校長日誌

華道部の活動

新型コロナウイルス感染症の再拡大が急速に進む中、1月15・16日には共通テストが実施されました。

引き続き、各自が感染防止対策を徹底して、持てる力をいかんなく発揮してほしいと思います。

さて、今回の作品は黄色の花がガーベラ、枝物がアズキヤナギ、葉物がルスカスとのことです。

前回の作品は横幅がありましたが、今回の作品は縦への動きが大きな作品だと思います。

黄色くて花びらが小さかったので、マリーゴールドかと一瞬思って尋ねたところ、ガーベラと聞いて驚きました。

また、葉と花が一体化していたので、葉はガーベラの葉かと思いましたが、ルスカスとのことでこちらも驚かされました。

 

華道部の活動

令和3年の授業日も残すところあと一日となりました。

振り返りますと、今年も新型コロナウイルス感染症の影響を大きく受けた一年でした。

少しでも早く感染不安のない日々を迎えられればと思います。

さて、今回の作品はピンク色の花がストック、枝物がヒメミズキ、そしてヒバとのことです。

私が記憶している限りでは、最も横幅のある作品だと思います。撮影する際に初めてスマートフォンを横にして撮影しました。

ストックの華やかな色合い、左右に張り出したヒメミズキの大胆さ、クリスマスリースにも使われているヒバがうまく調和していると思います。

今回から1年生が2年生と一緒に届けてくれました。これからもよろしくお願いします。

     

華道部の活動

毎回素敵な作品を届けていただいていますが、今回は指導にあたっていただいている講師の先生からクリスマスリースを直接届けていただきました。

誠にありがとうございました。

様々な素材が用いられていますが、その中に先日の作品でも用いられていたセッカンスギを発見しました。

街中でも少しずつクリスマスムードが高まりつつある中、思いがけず校長室もクリスマスリースで華やかになりました。

 

双葉幼稚園の皆さん来校

昨日、ご近所の双葉幼稚園さくら組の皆さんが来校されました。

毎年、この時期に訪問してくださいます。

今年もたくさんのみかんとメッセージカードをプレゼントしていただきました。

みかんは園庭の木から採ってくださったものです。

園児の皆さんの明るさに元気も一緒にいただきました。

本当にありがとうございました。

 

華道部の活動

本日は学校説明会を開催しました。大勢の皆様にお越しいただき誠にありがとうございました。

毎回、アナウンス部作成の学校紹介動画を上映していますが、今回から新しいバージョンとなりました。一女の生活を知っていただく上で、参考にしていただけましたら幸いです。

さて、今回の作品はスプレーギク、アイリス、コウリヤナギです。

アイリスとコウリヤナギは前回と同様ですが、スプレーギクがセッカンスギと入れ替わりました。スプレーギクは茎から小枝がスプレー状に広がって多数の花を咲かせています。

たった一種類入れ替わるだけで全く印象が異なるものだと、あらためて実感しました。

 

 

華道部の活動

今回の作品は、紫色の花がアイリス、長い枝はコウリヤナギ、緑色の枝物がセッカンスギとのことです。

アイリスはアヤメ科の多年草ということですが、アヤメといえば春から初夏というイメージがありましたので、この時期の紫の花はインパクトがありました。

コウリヤナギは2年以上前にも届けてもらいました。「行李柳」と書きますが、「行李」とは竹や柳などを編んで作ったかごのことで、昔は押入れの中にありましたが、今はプラスチック製の収納ケースにとってかわられたという印象があります。

セッカンスギは「雪冠杉」と書きます。先端の部分の色が変わっていて、見る角度によっては星の形にも見えます。

 

 

華道部の活動

今回の作品は、カーネーションとキンポウジュとのことです。

カーネーションと聞くと、つい5月の第2日曜日の「母の日」を結び付けてしまいますが、通年で楽しむことができます。

昨年の11月27日にもカーネーションを届けてもらいました。

1年前といえば、浦和駅との連携企画である「URAWA EXPO 2020」を令和2年10月31日(土)から約3週間にわたって開催させていただきました。あれから1年と考えますと月日が経つのはあっという間だと感じます。

ちなみに、校長室には120周年を記念して作成したポスターを今も掲示しています。

また、期間中展示されていた「あひる像」は生徒会室の前で生徒を見守ってくれています。

 

華道部の活動

10月9日(土)の学校説明会には大勢の皆様にお越しいただき誠にありがとうございました。今年は追加の説明会も予定していますので、本校に興味がある方には是非御参加していただければ幸いです。

