県内有数の天文ドームで観望会

11月8日(火)、屋上にある県内有数の天文ドームで地学部主催の観望会が行われました。本校の天文ドームには口径15cmの屈折式望遠鏡が備えられています。

今日は「皆既月食」と月食の最中に月が天王星を隠す「天王星食」も起こるという日本では442年ぶりの天体ショーの日でした。望遠鏡での観察はチケット制で入場制限しながら行われました。

 最後の写真は本校職員が撮影したもので、月の下側に見える天王星がもうすぐ月に隠れるところです。