校長日誌

考査終了・台湾修学旅行・12日まち

本日で全日制の定期考査が終了しました。

来週はいよいよ2年生の台湾修学旅行が実施されます。

学校周辺では「12日まち」に向けた準備が少しずつ進んでいます。

2年生は12日を台湾で迎えますので、今年の「12日まち」を楽しむことはできません。

その分、修学旅行を楽しんできてほしいと思います。

そして、ふと気が付いたことがあります。

それは、かつての一女の定期考査は「12日まち」と重なっていたということです。

年末の賑わいを味わうことなく誰もが試験勉強に集中していました。

 

SGH全校講演会・避難所運営訓練実施

11月29日(金)にSGH全校講演会、30日(土)に避難所運営訓練を実施しました。

SGH全校講演会には、東京大学名誉教授や認定NPO法人ウィメンズアクションネットワーク理事長としてご活躍されている上野千鶴子先生を講師としてお迎えしました。

上野先生の基調講演の後、代表生徒が参加したパネルディスカッションやフロアからの意見表明などもあり、とても有意義な時間が流れました。

また、講演会終了後に上野先生を訪ねてきた生徒も多数いました。

避難所運営訓練には、市や地域の皆さんが参加してくださいました。

防災倉庫確認、資機材取扱訓練、炊き出し訓練、避難行動要支援者名簿活用訓練などが円滑に行われ、災害発生を想定した訓練となりました。

本校といたしましては、今後も地域の中でしっかり不測の事態に備えてまいりたいと思います。

 

校章の由来2

「校章の由来」の続きになります。

「校章の由来」という文書には、「形の意義」という項目があり、以下のように記されています。

「円形にすると円満でよいが、安定感が乏しいので、菱形とした。よって円満にして安定していることを意味している。」

「左右の勾玉は埼玉を表し、中央に『浦和』と書き、」

「周囲の形は、毎春校庭に姸を競う桜の花弁をかたどっている。」とのことです。

今は、4個の勾玉となっていますが、袴のバックルとして付けていた徽章には12個の勾玉がデザインされていました。

 

第4回学校説明会開催

16日(土)に第4回学校説明会を開催いたしました。

寒さが厳しい中、大勢の中学生・保護者の皆様にご参加いただきまして誠にありがとうございました。

学校説明、パネルディスカッション、授業見学、部活動見学などをとおして、少しでも本校を知っていただき、進路決定の参考にしていただければ幸いです。

なお、ご不明な点につきましては引き続き電話等でお問い合わせください。

これからいよいよ寒くなってくることと思いますので、受験生の皆さんは風邪などひかないよう、そして、自分の力を信じて頑張ってください。

高校邦楽祭開催

昨日、高校邦楽祭が埼玉会館で開催されました。

歴史と伝統あるこの邦楽祭も、お陰さまで43回目を迎えることができました。

また、今回は令和初の邦楽祭となり、奇しくも令和1年目の1、そして11月11日ということで1がたくさん並んだ日の開催となりました。

本校からは琴部、長唄部、能楽部、日本舞踊同好会が参加し、日頃の練習の成果をしっかり披露してくれました。

これからも我が国が世界に誇る伝統を後世に伝えていってほしいと思います。

 

2・3年生保護者会開催

先週の土曜日に2・3年生保護者会を開催いたしました。

大勢の保護者の皆様にご参加いただき、誠にありがとうございました。

2年生につきましては12月の修学旅行関係を中心に、3年生につきましては大学入試関係を中心に、情報提供をさせていただきました。

その他にも様々な内容が資料に記載されておりますので、是非、ご覧いただければと思います。

また、保護者会資料ではありますが、お子様にもお見せいただきご家庭で話題にしていただければ幸いです。

 

SSH全校講演会開催

昨日は、東京大学国際高等研究所カブリ数物連携宇宙研究機構(Kavli IPMU)の横山広美先生をお招きし、SSH全校講演会を開催しました。

横山先生は、科学技術社会論に基づいた現代科学論・科学コミュニケーション分野を研究されていらっしゃるということで、今回の御講演では豊富なデータを提示していただきながら、御説明をしてくださいました。

大学で物理系学科を専攻する女子学生が少ないという現実を踏まえて、その背景や高校生に望むことなどもわかりやすくお話しいただいたので、生徒一人一人が自分の将来を考える上で、とても参考になったと思います。

本校で実施するSSHやSGHの取組は進路指導にも直結しています。

 

