【競技かるた部】高校選手権(団体戦)埼玉県予選準々決勝

こんにちは。競技かるた部です。

6月8日(火)、9日(水)の2日間に分けて第32回埼玉県高校かるた大会(団体戦)埼玉県予選が4回戦準々決勝まで行われました。過去最多の30校45チームのべ324人が参加しました。この大会の優勝校が今年の高校選手権(団体戦)に出場します。浦和一女競技かるた部A、B2チームが参加しました。

8日(火)は第4シードの浦和一女Aチームが2回戦から出場しました。

2回戦 浦和一女A 5-0 春日部女子A

3回戦 浦和一女A 5-0 大宮B

4回戦 浦和一女A 5-0 本庄東

途中危ない場面もありましたが、ベスト4に進出し、11日(金)に行われる準決勝進出を決めました!

 

 

 

 

 

 

9日(水)は浦和一女Bチームが1回戦から出場しました。

1回戦 浦和一女B 5-0 国際学院

2回戦 浦和一女B 4-1 浦和実業

 

3回戦の東京農大第三高校Aチームとの戦いは稀に見る接戦となりました。

互いに2勝ずつ勝ち星を挙げている中で、あと1勝すれば4回戦進出となる運命の試合。3席の5将河端が残りあと3枚に対し、相手はあと1枚という劣勢の中、審判長の判断で特別に審判がつきました。フェアプレーの精神を重んじる競技かるたは、基本的に審判がつかず、選手同士がお互いに譲り合いながら試合を行いますが、このような大切な試合では時に審判がつくことがあります。緊張の中、自陣が読まれて、2枚ー1枚。

次も自陣が読まれて1枚ー1枚。運命戦となりました。

読手が最後の札を読み上げた瞬間、両選手ともに自陣を払いました。結果は・・・

「浦和一女B3勝!」河端の声が響き、4回戦進出となりました。

3回戦 浦和一女B 3-2 東京農大第三A

 

4回戦は第2シードの強豪星野高校Aチームとの1戦です。

2年前にも、さらにはそれ以前にも、星野高校Aチームに敗れており、先輩たちの気持ちを背負って、選手たちは試合に臨みました。

序盤は取って、取られてと調子よく試合を進めていましたが、じわりじわりと星野高校の選手が札を取っていきます。

6将植田が運命戦で1勝を挙げるのが精一杯、善戦空しく敗れました。

 4回戦 浦和一女B 1-4 星野A

浦和一女Bチーム ベスト8

 

11日(金)は浦和一女Aチームが第1シードの浦和明の星女子Aチームと準決勝で競います。応援宜しくお願いします。