【進路】一女OGの東大生による「オンライン進路相談会」が開催されました

本校では、OGによるキャリアガイダンスを折々で行っていますが、今年度はコロナ禍で大学見学会やOGを招いての懇談会を実施するのが難しい状況にあります。そこで、リモートによる「進路相談会」を試みることにしました。

第1弾の一女OGの京大生による「オンライン進路相談会」(7/9実施)に続き、第2弾は、一女OGの東大生による「オンライン進路相談会」を試みました。まだ、試行段階ですが、こうした取り組みを少しずつ広げて行くことを模索しています。

 

7月22日(水)の放課後、約1時間にわたり、本校の卒業の東大生(文科三類)による一女生への「オンライン進路相談会」が開催され、難関国立大学を目指す1年生7名が参加しました。

現役生からの質問に、以下のようなアドバイスがありました。

 ■学校の授業進度に合わせて学校の勉強を徹底的に行えば東大にも合格する。

■古典の予習などでは、現代語訳などを安易にネットなどで調べたりせず、自分で考えて分からないところは授業で解決しようとした。

■英語は、覚えられなかった単語に印をつけて勉強を進め、あとで「どの単語が覚えられなかったか」が振りかえられるようにした。

■数学は、誤答訂正ノートなどを有効に利用し、「どこをなぜ間違えたのか」を理解し、復習するよう気を付けた。自分は数学が中学生の頃から苦手だったので、教科書などの基礎的な内容をしっかり学習した。

■オープンキャンパスは1年の頃から国立大学などを中心にいくつか行ってみた。今年はコロナウイルスの影響でどの大学もオープンキャンパス開催は厳しいかもしれないが、さまざまな資料や大学案内がネット上にあるので、積極的に調べるとよい。

■東京大学を志望しようとした時期は2年生の頃。最初は東大など考えていなかったが先生に勧められた。

■東大は入学してからどの学部に行くかを決められるので、それが自分に合っていると思った。

■大学受験本番の時期は、とにかく健康を保つことが一番大切。しっかり睡眠をとって、ご飯をきちんと食べて、よく笑って、体調を管理するとよい。