芸術鑑賞会を行いました

期末考査も前週に終わった 7/9(火)、芸術鑑賞会を行いました。古典芸能、音楽に続いて、今年は演劇鑑賞の順番になり、「劇団銅鑼」による、青森県三本木農業高校の生徒たちの実話をもとにした作品『いのちの花』を鑑賞しました。

農業高校での学校生活の中で「いのち」について考える高校生の姿を通し、同じ高校生として共感を持ち、自分たちも「いのち」について考えさせられる作品でした。途中、観客席と一体化する演出もあり、期末考査後の午後のひと時を有意義に過ごすことができました。

一女から埼玉会館へ移動しての鑑賞会に生徒たちの期待も膨らみます。校長先生のご挨拶から始まりました。

 

カーテンコールとお礼の言葉、花束贈呈で幕を閉じました。

 

途中、『いのちの花』を観客席で受け取る場面もありました。劇団の皆さんから素敵な色紙をいただきました。

 

今回の公演のパンフレットです。