?

 

 講師 本校数学科 教諭 曽根 剛

 日時 小・中学生対象・・・令和元年12月7日(土)

    一般対象・・・・・・令和元年12月8日(日)  両日とも10:00~11:30

 内容 数字の不思議

 ※過去の公開講座でのアンケートで、「実施してほしい内容」として御回答いただいたうちの1つです。

 場所 本校 麗風会議室

 費用 無料

 

【申込方法】FAXまたはe-mailでお申し込みください。

      ※希望講座、住所、氏名、電話番号を必ずお書きください。

      公開講座(冬季)FAX様式.doc

      FAX:048-830-1116  e-mail:p292031c@pref.saitama.lg.jp

 

 

 

 

本太小学校との交流事業を行いました

11月6日、今度はさいたま市立本太小学校に本校生徒27名が一日お世話になりました。

全体オリエンテーションの後で、各クラスでの学習サポート、給食指導、休み時間での触れ合いを通じて児童の皆さんと交流を行いました。また、小学校の先生方からもたくさんのことを学ばせていただきました。本校生徒は児童の皆さんからも慕われ、たいへん貴重な体験をすることができました。

本太小学校の先生方、児童の皆さん、ほんとうにありがとうございました。

 

公開講座(冬季)申込み受付中です。

 11月1日(金)から、公開講座の申込み受付を開始しました。

 今回、開講する講座は、書道と数学です。数学は小・中学生対象の講座と一般対象の講座があります。みなさん参加してみませんか?参加を希望される方は、必要事項をご記入の上、FAXまたはe-mailでお申し込みください。

 

【講座①】

1 講座名 書の小作品制作と蒔絵を楽しむ講座(募集人員15名・先着順)

2 講 師 本校書道科 教諭 遠藤克久

3 日程等 

(1)月 日 令和元年11月24日(日)・12月1日(日)・8日(日)・15日(日)・22日(日)

       ※原則5回参加してください。

(2)時 間 9:00~12:00

(3)内 容 書の基本と実技練習、作品制作、蒔絵の実習

4 場 所 本校 書道室

5 費 用 2,500円(予定)※作品用の額代等

 

【講座②】

1 講座名 算数・数学が苦手な人のための算数・数学⑥(募集人員各回40名・先着順)

2 講 師 本校数学科 教諭 曽根 剛

3 日程等 

<小・中学生対象>

(1)月 日 令和元年12月7日(土)

(2)時 間 10:00~11:30

(3)内 容 数字の不思議

<一般対象>

(1)月 日 令和元年12月8日(日)

(2)時 間 10:00~11:30

(3)内 容 数字の不思議

4 場 所 本校 麗風会議室

5 費 用 無料

 

【申込方法】

FAXまたはe-mailでお申し込みください。※希望講座、住所、氏名、電話番号を必ずお書きください。

公開講座(冬季)FAX様式.pdf

FAX:048-830-1116  e-mail:p292031c@pref.saitama.lg.jp

【申込締切】

講座①(書道)・・・令和元年11月 8日(金)

講座②(数学)・・・令和元年11月15日(金)

※各講座とも先着順です。定員になり次第、締め切らせていただきます。

 

 

 

11月朝礼が行われました

11月1日、月初めの朝礼が行われました。

校長講話では、「communication」、「collaboration」、「creativity」、「critical thinking」の4つのスキル(4c's)が21世紀型スキルとして重要であるというお話がありました。

次に、11月29日にSGH全校講演会として予定されている上野千鶴子先生をお招きしてのシンポジウムの事前学習として、今年の東京大学入学式における上野先生の祝辞を視聴しました。生徒達は、クラス討論会や全校討論会で考えをさらに深めて、当日のシンポジウムに臨みます。

最後に、国体で優勝、関東選抜大会で入賞したボート部、全国大会で銀賞を受賞した音楽部、県の科学展等で入賞したSSHの生徒の表彰披露が行われ、11月に関東大会と全国展に臨む競技かるた部とSSHの壮行会が行われました。