校長日誌

羽鳥学園双葉幼稚園の皆さん来校

毎年、この時期にご近所の双葉幼稚園の園児の皆さんが果物を届けてくださいます。

今年は新型コロナウイルス感染防止のため、メッセージカードを届けてくださいました。

園庭のミカンもいただきましたが、とても大きくて驚きました。

園児の皆さんは明るく元気で、ひと時とても癒されました。

帰りがけに「一女に来る。」という力強い言葉が聞こえて嬉しく思いました。

 

創立120周年記念月間

本来であれば11月7日には創立120周年記念式典を予定していましたが、新型コロナウイルスの影響を受けて開催を断念しました。その他にも多くの記念行事を準備していたにもかかわらず中止せざるを得なかったことはとても残念に思います。

そうした中、記念誌は同窓会である麗風会と多くの皆様の御支援を賜り予定どおり刊行することができました。11月12日に麗風会よりいただいた「制服の変遷リーフレット及びクリアーファイル」と祝い菓子をあわせて生徒に配布することできました。

また、浦和駅での展示も本校としては120周年を記念する大イベントになりました。JRの皆様の御厚意で近隣の駅でも記念に作成したポスターを掲示していただいています。心から感謝申し上げます。

なお、写真の華道部の作品は、ガーベラ、アカメヤナギ、メジロスギです。

     

盛りだくさんの土曜日

本日は公開授業と保護者会(2・3年生)を開催させていただきました。

今年は学習成果発表会も体育祭も非公開とさせていただきましたので、保護者の皆様に来校していただく機会が減ってしまい申し訳なく思っております。

本日も人数制限を設けさせていただきましたが、体育館での学年保護者会は椅子の間隔を広くとったため、スペースをすべて使用しての開催となりました。

また、10月30日(金)から浦和駅での展示準備が行われ、31日(土)の夕方には大方の展示ができましたのでお帰りの際には全貌をご確認いただけたのではないでしょうか。

この度の「URAWA EXPO 2020 あひるの展覧会」の開催にあたっては、浦和駅の皆様に大変お世話になっております。30日の深夜に準備をしていただき、31日の朝、駅の様子ががらっと変わっていたことにはとても驚かされました。

なお、写真の華道部の作品は、ユリ、クジャクソウ、サンゴミズキです。

 

中間考査終了、体育祭・スポーツ大会実施

22日(木)で中間考査が終わり、みんなほっとしたことと思います。

23日(金)と26日(月)は体育祭と秋季スポーツ大会です。

本来ならば2日間ともスポーツ大会を実施する予定でしたが、6月4日(木)に実施するはずであった体育祭をこの時期に延期しました。

スポーツ大会を仕切るのは2年生、体育祭を仕切るのは3年生ということで、2年生と3年生が協力をして、感染防止対策を十分に考慮した計画を立ててくれました。

本日はあいにくの天気ですが、月曜日は是非晴れてほしいと思います。

 

華道部の活動

今回の作品は、カーネーションとギンバイカとのことです。

カーネーションは私でもわかりましたが、ギンバイカは初めて聞く名前でした。

漢字では銀梅花とのことで、白い花をつけるのだそうです。

ハーブとしても知られていて、葉っぱから香りが放たれるということでしたので試してみたところ、確かに普通の葉っぱとは全く異なる香りがしました。

今回のギンバイカの果実はまだ緑色ですが、黒っぽく熟すと甘みがあって食べられるとのことです。