【ソフトボール部】新人戦県大会結果

ソフトボール部は、11/10(火)に新人戦県大会に臨みました。少し風はありましたが、秋晴れの下、自分たちの力を出し切ることを誓い、大会を向かえました。

1回戦・所沢西高戦は、先制した後、本塁死が重なる場面もありましたが、3回に攻撃がつながり得点を重ね、落ち着いて勝利を収めることができました。

2回戦・埼玉栄高戦は、試合の立ち上がり2回までは0-2と相手校の攻撃を食い止めていましたが、3回裏に守備の乱れから走者を出し、6失点。4回コールドは免れたものの、相手校の堅い守備を崩せず、走者を出せないまま5回0-8で終わりました。

優勝候補を相手にどこまで戦えるかを楽しみにしていましたが、やはり守備の大切さと、確実にチャンスを生かす堅実さが大切であることを痛感させられました。これで今年の新人戦は県ベスト16で終えることになりました。地区予選、県大会を通して、上位校に対して戦える手ごたえと、まだまだ足りない部分の両方を感じさせられました。来春までシーズンオフとなりますが、冬場のトレーニングと基本練習を重ね、さらにチーム力を向上したいと思います。

新人戦県大会初日の結果はこちら → 新人戦初日結果.pdf

対所沢西高戦 3回に2死からの攻撃がつながりました 

 

 

対埼玉栄高戦 相手校の攻撃を食い止めることができませんでした