【ソフトテニス部】さいたま市総合選手権大会結果

 令和3年11月23日、浦和総合運動公園テニスコートにおいて、さいたま市ソフトテニス総合選手権大会が行われました。

この大会の参加資格は、一般女子と、高体連・中体連それぞれのさいたま市内上位8ペアです。

本校からは小野澤②水越②ペア大久保①松尾①ペアが出場しました。

 小野澤・水越ペアは予選リーグを通過し、決勝トーナメントに進みました。準決勝で一般女子の選手(高校時代は県チャンピオン)とあたり善戦しましたが、惜しくも敗退。しかし3位に入賞することができました。

 大久保・松尾ペアは予選リーグで一般女子の選手にファイナルゲームで敗退。残念ながら決勝トーナメントには進めませんでしたが、とてもいい試合運びができました。

 これからの練習では、部全体で、基礎基本を定着させ、試合のいろいろな展開を学び、自分達のテニスを確立するよう努力していきます。

*** 出場選手の声 ***

今回の試合はいつもより中ロブを使えたと思います。前回の大会で課題にしたストロークのレパートリーが少し増えましたがまだショートボールを使えていないと思いました。セカンドレシーブで力んでアウトすることも多かったのでそういうことをしないようにショートボールも混ぜながら試合を展開できるようになりたいです。
(小野澤 あかり)

凄い選手の方々と戦わせてもらい、感化されると同時に自分の課題点がより明確に分かりました。また、一般の選手に手も足もでない訳ではなく、いかに自分のミスを少なくするかが重要だと感じました。もっとポーチに出ることで相手のミスやロブを誘い前衛としての役割を十分果たせるようにしたいで す。
(水越 彩也香)

普段戦うことのできない相手と試合をすることができ、とても貴重な経験になりました。県の団体戦に比べ成長した部分もあった反面 、せった場面で我慢できないことが課題として見つかりました。勝てる試合で勝ちきれるよう、日々の練習に集中して取り組みたいで す。
(大久保 真衣)

私は中学2年の時にこの大会に出た事があったのですが、その頃は一般の選手に全く歯が立ちませんでした。しかし今回は互角に戦う事が出来ました。また普段は見ることのできない一般の選手のプレ ーを見る事ができて、刺激になりましたし、素敵な選手を見つけることが出来ました。私もその方々のような選手になれるように日々練習に励みたいと思います。最後にいつもご指導下さる顧問の先生方を含め周りの人への感謝の気持ちを忘れずプレーしたいです。
(松尾 華那)