さて、今回の作品は、スカシユリとサンゴミズキとのことです。

スカシユリは蕾の状態で持ってきてもらいましたが、花弁の下の方に隙間があることから「スカシ」の名があるとのことですし、鮮やかなオレンジ色の花が上向きに花を咲かせるとのことなので開花した様子を是非見てみたいと思います。

サンゴミズキは赤い枝がサンゴのように見えるのでこの名があるようですが、この枝は年中赤いわけではないとのことです。葉が落ちた後から少しずつ赤く染まって来るとのことでそのタイミングで生け花に使われるそうです。

 

華道部の活動

緊急事態宣言が解除され分散登校も終了しました。

分散登校中は本校でもオンラインによる同時双方向型の授業配信を行い、学びの保障に取り組みましたが、大きな支障もなく実施できたことを嬉しく思っています。

オンラインの活用は今や必要不可欠となりましたが、対面の良さも改めて実感しているところです。

さて、今回の作品は、シロリンドウとニシキギとのことです。

リンドウは「竜肝」とのことで、生薬としても使われるそうです。「熊の胆」よりも苦いとのことですので、かなり苦い薬ということなのでしょうか。

ニシキギは「錦木」とのことで、紅葉の美しさが魅力とのことです。今回の作品も少しだけ色づいているようです。

   

 

 

文化祭開催・華道部の活動

本校では、9月4・5日で文化祭を開催しました。

生徒と教職員のみの文化祭でしたが、感染防止対策を徹底したうえで、できる限りの工夫をしてくれました。

3年生だけが一女祭を経験したことがあったわけですが、この度、開催できたことで1・2年生にノウハウを継承することができました。

学校行事をとおして多くのことを身につけてほしいと願っています。

さて、今回の作品は、華道部の出品作品を活用して校長室用に生けてくれた作品です。

ヒマワリ、ケイトウ、クジャクソウと盛りだくさんですが、ヒマワリの下の花は何かと尋ねたところ、早速、スマートフォンで写真を撮って画像検索をしてくれました。

グロリオサとのことです。

本当に便利な世の中だと実感しました。

2日間、お疲れさまでした。

 

華道部の活動

7月7日で前期期末考査が終了し、テスト返却の午後に1・2年生は運動会を開催し、2種目でしたがみんなで体を動かしました。

最近は不安定な天候が続いていますが、そろそろ梅雨明けが近づいているようにも思います。

さて、今回の作品は、バラ、背の高い紫色の花がリアトリス、黄色の小さな花がキノブラシとのことです。

バラはすぐにわかりましたが、リアトリスとキノブラシはまじまじと眺めました。

リアトリスの方はインターネットで多くの情報が得られましたが、キノブラシの情報はほとんどありませんでした。

「ブラシ」に関係するのかなど、キノブラシの名前の由来が気になりましたが、結局わかりませんでした。

 

        

 

華道部の活動

先週は体育祭、今週は生徒総会・討論会など学校行事が続きました。今週は雨も多くなりましたので、先週のうちに体育祭ができて本当によかったと思います。

さて、今回の作品は、オレンジ色の花がケイトウ、緑の濃い葉がソケイ、長い茎や葉のものがヒメガマとのことです。

ヒメガマの長さを利用した大胆な生け方だと思います。

また、ケイトウは毎年この時期に届けてくれる花です。2年前に「私は子供の頃、ケイトウをケイト(毛糸)と思い込んでいました。花のふわふわしている様子から勝手に毛糸を結び付けていたためです。」と記させていただきましたが、今回、花を届けてもらった時にも同様の話になり、懐かしく思い出しました。

ちなみに、ケイト(毛糸)ではなく、ケイトウ(鶏頭=ニワトリのとさか)と知った時に、私は多少ショックを受けましたが、届けてくれた華道部の生徒はどう感じたのだろうと思いました。

     

華道部の活動

昨年度は、4月と5月が臨時休業で6月に入ってようやく分散登校を行いました。今年も新型コロナウイルスの影響を強く受けてはいますが、感染防止対策を徹底しながら教育活動が展開できていることを嬉しく思います。

さて、今回の作品は、ピンク色の花がシャクヤク(芍薬)、葉ものがニューサイランとのことです。

シャクヤクは花の美しさが讃えられるばかりではなく、その根が漢方薬の材料としても用いられるなど、様々な魅力を兼ね備えた花だと言えます。

大きく開花した花の他に6つの蕾があり、この状況を鑑賞するのだと思いますが、もし、すべての蕾が開花したらどのような状況になるのだろうと、ふと想像してしまいました。

ちなみに、ニューサイランも様々に活用できるようで、その根を焼いてすりつぶすとシップ材になるそうです。

     