秋季スポーツ大会開催

昨日で中間考査も終了し、24日・25日の2日間は秋季スポーツ大会です。

3年生にとっては最後のスポーツ大会ということで、是非、思い出に残るものにしてほしいと思います。

1・2年生もクラスや団の力を結集して臨んでください。

ラグビーワールドカップのように、選手と応援する者が一体になることでスポーツの醍醐味を味わうことができるでしょう。

怪我に気を付けて、フェアプレイの精神で頑張ってください。

校章の由来1

校長室の資料を調べていましたら、「校章の由来」という文書が出てきました。

大正13年の頃、第10代校長が、当時、袴の帯にバックル(直径5cm強)として付けていた大きな校章を、胸につけられるような小さなものにしたいと考えられて、胸章を作ることを発議されたとのことでした。

本校の胸章は、他校のものに比べると大きめですが、このような経緯があったのだと気づきました。

現在、正門と校舎(3号館)を正面から見ますと、校舎に一つ、正門の両側に一つずつ、校章が設置されています。

正門の改修に合わせて設置したと記憶しています。

校章を大切にしている一女です。

さて、今日から中間考査が始まりました。

日頃の学習を振り返って、しっかり定着させる機会としてください。

 

体育の日

10月10日と言えば、いまだに「体育の日」を思い浮かべてしまいます。

高校生の皆さんにとっては、生まれた時から10月の第2月曜日が「体育の日」ですので、まったくピンとこないかもしれません。

1964年の東京オリンピック開会式が10月10日に開催されたことに由来するということを、当時の子供はみんな理解していました。

また、10月10日というと晴れの日が多いということも実感していたと思います。

強い台風が近づいてきているとは思えない、今日の穏やかな天気はやはり10月10日の天気だと思います。

1週間後には、いよいよ中間考査が始まります。

各教室、自習室、自習スペースでは、大勢の生徒が放課後も勉強しています。

皆さん、頑張ってください。

 

 

第3回学校説明会・浦和コミュニティセンター発表会

先週の土曜日は、第3回学校説明会を開催いたしました。

お忙しい中、来校していただきまして誠にありがとうございました。

今回は、オープニングで音楽部の演奏をお聞きいただきました。

音楽部は今年も全国大会への切符を手にしております。

今は1年間を通して最も高い力を身に付けている時期です。その歌声を2曲だけでしたが、お聞きいただけて良かったと思っております。

また、土曜日・日曜日の会期で、浦和コミュニティセンター主催の地域連絡協議会協力校発表会が開催され、本校の文化系部活動8団体が参加させていただきました。

ステージ発表、展示発表ともに素晴らしい会場で発表させていただき、誠にありがとうございました。

 

ヒガンバナ

本日も日中は気温が上がり、秋らしからぬ暑さとなりました。

今、校地内のあちらこちらにはヒガンバナが咲いています。

今年はお彼岸の時期を過ぎてから、少しずつ咲き始めました。

この花を見るたびに、なぜ葉がないのにあれだけ見事な花を咲かせることができるのだろうと思っていましたが、調べてみてなるほどと思いました。

花が咲いた後に葉が伸びるのだということです。

このことから、「葉見ず花見ず」という別名があることも知りました。

この後、花が咲いている場所を忘れないようにして、葉も見てみようと思います。

後期スタート

本校は2期制の学校ですので、9月までが前期、10月からが後期となります。

始業式は時間割等の都合で昨日行いました。

夏の暑さほどではありませんでしたが、体育館に全校生徒が入るとまだ暑さが感じられました。

式の後、生徒会役員認証式が行われ、いよいよ新体制がスタートです。

よりよい一女を目指して、活躍してほしいと思います。また、旧役員の皆さん、本当にお疲れさまでした。

その後、今回も多くの生徒の表彰披露を行い、壮行会も実施しました。県、関東、全国とステージが変わる中で、一女生はさらに進化していくことと思います。

話は変わりますが、先週末、3年生のフードデザインの授業でつくったアップルケーキを試食させていただきました。写真に撮って紹介をと思っていたのに、ついうっかり食べてしまいました。とてもとても美味しいケーキでした。

