卒業式の歌唱練習を行いました

2月20日(木)7限のLHRの時間に、卒業式に向けて1・2年生合同で歌唱練習を行いました。

本校の卒業式では、校歌の次に「卒業式歌」として分袖・仰げば尊し・蛍の光のメドレーを、最後にベートーベンの第九「歓喜の歌」を全校で合唱します。女子高ならではの女声2部合唱の美しいハーモニーは、一女生活の集大成として卒業生の胸にいつまでも刻まれます。

今日は音楽の先生の指導の下、「歓喜の歌」のドイツ語の歌詞の発音練習や上下パートそれぞれの練習、最後に合唱練習を行いました。譜面を見て短時間の指導を受けただけで、全員がどちらのパートでも歌えてしまうのが一女生のすごいところです。

1年生は初めての第九練習でしたが、「歓喜の歌」を卒業生と一緒に歌い上げ、一女の伝統を引き継いでいけるようになっていきます。