2年生SSH「SS数理科学」の授業

11/29(月)の2年生SSH選択者「SS数理科学」の授業は、2週間前の授業に続き、数学的な題材を扱いました。
「目指せ!スピードクイーン!」のタイトルで、最速降下曲線を実感しようというものです。

1次関数(直線)、2次関数、3次関数、指数関数、サイクロイドによる坂道を作り、ビー玉を転がして一番早くゴールインするものを調べました。数学Ⅲの教科書でサイクロイドが最速降下曲線であることが紹介されていましたが、そのことを実感することができました。普段の授業では、なかなかこうした実験・作業の時間をとれませんが、授業で扱った曲線の隠れた性質を味わうことができました。

5種類の坂道を作り、透明プラスチック板で挟み、ビー玉を転がします。

 

皆で実験を見守ります。上から撮影した動画をスロー再生し、結果を検証しました。