【ソフトテニス部】新人大会南部地区予選結果 その2

***団体戦出場選手の声***

自分たちにとって初戦だった南稜戦では試合への入り方に反省すべき点が多くありました。立ち上がりがとても悪く自分たちのミスに苦戦し、結果相手に3ゲームも連取されてしまいましたが、徐々に挽回していけたのはよかったと思います。また、ダブル後衛が私自身初めてということもありセンターに打たれたボールを2人でお見合いしてしまうこともあったので、声を出してそういうミスをなくしていきたいです。今回の大会を通して見つけた自分に足りない点を意識し、これからの練習に取り組んでいきたいです。
釜口清音

ファーストサービスの確率が上がり、自分たちのポイントに繋げることができたのは良かったと思います。
今回の団体戦では、負けた試合から学ぶことが沢山ありました。相手のボールに対しての反応や、足の動き、打った後の構えなど基本的なところの徹底が足りないと感じました。また、センターに打たれたボールを見逃してしまったり、1歩出遅れてミ スをしてしまう場面が何度かありました。今後はペアとよく話し合って、センターに打たれたときの対応が上手くできるようにしたいです。自信をもって試合に臨めるよう日々の練習を頑張ります。
荒井莉々香

個人戦での反省を生かし、高さをつけたボールを使うことを意識しました。また、せった場面でもペアで話し合いゲームを取り切れるようになったので、さらにペアワークを強化していきたいです。県大会で上を目指せるように、日々の練習からチームで声をかけ合って高め合っていきたいです。
大久保真衣

団体戦で入賞でき、またどの試合もしっかり勝ちきることが出来て良かったです。個人戦からずっと、 ファーストサービスの確率が低く、サービスゲームを落とすことが多かったのが反省です。また、他の学校のプレーにおいてだけでなく、行動面でも見習うべき点が多かったので、日々の部活から周りを見て行動できるようにしていきたいです。
皆上天

準決勝の3番勝負で負けてしまったことが1番悔しいです。試合中は楽しい緊張感でプレーすることができてよかったですが、ファイ ナルのデュースまでいく長い試合で勝ちきれなかったのは私たちの課題だと思います。追い込まれた場面でも打点の声を出して手打ちにならないようにしたいです。県大会までは約1ヶ月あるので今回の悔しい気持ちを忘れずに負けないテニスができるように練習に集中して取り組みたいです。
杉田結愛

まず新人戦の団体戦で入賞できて良かったです。しかし岩商戦では私自身悔しい結果となってしまいました。初めての三番勝負で緊張もあり、サーブレシーブ、ポーチボレーなど全てのプレーにおいて消極的なのプレーになってしまったこと、すごく悔しいです。 そしてペア、チームに申し訳ないです。個人団体全体的に私には思い切りの良いプレーが足りないと思いました。精神面においては試合で今までやって来た練習を信じて打てる様に練習でもっと自信を付けたいです。最後にいつもご指導下さる先生方を含め周りの人への感謝の気持ちを忘れずプレーしたいです。
松尾華那

団体戦では、個人戦とはまた違う緊張感がありましたが、チームからの応援を励みに頑張ることができました。自分自身も、仲間が試合をしている時は全力で応援し、サポートをすることができたと思います。県大会では、常に向かっていく気持ちを持ち、もっと良い結果を出せるように頑張りたいと思います。
福本悠香

出場した試合は一試合でしたが、サービスとレシーブが個人戦よりも上手くいかなかったので、安定するようこれからも練習を重ねたいです。また、一女を含む上位チームのプレーは、 とても素晴らしく、学ぶことがたくさんありました。そして、素晴らしい選手がたくさんいる一女でソフトテニスができることを改めて嬉しいと思った大会でした。
小川藍奈