1学年の主権者教育

12月16日(木)4限、1学年では主権者教育として「未来の埼玉県知事選挙・討論会」が行われました。

この取り組みは現代社会の時間を使って、各クラスでグループ(政党)に分かれ、人権と経済をテーマに政策を立案します。各政党から立候補者を出し政策を訴えて、クラス投票で当選した各クラスの候補者が本日の学年集会で演説と政策討論会を行いました。最後に学年で投票を行い、未来の埼玉県知事当選者を決定しました。

選挙管理委員会から各政党候補者のマニフェストが作成・配布されるなど、模擬選挙としてはかなり本格的に実施され、生徒たちが政治を自分たちのものとして考えるよい機会となりました。