国語総合の授業におけるICT活用 その2

前回の続きですが、生徒たちはGoogleドキュメントを使用し、訳を作成していきます。その様子を教員はタブレットで随時確認し、調べるべき点や説明を必要とする点をその場でコメント入力。そのコメントをもとに、生徒たちはさらに協働して訳を作成します。そして、グループごとに作成した訳をつなぎ合わせ、個人のスマホやタブレット等で全体を確認します。教員は誤訳の訂正、重要文法事項の教示、その作品において重要な古典知識等を補足し、生徒たちの読解を深める手立ても講じます。ICT機器を平時でも活用するニューノーマルな授業が、本校では様々な教科において実施されています。