【競技かるた部】学習成果発表会で発表しました!

競技かるた部です。

文化祭が中止となり、代替としての学習成果発表会に競技かるた部2年生が参加しました。

部員数を頼みにして、4つの教室を会場にして発表しました。

「かるた学園」に入学した生徒が、かるたの先生からルールを教わり、実際に試合をして成長していくという青春ストーリーとなっていました。

黒板に使用する札の決まり字を書き、出札、空札、お手つきなど、基本的なかるたのルールを説明しながら、初めて競技かるたの試合を見る人にもわかりやすく、競技かるたの魅力を伝えられるように工夫しました。

 

白衣を着た先生役と、文化祭のために部で作ったTシャツを着る生徒役の生徒。

 

かるたの先生が白衣を着ているのは謎です・・・。

 

黒板には「場にある札」として「め、ほ、せ、しら・・」等の決まり字と、「自陣・敵陣」「3列、25枚」等の並べ方が書いてあります。

 

こうした脚本も部員が全て考えて発表しました。

 

 

実際の試合の様子を見学してもらいました。

 

読手の読みに合わせて、選手が決まり字で札を払うと、見ている人からは「早いっ!」などの声があがりました。

 

普段の畳ではなく、この日は教室にゴザを引いて発表したので、少し取りづらかったです。

発表を終えて見学者からは、「初めて競技かるたの試合を見てみて、予想以上に激しいと思いました。」との感想をもらいました。