校長日誌

終業式を迎えて

今年度も新型コロナウイルス感染症の影響により様々な対応が求められる一年となりました。

第6波では県内で一日あたり七千人の感染者数となる日もありましたが、学校を閉じることなく教育活動を行うことができたことは嬉しく思います。

生徒の様子を見ているとマスクをしていることを除けば、ごく普通の毎日を過ごしているようにも見えましたが、ひとたび感染が身近なものになると緊張感が走る毎日でした。

コロナ禍はまだまだ続くでしょうが、新年度も学校全体で感染防止対策を講じていきたいと思います。

 

華道部の活動

今回の作品は紫色の花がストック、葉物がキンコウバイ、そしてネコヤナギとのことです。

ストックと言いますとスキーのストックを連想しますが、スキーのストックという言葉はドイツ語だということを初めて知りました。

ネコヤナギについては、自然とその花穂から猫を連想しますが、地域によっては犬や牛にちなんだ名前もあるとのことです。

ネコヤナギが校長室にやってきたことで、立春にあわせて春の訪れを感じさせてくれました。

華道部の活動

今回の作品は黄色の花がスイセン、枝物がキイチゴとのことです。

スイセンはこの季節にあちらこちらで見かけます。今朝も学校に来る際に道路脇で白いスイセンが群生しているのを見かけました。きれいな花ですし香りもよいのですが、毒があると聞きますとドキッとします。

キイチゴは「木苺」ということで実をつけるわけですが、今回の子(華道部の生徒が一本一本に対して「この子は・・・」と言っていたことが印象的でした)は葉だけで実はついていませんでした。

 

 

 

華道部の活動

新型コロナウイルス感染症の再拡大が急速に進む中、1月15・16日には共通テストが実施されました。

引き続き、各自が感染防止対策を徹底して、持てる力をいかんなく発揮してほしいと思います。

さて、今回の作品は黄色の花がガーベラ、枝物がアズキヤナギ、葉物がルスカスとのことです。

前回の作品は横幅がありましたが、今回の作品は縦への動きが大きな作品だと思います。

黄色くて花びらが小さかったので、マリーゴールドかと一瞬思って尋ねたところ、ガーベラと聞いて驚きました。

また、葉と花が一体化していたので、葉はガーベラの葉かと思いましたが、ルスカスとのことでこちらも驚かされました。

 

華道部の活動

令和3年の授業日も残すところあと一日となりました。

振り返りますと、今年も新型コロナウイルス感染症の影響を大きく受けた一年でした。

少しでも早く感染不安のない日々を迎えられればと思います。

さて、今回の作品はピンク色の花がストック、枝物がヒメミズキ、そしてヒバとのことです。

私が記憶している限りでは、最も横幅のある作品だと思います。撮影する際に初めてスマートフォンを横にして撮影しました。

ストックの華やかな色合い、左右に張り出したヒメミズキの大胆さ、クリスマスリースにも使われているヒバがうまく調和していると思います。

今回から1年生が2年生と一緒に届けてくれました。これからもよろしくお願いします。

     

華道部の活動

毎回素敵な作品を届けていただいていますが、今回は指導にあたっていただいている講師の先生からクリスマスリースを直接届けていただきました。

誠にありがとうございました。

様々な素材が用いられていますが、その中に先日の作品でも用いられていたセッカンスギを発見しました。

街中でも少しずつクリスマスムードが高まりつつある中、思いがけず校長室もクリスマスリースで華やかになりました。

 

双葉幼稚園の皆さん来校

昨日、ご近所の双葉幼稚園さくら組の皆さんが来校されました。

毎年、この時期に訪問してくださいます。

今年もたくさんのみかんとメッセージカードをプレゼントしていただきました。

みかんは園庭の木から採ってくださったものです。

園児の皆さんの明るさに元気も一緒にいただきました。

本当にありがとうございました。

 

華道部の活動

本日は学校説明会を開催しました。大勢の皆様にお越しいただき誠にありがとうございました。

毎回、アナウンス部作成の学校紹介動画を上映していますが、今回から新しいバージョンとなりました。一女の生活を知っていただく上で、参考にしていただけましたら幸いです。

さて、今回の作品はスプレーギク、アイリス、コウリヤナギです。

アイリスとコウリヤナギは前回と同様ですが、スプレーギクがセッカンスギと入れ替わりました。スプレーギクは茎から小枝がスプレー状に広がって多数の花を咲かせています。

たった一種類入れ替わるだけで全く印象が異なるものだと、あらためて実感しました。

 

 

華道部の活動

今回の作品は、紫色の花がアイリス、長い枝はコウリヤナギ、緑色の枝物がセッカンスギとのことです。

アイリスはアヤメ科の多年草ということですが、アヤメといえば春から初夏というイメージがありましたので、この時期の紫の花はインパクトがありました。

コウリヤナギは2年以上前にも届けてもらいました。「行李柳」と書きますが、「行李」とは竹や柳などを編んで作ったかごのことで、昔は押入れの中にありましたが、今はプラスチック製の収納ケースにとってかわられたという印象があります。

セッカンスギは「雪冠杉」と書きます。先端の部分の色が変わっていて、見る角度によっては星の形にも見えます。

 

 

華道部の活動

今回の作品は、カーネーションとキンポウジュとのことです。

カーネーションと聞くと、つい5月の第2日曜日の「母の日」を結び付けてしまいますが、通年で楽しむことができます。

昨年の11月27日にもカーネーションを届けてもらいました。

1年前といえば、浦和駅との連携企画である「URAWA EXPO 2020」を令和2年10月31日(土)から約3週間にわたって開催させていただきました。あれから1年と考えますと月日が経つのはあっという間だと感じます。

ちなみに、校長室には120周年を記念して作成したポスターを今も掲示しています。

また、期間中展示されていた「あひる像」は生徒会室の前で生徒を見守ってくれています。