ごちそうさまでした。

華道部の活動

今回は2作品を紹介させていただきます。

左の作品は、ケイトウ、レザーファン、石化エニシダとのことです。

写真を撮るのが少し遅れてしまったため、ケイトウの葉が元気をなくしてしまいました。

これからはできるだけ早く写真を撮らせていただきます。

いつも持ってきたもらった時に名前を教えてもらうのですが、

石化エニシダと聞いて、何かの聞き間違いかと思いました。

その都度、インターネットで調べています。

右側の作品は、バラとコリヤナギ(コウリヤナギ)です。

コリヤナギは漢字で「行李柳」と書きますが、こちらもネットで調べるといろいろありました。

名前を聞いてすぐに「柳行李」を思いつきましたが、やはり関係があるようです。

ただ、生徒たちは「柳行李」という日本ならではの収納ケースのことは知らないでしょうね。

      

第2回学校説明会開催

先週の土曜日は、第2回学校説明会を開催いたしました。

中学生の皆様は勉強時間を割いて、保護者の皆様にはお彼岸のお忙しい時期に、本校の学校説明会にお越しいただきまして誠にありがとうございました。

皆様への御挨拶を考えている時に、日頃、本校の生徒に伝えていることをそのままお伝えしたいと思いました。現在の一女生への想いも未来の一女生への想いも同じだと気付いたからです。

また、今回の学校説明会では、学校説明、在校生と卒業生によるパネルディスカッション、教職員と生徒による相談会、授業・部活動等見学、ビデオ上映、マンドリン部の演奏など、少しでも一女の良さを知っていただければと企画いたしました。

今後もアンケートを参考にさせていただきながら、さらに説明会の内容については工夫を凝らしてまいりたいと思います。

限られた時間でしたので、御不明の点もあったのではないかと思います。

是非、配布資料にも目を通していただければ幸いです。

土器学習用キットの借り受け

昨日、県埋蔵文化財調査事業団のお取り計らいにより、学習用キットを借り受けました。

学習用キットとは、埼玉県内で発掘された本物の埋蔵文化財を使って郷土の学習をより深めるための貸し出し教材です。

学習の目的に合わせて時代や地域などの多様なセットから選べるということで、今回は奈良・平安時代の末野遺跡のものをお借りいたしました。

レプリカでは味わえない感動を体験することができます。

お聞きしたところによりますと、高校への貸し出しは珍しいとのことでした。

素晴らしい教材を貸し出していただきありがとうございました。

華道部の活動

華道部の作品を届けていただきました。

今回の花は、ハマナス、スターチス、カスミソウ、ワレモコウ、アスターとのことでした。

これまで、3年生の皆さんが作品を届けてくれましたが、一女祭が終了し、いよいよバトンタッチの時期とのことです。

本当にきれいな花をありがとうございました。

一女祭の展示も見させてもらいましたが、大胆かつ繊細な作品が多数ありました。是非、3年生の皆さんには今後も長く華道を続けてほしいと思います。

 

台風一過

今日は朝から台風の影響で交通網が遮断されました。

昨晩から交通に関する情報が上がり始めましたので、本校でも朝を待たずに対応をHPに上げました。

その後、夜中から朝にかけて風雨が強くなり、思っていた以上の激しさとなりました。

コンパクトな台風ということではありましたが、どのような台風も油断はできないと改めて実感した次第です。

台風に限りませんが、非常時には安全第一で対応していただきたいと思います。

また、この度、HPやメールのシステムダウンなどご迷惑をおかけいたしましたことをお詫び申し上げます。

一女祭を終えて

今年の一女祭ではHPの更新を頻繁に行いましたので、ご覧いただいた皆さんには一女のいろいろな面をご理解いただけたかと思います。

写真もたくさん掲載させていただきました。

その中でも私が好きな1枚は9月2日の「一女祭 完走しました!」の写真です。

原状復帰にあたって、大勢の生徒が階段清掃に取り組んでいる様子です。

階段のすべり止めの溝まできれいにしていました。

校舎を大切にする姿勢が感じられてとても嬉しく思います。

また、今年の一女祭ではご来場いただいた皆様にきれいな空間を提供できるよう、こまめにごみの回収を行いました。

展示等で利用した資材のリサイクルなども含めて、環境に配慮した取組が大切であると考えています。

一女祭2日目

2日間、天候にも恵まれ一女祭を終了することができました。

予報では雨マークがつていましたが、文実長さんは「天気予報は信じません。」と断言していました。

思いが通じて本当によかったと思います。

大勢のお客様をお迎えすることができましたことを心から嬉しく思っております。

来場された皆様には一女生の「おもてなし」の心は届きましたでしょうか。

来年もお待ちしております。