校長日誌

邦楽邦舞専門部研究会開催

昨日は、川越市のやまぶき会館で県高等学校文化連盟邦楽邦舞専門部の

第35回研究会が開催されました。

本校からは琴部、長唄部、日本舞踊同好会が出場しました。

研究会とは言っても、毎年、保護者の皆様や一般の方など、

大勢のお客様がお越しくださいます。

昨日も会場は満員の状態でした。

やまぶき会館の舞台は比較的低いことから、

前の方の席で鑑賞しますと、とても臨場感があります。

運営が生徒主体でしっかり行われていたこと、

入部してまだ3ヶ月も経っていないのに1年生が活躍していたことなど、

とても感心しました。

第1回学校説明会開催

先週の土曜日は、第1回学校説明会を開催いたしました。

強い雨が降ると予想されていましたので開催が危ぶまれましたが、

大勢の皆様にお越しいただき誠にありがとうございました。

貴重な時間を割いて御出席いただくのですから、

できるだけ有意義な時間をお過ごしいただけるようにと企画させていただきました。

いかがだったでしょうか。

御挨拶で申し上げたことですが、一女の良さは

「ありのままの自分」で生活を送ることができるということです。

一人一人が思う存分自分をさらけ出して、

「自分はこんなこともできるんだ」ということを発見してもらいたいと思います。

浦和第一女子高校もさらに進化してまいりますので、

是非、その様子をご覧いただければ幸いです。

またのお越しをお待ちしております。

文化祭パンフレット

昨日の昼休みに一女祭三役の皆さんとパンフレット用の写真を撮りました。

体育祭の日以来、久しぶりの晴れた日でしたが、
梅雨の季節にもかかわらず、
よく予定どおりの日程で撮影ができたものだと感心しました。

2か月半後にはいよいよ文化祭です。

その時にどのような写真が採用されるのか楽しみです。

華道部の活動

昨日、華道部の3年生の生徒が作品を持ってきてくれました。

今回は正面の角度を教えてもらいましたので、

スムーズに写真を撮ることができました。

赤い花がケイトウ、黄色の花がユリ、背の高い葉がレンギョウとのことでした。

私は子供の頃、ケイトウをケイト(毛糸)と思い込んでいました。

花のふわふわしている様子から勝手に毛糸を結び付けていたためです。

ケイト(毛糸)ではなく、ケイトウ(鶏頭=ニワトリのとさか)と知った時には、

多少ショックを受けた思い出があります。

この後、ユリが開いてきますと趣が変わってくるのではと楽しみにしています。
いつもありがとうございます。

  

 

 

     

学校案内完成

今年度の学校案内は4ページ増やしました。

1ページの沿革では埼玉県高等女学校時代の写真を掲載し、

古き時代の授業風景を紹介しています。

また、1・2ページ目には「各界で活躍する先輩方」のコーナーを設けました。

児童文学の第一人者として有名な石井桃子さんをはじめとして、

5名の方を紹介させていただきました。

その他、授業、SSH・SGH、進路指導、進路実績、行事・学校生活、部活動など

盛りだくさんの内容です。

6月15日(土)に開催する学校説明会で配布いたしますので、

一女を知るきっかけにしていただければと思います。

それでは、来校をお待ちしております。