 

御来校いただきありがとうございました

先週の土曜日は、4限に保護者対象の公開授業、午後は3学年保護者会・クラス懇談会、PTA各部会、PTA・後援会合同理事会と保護者の皆様には大変お世話になりました。

3学年保護者会や合同理事会は体育館で開催しましたが、5月とは思えない暑さで御負担をおかけし申し訳ございませんでした。

3学年の保護者会では進路に関する説明を中心に全体会を開催しましたが、卒業生による座談会も行いましたので、お子様がどのようなことを考えているかということについて参考にしていただけたのではないかと思います。

また、PTA関係につきましては、6月5日の総会に向けて御準備いただきました。

総会当日は、1・2年生の保護者会も予定していますので、無事に開催できればと願っています。

 

華道部の活動

今回の作品は、ピンク色の花がカンパニュラ、黄色の花がソケイ、葉ものがギボウシとのことです。

今回から2年生が届けてくれることになりました。3年生の皆さんには校長室を明るくしてくれて感謝しています。花の名前もたくさん教えてもらいました。2年生の皆さんもよろしくお願いします。

さて、今回も初めて聞く名前ばかりでした。

カンパニュラはラテン語で釣り鐘を意味するとのことですが、確かに花の形が釣り鐘にそっくりです。ソケイは中国名で、素馨と書くとのことです。いわゆるジャスミンということで小さな花ですが香りがあります。

 

華道部の活動

 

今回届けていただいた作品は、赤色の花がスプレーカーネーション、青色の花がデルフィニウム、葉ものがレザーファンとのことです。

スプレーカーネーションのスプレーとは、1本の茎に数輪の花がついていることを意味するそうです。5月の第2日曜日が母の日ということで、この時期には通常とは異なって、フラワーアレンジメントの作品をつくって持ち帰っているそうです。カーネーションと言えば今回の作品のように赤色が定番と思っていましたが、アメリカで母の日が始まった時には白いカーネーションだったとのことです。

また、デルフィニウムという名前はイルカに由来するそうです。

 

 

華道部の活動

今回の作品は、ガーベラ、スターチス、ヤマブキとのことです。

久しぶりにお花を届けていただきました。

写真ではわかりにくいのですが、ガーベラの花がそれぞれ異なる方向を向いているところが素敵だと思いました。

昨日、たまたま通りかかった花屋さんに「4月18日はガーベラの日」と書いてありました。

店先のガーベラは色とりどりでとてもきれいでした。

また、ヤマブキと言えば山吹色を思い浮かべますが、今回のヤマブキの花はきれいな白色でした。これもまた少し気になったところです。

      

終業式を迎えて

今年度は新型コロナウイルスの影響により様々な対応が求められた一年となりました。

昨年の3月は臨時休業のため終業式を行うことができませんでしたが、今年はオンラインで各教室に配信する形で実施することができました。

制限がある中でもできることが少しずつ増えてきていることは嬉しく思います。

終業式後には桜の前で写真を撮っている生徒の様子がとても和やかでした。

新年度も感染防止に努めながら一女の教育を積極的に展開してまいります。

 

 

一女の歴史

今年度は本校にとって創立120周年の記念すべき年です。

残念ながら新型コロナウイルスの影響を受けて、記念式典をはじめとする多くの記念行事が中止となりました。

ただ、創立100周年以降の20年間の歩みをまとめた記念誌は、昨年の11月に刊行することができました。

創立100周年は2000年でしたが、その際には「百年誌ゆうかりとともに」が刊行され、今でも本校の歴史を知るうえで貴重な資料となっています。

その百年誌の1911年(ちょうど110年前)のページを見ますと、現在の場所に移転し校舎が新築されたことが記されています。

110年間の長きにわたって一女はこの地に根付いています。

当時の写真を見ますと校舎の前は一面の桑畑です。

時の流れを感じることができます。

年の暮れを迎えて

12月25日から冬季休業に入りました。

24日の全校集会でもお話をしましたが、今年は3月2日から臨時休業となり、そこからは年度をまたいで新型コロナウイルス対策に追われる1年でした。

その中でも、一昨年までとは異なる新しい取組が多く行われました。

ここにきて感染拡大が心配される状況ですが、基本的な防止対策をしっかり講じつつ、一女の教育を前進させたいと思います。

来年も一層の御理解と御支援を賜りますよう何卒よろしくお願いいたします。