ソフトテニス部 埼玉県選手権大会結果

7月13日に大宮第二公園において、埼玉県選手権大会が行われました。この大会は国民体育大会ソフトテニス競技選考会を兼ねています。まず南部支部で15ブロックに別れ、それぞれのブロックで1位になると20日に行われる2次予選会に進みます。
3年生が引退し、1,2年生27人で出場するはじめての大会です。
田中②・吉原②ペアブロック1位で2次予選に進むことになりました。また、後藤②・小林①ペアがブロック2位、早船①・下山①ペア、斎藤①・川村②ペア、宮島①・岩渕②ペアがブロック4本に入りました。
次の大会にむけて、夏休みは基本からしっかり練習していきたいと思います。

***選手の声***
今回の大会は新体勢としての初めての大会でしたが、初戦は緊張で初歩的なミスが多かったため練習してきたことが出せず、精神面の弱さを痛感しました。その後の試合は向かっていく気持ちで粘り強く自分たちのプレーをすることが出来ましたが、サーブやストロークのコースが甘く先に攻められてしまうパターンが多くありました。県大会までの練習期間は短いですが、コースを意識して練習し、県大会では悔いの残らない試合になるよう精一杯プレーしたいです。田中真百合

環境が変わって初めての大会でしたが、初戦は緊張から思うようにプレーができず、不安が残る試合になってしまいました。1試合目が終わったあとにペアと話し合い、精神面を立て直し、2試合目以降は楽しんで試合が出来ました。しかし大事な場面で足が動かなかったり、サーブレシーブが甘かったりすることがあり、基本的な技術の不足を感じました。精神面、技術面ともに具体的な課題を見つけられたので県大会までの短い期間でできる限りの事は調整し、練習の成果を出し切れるように全力を尽くします。吉原希寿菜