SGH日誌

【SGH】上野千鶴子先生による「SGH全校講演会」が開催されました

 11月29日(金)午後、東京大学名誉教授、ウィメンズアクションネットワーク(WAN)理事長の上野千鶴子先生によるSGH全校講演会「シンポジウム『私が決める未来』」が開催されました。

 第1部では、「あなたたちを待っているのはどんな社会か」という題で上野先生による基調講演があり、なぜ東大女子が2割を越さないのか、女性の非正規雇用、これから女子の生きる道、東大の入学式祝辞で言いたかったこと等のお話がありました。

 第2部は、上野先生と本校生徒5名によるパネルディスカッション「もし私があの場にいたら~2019東京大学入学式」が行われました。不正入試問題、女子力、ステレオタイプなど生徒たちの意見に上野先生の鋭い質問がとび、活発な議論が繰り広げられました。

 最後にフロアの生徒からも活発な意見が出て、全校生徒でジェンダーについて考えた有意義な学びの場となりました。 

 

<パネリストたちの感想>

「上野先生から予想もしていなかったような質問を投げかけられ、それに自分なりに答えていく過程で、考えの精度と深みが増したと感じました。これからジェンダー問題についてもっと深く知り、突き詰めて考えたいと強く思いました。」(3年生)

「講演会やディスカッションを通して、感覚ではなく、データなどの根拠を持って意見を述べることが重要だと学びました。私は上野先生の祝辞や本を通して、差別はまだ多くあり、自分もステレオタイプに縛られていることが多いと気づきました。今後も様々なことに挑戦し、論理的思考を身につけて、‘サバイバル’ していきたいです。とても貴重な経験ができました。ありがとうございました。」(3年生) 

「ディスカッションを通じて、自分の考えの甘いところや、主張したい所がはっきりしてきて、より深まった意見を持つことが出来ました。特に女子校の存在意義や、ジェンダー問題に私たちはどう立ち向かうのかを全校で一緒に考えられたことがとても嬉しいです。参加させていただき、ありがとうございました。」(2年生) 

「上野先生とのパネルディスカッションを通して、自分の感覚を言葉にして伝えることの難しさと、その重要性を強く感じました。 多くの人の前で上野先生と議論したことは、私に自信を持たせたと同時に、これからの道標となる、とても貴重な経験でした。 素晴らしい機会をいただき、ありがとうございました。」(2年生) 

「 講演やパネルディスカッションでの上野先生の言葉から、ジェンダー問題がすぐ身近にあり、私たち自身に大きく関わってくることが改めて分かりました。だからこそ、自分の問題として捉え、家族や友人と話し合うことが大事なのだと思います。今回、貴重な機会を得ることができて本当によかったです。」(3年生)

  

     

 

Cross Cultural Talk 2019 が開催されました

 11月16日(土)午後、浦和第一女子高等学校を会場に、本校生徒122名が、東京外国語大学の留学生と交流する Cross Cultural Talk 2019 が開催されました。

 トルコ、イタリア、アルゼンチン、イギリス、ガーナ、ベトナムなど海外20カ国からの留学生20名を迎え、1名の留学生と5~8名程度の本校生徒(1、2、3年生)が班を作り、それぞれの国の貧困問題、ジェンダー問題、経済問題、教育制度などについて英語で話し合い、その成果を留学生の指導を受けながらスライドにまとめ、最後に全ての班が英語のプレゼンテーションを行いました。

 本校生徒は、世界の諸課題について積極的に留学生と話し合い、留学生の方々も非常に親切に本校生徒の質問に答えて下さいました。

 生徒たちにとって海外の事情を知り、また英語力を磨くすばらしい機会になりました。

 

■留学生徒対話をする生徒たち

 

■プレゼンテーションの様子

 

「アショカ・ジャパン」代表、渡邊奈々さんの講演が行われました

 11月5日(火)、「アショカ・ジャパン」代表、渡邊奈々さんを本校にお招きし、1年生対象「SG探究講義Ⅰ」として、「あなたがいることで世界はどうかわるだろう」の演題で講演をしていただきました。

 「アショカ・ジャパン」の支援で、高校生が地域の福祉システムを構築した多くの事例などについてのお話でした。生徒たちは、自分と同じ年齢の若者が、変革すべき社会の諸課題の解決に果敢にチャレンジしていることに感銘を受けていました。

 渡邊さんは「これっておかしいのでは?」と社会に対し違和感を抱いたら「世の中なんてそんなものだから」というのではなく、その気持ちを大事にして行動し、粘り強く課題解決に取り組むべきだし、そうしてこそ自分の人生も実りあるものになる、とお話しになりました.

 ■渡邊奈々さんによる講演の様子

 

 

 

博報堂への企業訪問が行われました

 去る8月21日(水)、SGHプログラムの一環として生徒11名が東京赤坂の株式会社博報堂を訪問しました。

 当日は、同社広報室の大木浩士さんの司会進行で、午前中は本校卒業生の社員の方3名に博報堂での仕事についてお話し頂き、その後、進路についてのアドバイスなどもして頂きました。また、昼食に同席してくださり、生徒は食事をしながら楽しい会話をしていました。

 午後は、同社ブランドイノベーションデザイン局ストラテジックプランナーのボヴェ啓吾さんに「正解のない問題に向かい合おう」をテーマとしたワークショップを実施して頂きました。ボヴェさんの進行で『「やさしさ」とは何か』などについて、生徒はさまざまな意見を出し合い、深い考察を行っていました。

 今回の企画について生徒は、「社会で活躍している先輩の話が聞くことができて有意義だった。」「企業への訪問で自分の視野が広がった。」などとコメントしていました。また、「学校の授業でも、午後のワークショップのような、生徒主体で深く考える授業をもっと取り入れてほしい。」などの感想も述べ、非常に充実した一日になりました。

           

ベトナムフィールドワークへ出発!!(1日目)

 ベトナムでのフィールドワークが始まりました。期間は、7月21日(日)から26日(金)です。「一女日記」に毎日にの活動の様子をアップしていますので、是非ご覧ください。 2日目の様子はこちら 

 <成田空港に集合。これから出発です。>

  <ベトナム到着。記念撮影です。>

JICA東京での探究活動発表

7月10日(水)、昨年度のベトナムフィールドワークに参加した3年生のグループがJICA東京に招待され【JICAの認知度を向上させるために私たちにできることは?】のテーマで探究活動の発表をしてきました。  JICAや埼玉県立総合教育センターの方々からお褒めの言葉をいただきました。

  これからベトナムに行く2年生も見学し、大変良い経験ができました。

2年生対象SGH探究講座Ⅱ

 6月18日(火)より、2年生を対象としたSGH探究講座Ⅱが始まりました。 毎週火曜日の7時間目に26の講座の中から選択して、生徒それぞれが探究活動を行います。多くの生徒がグローバルイシューの解決やSDGsに関わる取組を行っています。

国立劇場主催「歌舞伎鑑賞教室」に参加しました

SGHプログラムの一環として、6月9日午後に国立劇場で開催された「歌舞伎鑑賞教室」に希望の生徒36名が参加し、「神霊矢口渡」を鑑賞しました。美しい舞台や迫力ある演技、感動的なストーリーに生徒たちは感動していました。特に最後に文楽人形の動きを模した「人形振り」の演技が披露されると、生徒たちは感嘆の声を上げていました。

わが国の伝統文化に触れ、グローバルリーダーに必要な素養を身に付けることのできた有意義な催しとなりました。