3年ぶりの東京大学見学会【進路指導】

11月19日(土)、1・2年生希望者対象の東京大学見学会を実施しました。3年振りの本郷キャンパスでの現地開催となりましたが、120名を超える参加申込があったため、工学部研究室訪問コースと文理コースに分かれ、それぞれのプログラムを満喫しました。

研究室訪問コースは、隈ホールで工学部教授の講義を受けた後、4つの研究室を見学させていただきましたが、最新の研究内容や研究設備に触れ、生徒は大いに刺激を受けていました。その後研究室の学生との懇談会や全体会でも鋭い質問が次々となされ、学部長の教授にも、一女生の積極性に驚かれました。

文理コースは、教育学部棟の教室で行うPolarisの学生による東京大学の進学選択制度や学生生活についてのプレゼンテーション、3名の東大生によるパネルディスカッション、と東大女子学生との交流からスタートしました。そしてお待ちかねの一女OGとの座談会。10名のOGが集まってくれ、Polarisメンバーとともに、後輩の質問に丁寧に答えてくれました。進路選択や勉強方法等、個人的に直接先輩から聞くことで、生徒のモチベーションもだいぶ上がったようです。

両コースとも、OG懇談会、キャンパス見学を行いましたが、この日はよく晴れ、キャンパスの隅々まで歩き倒し、規模の大きさを実感することができました。実際に大学構内に入っての見学は初めての生徒がほとんどで、集合前にも学生食堂で食事をしたり、銀杏が色づく広大なキャンパスを散策したりと思い思いに大学生気分を味わっていました。この日学んだことをしっかり吸収し、今後の進路選択に役立ててもらいたいと思います。

 

安田講堂前にて

 

工学部研究室訪問

 

 

 

Polarisによるパネルディスカッション

 

OGとの懇談会

 

 

キャンパス見学