即興型英語ディベート講習会を行いました

11/2(火)に、即興型英語ディベートの講習会を一女で行いました。

通常の準備型のディベートでは、事前に与えられたテーマについて入念な準備を行いますが、即興型のディベートでは、対戦時にテーマが提示され、15分で準備、作戦会議を行い、ディベートに臨みます。準備型に比べ、より実践的なディベートを行うことになります。

即興型英語ディベートについて詳しくはこちら → https://pdpda.org/

今年は分散登校などもあり、日程がなかなか決められず、限られた参加者になりましたが、オンラインで説明、講評を受け、参加した生徒達には貴重な体験になりました。11/14(日)の首都圏公立高校交流大会で、他校の生徒たちと対戦し、交流を深めます。

  

今回は「共学より男子校または女子校の方がよい」,「分散登校は害より利益をもたらす」というテーマで、肯定側と否定側(テーマ発表前に指定される)が対戦しました。テーマ発表後すぐに15分間の作戦会議に入り、対戦し、最後は握手で健闘をたたえ合います。 

 

昨年、今年はオンラインでの実施となりました。ジャッジの先生に勝敗の判定をしていただき、ディベートの内容についてくわしく講評をいただきました。また、最後の質疑応答では、ディベートの力をつけるには、より説得力のあるスピーチをするには、語彙数を増やすには等、多くの質問に答えていただき、とても有意義な講習会になりました。