国語総合の公開研究授業が開催されました。

 

11月20日(水)5、6時間目に、本校国語科の板谷大介教諭が「知識構成型ジグソー法による短歌の授業」を行いました。これは、東京大学 CoREFと埼玉県教育委員会が連携して取り組んでいる「未来を拓く『学び』プロジェクト」の「重点研究公開授業」として開催されたものです。

 この授業で生徒たちは、正岡子規や釈超空など六人の歌人の六首の歌を考察し、そこから豊かな感性と想像力を感じさせる作品解釈を数多く提示することができました。

 県内外から多くの先生方にご参加いただき、ありがとうございました。

■知識構成型ジグソー法による短歌の授業で対話をする生徒