校長日誌

関東高P連大会

7月12日(金)、13日(土)に関東高P連大会が行われました。

会場の大宮ソニックシティには関東地区高等学校PTAの皆さんが多数お集まりでした。

12日の全体会には本校PTA3名の皆さんと参加させていただきました。

アトラクション、開会式、表彰式、大会宣言文採択などが行われた後、

本校の卒業生である向井亜紀さんの記念公演が行われました。

「夢が生きる力になる」という演題で語られたお話は参加者を感動させるものでした。

本校在学当時のお話もお聞きすることができ、とても身近に感じました。

13日は分科会が行われ、本校は第1分科会の受付を担当しました。

当日は役員として3名、分科会参加者として4名の方が対応してくださいました。

皆さん本当にお疲れさまでした。

芸術鑑賞会開催

昨日は芸術鑑賞会が開催されました。

今年はビッグバンドによるジャズを鑑賞しました。

誰もが知っている曲をたくさん演奏していただきましたし、

ジャズの楽しみ方を体感しながら教えていただきました。

校歌をジャズ風にアレンジしていただいたり、

生徒とともに演奏していただいたりと本当に楽しいひと時でした。

今回の芸術鑑賞会をきっかけにして、ジャズに興味を持ってもらえたと思います。

運営にあたった学芸委員の皆さんお疲れさまでした。

1年生水泳大会

昨日は1年生水泳大会が開催されました。

水泳大会日和とは言えませんでしたが、水しぶきをたくさん上げて、

白熱した戦いを見せてくれました。どのクラスも本当によく頑張ったと思います。

特に1年5組は優勝おめでとうございます。

水を味方にできたことが勝因ではないかと思います。

今回、リレーを見ていて驚いたのは、

何人もの人が25mクロールを息継ぎなしで泳いでいたことです。

すごいと思いました。

実行委員の皆さん、お疲れさまでした。

2・3年生の皆さん、支えてくれてありがとうございました

学校保健ニュース高校版

保健室前の掲示板に「学校保健ニュース高校版」が数枚掲示されています。

その中の1枚は「心を鍛えるにはどうすれば?」というタイトルのものです。

ソフトボール部の練習風景の大きな写真とともに、

試合でよい結果を出すためには、心も鍛える必要があるとあります。

そして、ポイントは

「全力で取り組む」「仲間と力を合わせる」「練習以外のことも大切にする」

ということだそうです。

進路実現に向けても通じることのように思います。

梅雨明けはまだ

気象庁の記録によりますと、関東甲信越の昨年の梅雨明けは6月29日頃ということでした。

6月中の梅雨明けというのは1951年以降の記録では昨年だけです。

昨年の印象が強いせいか、今年はなかなか梅雨が明けないと感じますが、

一昨年は7月6日頃、その前の年は7月29日頃ということでばらつきがあるようです。

今週の天気予報を見ると、まだ梅雨が明ける様子はなさそうです。

さて、全日制は今日で考査が終了しました。お疲れさまでした。

定時制は10日(水)まで続きます。

少しずつ夏季休業が近づいてきていますが、

長期の休みを有効に使う計画を立ててほしいと思います。