【ソフトテニス部 関東高校選手権大会県予選会結果】

令和3年度関東高等学校体育大会ソフトテニス競技埼玉県予選会が行われました。

【個人戦の部】令和3年5月2日熊谷さくら運動公園で行われまし た。ベスト20が関東大会出場です。早船③下山③ペア、 宮島③小林③ペア、松浦③西村③ペア、齋藤③北島③ペア、小野澤②水越②ペアの5ペアが出場。雨、雷、強風という悪天候でしたが、どのペアも自分たちのテニスを精一杯発揮していました。今回も無観客、ベンチコーチなしの大会でしたが、後ろで見ていて、 技術面と精神面の成長と頼もしさを感じました。
結果は宮島小林ペア、松浦西村ペア、齋藤北島ペアは惜しくも初戦敗退。小野澤水越ペアは16本決めで負けて代表決定戦に臨みましたが残念ながら敗退。早船下山ペアは16本決めで負けて代表決定戦に臨み、1次戦2次戦と勝利し、6月宇都宮で行われる関東大会出場権を獲得しました。関東が決まったとき、いろいろな学校の先生方からお祝いの言葉をいただき、感極まる瞬間でした。

【団体戦の部】令和3年5月4日彩の国くまがやドームで第1日目が行われました。 ベンチ入りする選手は校内戦のベスト4に入った宮島③小林③ペア、小野澤②水越②ペア、早船③下山③ペア、小澤②中元②ペア。
2回戦深谷商業と対戦し、3-0で勝利。3回戦熊谷女子と対戦し 、2-1で勝利しベスト16に入りました。

団体戦2日目は5月8日東松山庭球場で行われました。ベスト4が関東出場権を獲得できます。ベスト4決めは12月のインドア選手権で負けた松山女子高校との対戦です。 プレッシャーのかかる試合でしたが、なんとか踏ん張ることができ、 団体での関東出場権を獲得ことができました。準決勝は優勝した埼玉平成高校、三位決定戦は上尾高校と対戦しましたが、 歯が立たず敗退。まだまだ県チャンピオンとは差があると実感。今後は基礎を固めつつ、テニスの一番の醍醐味である相手との駆け引きを楽しめるよう、練習を重ねていきます。
団体でも関東が決まって、いろいろな学校の先生方からあたたかいお言葉をいただきました。それが本当にありがたくうれしく感じます。今後も何事にも謙虚に全力で取り組み、応援してもらえるチームを目指していきます。

*** 出場選手の言葉 ***

個人、団体ともに関東大会への出場が決まり、とても嬉しく思います。個人戦も団体戦も自分達の調子が崩れる場面があり、苦しい試合が多かったですが、ペアと声をかけあって最後まで全力でプレーすることが出来ました。関東出場を決めた時の嬉しさや大会が開催されたことへの感謝を忘れずに、最後の大会まで一生懸命練習していきます。
早船詩織

最近3ゲーム取ってからファイナルに持っていかれる展開が多く、今回の大会でもやってしまったのが良くなかったです。しかしファイナルゲームでは持ち直して打つことができました。ずっとやってきた2人で関東大会の切符を掴めたので、本当に良かったです。 今の私に足りないところはポーチなのであと1ヶ月、全力で取り組んでできるようにしたいです。
下山千鶴

今回、個人では関東に出られず悔しく思っています。その気持ちをぶつけて精一杯戦って団体で関東出場を決められてとても嬉しいです。関東大会では自分の力を精一杯発揮して楽しくテニスができるよう、これからの練習にしっかりと取り組んでいきたいと思います。
小野澤あかり

個人戦では関東までもう少しという所で負けてしまい、とても悔しかったです。例えリードされていても落ち着いて取り返せる力の足りなさを痛感しました。駆け引きやサーブレシーブ等、まだまだ不出来な面が沢山あるので、しっかりと身につけていきたいです。 団体戦では、悲願の関東大会出場が叶い、とても嬉しいです。3番勝負で緊張しましたが、いつも以上に落ち着いて出来ました。せっかく掴んだこのチャンスを無駄にしないように、怪我や風邪に気をつけて、全力で挑んでいきたいと思います。
水越彩也香

個人戦では、初戦敗退となってしまいましたが、良い試合展開ができたと思います。
団体戦では、関東大会出場権が得られて嬉しく思います。県で活躍している選手と戦ってみて、自分にまだ足りないところがわかったので、次に生かせるように頑張りたいです。関東大会では、しっかりとサーブを入れたいです。
小林さくら

多くの強豪校と対戦し、学ぶことが沢山ありました。サーブレシー ブ等基本的なことを磨くだけで強い選手に少し近づけると思うので、関東大会までの期間で精度を高めて、練習したことを出し切った試合がしたいです。
宮島愛梨

県ベスト4に入り、関東大会の出場権を得られたことはとても嬉し かったです。関東大会までの1ヶ月間、技術面も行動面も磨いて頑張りたいと思います。
小澤沙弥

レベルの高い試合が見られて楽しかったです。
今後に活かしていきたいと思います。
中元珠稀

今回2度目の県大会出場でした。攻められて自分達のテニスが出来たかはわかりませんが、しっかり振り抜きサーブレシーブを丁寧に出来たので良かったです。 県大会に出られたのは先生方とチームのみんなのお陰です。ありがとうございました。
松浦のぞみ

今回の大会では、ファーストサーブが入った割合もかなり高く、比較的ミスも少なく抑えられて自分たちらしい試合ができたように思 います。またなによりも、ペアと2人で話し合って、考えて、2人で一本を取れるようになってきて、今まで約3年間やってきたことがちゃんと意味のあるものだったのだと強く実感することができました。改めて、たくさんの人の協力と応援とがあり、こうして県大会という場に代表として出場できたことを心から嬉しく思います。
西村芽衣

今回、県大会に出場して緊張からいつものプレーが出来ず悔しい気持ちもありました。ですが県大会の会場で楽しくプレーができたことがとても良かったです。とても貴重な経験ができました。
斉藤由奈

雷雨により一時試合が中断され、その後少し流れが変わってしまって悔しい部分もあったのですが、ペアと2人で1本取ることができたので良かったです。この大会での結果を次の大会に活かすことも出来ました。コロナ禍に無事最後の公式戦ができたことを嬉しく思い ます。
北島萌

 

 *** 部員全員集合 (関東大会個人戦認定証を授与されて) ***

 

 *** 団体戦表彰式後 東松山庭球場にて ***