【社会科】社会科室前掲示物の紹介

一女では、1号館3階東側に社会科室があります。

公共の授業では毎時間、授業の初めに一人ずつ、自分が関心を持った

新聞記事を紹介し発表しています。政治や文化、時にはスポーツなど

も話題に上がり、活発な意見交換が行われています。

一女には、毎日、読売・朝日・毎日・産経・日経の5社の朝刊が全クラ

スに届きます。

発表に使われた原稿は、社会科室前に掲示し、閲覧できるよう保管して

あります。最近は、女子校だけあって女性問題が選ばれることが多いよ

うです。

 

 

      

                                  右のポスターは昨年行われた、主権者教育での模擬埼玉県知事選挙で作成されたものです。公共の授業で、経済や人権などの観点でより暮らしやすくなる埼玉県にするための議論を行いました。その成果を各班(政党)の代表者が新埼玉県知事候補者として討論会から投票までを行い、一女の埼玉県知事を決定しました。今年の1年生も夏休みから冬にかけて選挙を行います。

左のポスターは「一女で倫理を学ぶ意義」について書いたものです。オッペンハイマーの映画を引用しましたが、科学技術が高度に発展した今こそ、研究にたずさわる者の倫理観が大切になることを、本校教員が執筆した資料集(アプローチ倫理PLUS とうほう出版)を引用しながら訴えました。

 

一女は、理系科目を学び、将来研究職を志望する生徒が多いため、高校時代に倫理を学ぶことの重要性を強調しています。