【進路】2学年「3年0学期の取り組み」

 2学年では、年明けから「3年0学期の取り組み」として、「共通テストトライアル」「第2回実力テスト」「大学入試問題研究」などの「学びのアクセルを踏み込むための企画」を実施してきました。

 その企画のしめくくりとして、今回は35名のOGの方々にお越しいただき、「分野別研修会」及び「大学別研修会」を実施しました。

 志を同じにする仲間とともに、志望する大学・学部に進学した憧れの先輩から、直接、「学問や研究に関する話」「大学や大学生活の様子」「一女生活や受験勉強に対するアドバイス」などを伺うことができ、生徒たちは大いに刺激を受けたようです。会終了後も先輩たちを囲んで熱心に質問をする姿がありました。

 一女の大学受験は団体戦です。コロナ禍でいろいろ制約がある中ではありますが、感染防止に努め、互いに学び・励まし合って、それぞれが掲げる「高い志」の実現に向けて、皆で頑張っていきましょう!

<生徒の感想より>

 今回、私は5人の先輩方から話を伺ったが、どの先輩も自分が納得するまで悩んで真剣に第一志望の大学を決め、模試などの判定に一喜一憂せず、志を変えずに最後まであきらめなかったと話していた。今までの模試の結果を全部持ってきて下さった方や「E判定しか出たことがなかったけど、努力して合格できた」という話をして下さった方もいて、今日初めて会う私達のために色々な情報を教えてもらい、一女のすごさを改めて痛感した。先輩方が自分の大学について楽しそうに話しているのを見て、私も後悔のないよう一生懸命勉強を頑張りたいと思った。

  実際に大学受験を乗り越えた先輩方から経験を伺って、スランプや、部活との両立する上で悩むことは誰でもあるのだと思えて良かった。今、受験勉強が思うように行かなくても、普段こなしている予・復習や学校のワーク演習なども続けていけば確実に力になると分かった。今、自分にできることを考えてこれから頑張りたいと思った。

  今回、先輩方の話を伺えて本当に良かったと思っています。調べただけでは分かり難いところまで話が聞けました。ある先輩が仰っていた「勉強をしていて、これ役に立つのかなって思うようなことも頭に入れておくと、それが出てきたときに、『これ知っている!』となって勉強を楽しくしてくれるから受験だけを意識して無駄と決めずに楽しんで学んでほしい」という言葉がとても心に残りました。私もそのような考えを持って受験に挑めたら良いと思いました。