【探究学習部】 保護者向け講演会「親子で考えるライフプランニング」

 10月15日(土)午後、探究学習部主催の保護者向け講演会が本校視聴覚室で開催されました。講師は三菱UFJリサーチ&コンサルティング執行役員・主任研究委員の矢島洋子先生です。休日にもかかわらず大勢の保護者の方が参加されました。

 

 テーマは「これからの女性のライフプランニング ~企業のダイバーシティ・女性活躍推進を踏まえて~ 」です。矢島先生には9月13日に生徒向けに同様のテーマで講演をしていただき、さらに保護者にも現代日本の企業と働き方について知ってもらいたいとのご提案をいただき今回の講演を開催することとなりました。

  講義では、企業の価値観が大きく変化してきており、働く環境、特に女性の働き方も大きく変化してきているということをデータを示して教えていただきました。結婚、出産により女性の働き方やライフプランが制約を受けてきた時代と比べて、少子化、コロナ禍を経験してリモートワーク、短時間正社員制度の普及など大きな変化が大企業を中心に起きているそうです。従来型の終身雇用、年功序列型の労働環境から、いかにキャリアを積んだかが女性も男性も問われるようになってきている。そして、長時間働けるかどうかを能力のように評価してきたこれまでの尺度はもう古いということでした。これから、社会に出る若い世代は仕事もライフプランニングに関しても、やりたいことを追求してキャリアを形成していくことこそが大切になってくるということでした。保護者世代もこれからの社会を理解し、子どもの進路を親子で考える良い機会になったのではないでしょうか?

 参加した保護者の感想から(抜粋)

「女性が活躍できる機会が増えてきていること、企業も変化してきていることを知ることができました。娘のライフプランについて家庭でも親子で話し合いたいと思います」

「(自分は退職して復帰したが)これからは退職せずに仕事を続けていけるのかと希望がもてるお話でした。もし、自分が仕事を続けられていたらどうなっていたかと考えさせられました」

「自分自身のライフプランを考えるきっかけをいただきました」

「女性だけでなく男性の働き方も考え直すべきという点はすごく納得しました」

「子どもには幸せであって欲しいと願いますが、乗り越えなければならないことがたくさんあるので、どのようにサポートしていけるか学んでいかなければと思いました」

  

「このような機会を是非今後も増やして欲しい」という感想も多かったので、また企画できればと考えております。