【SGH】ポスター発表 東京学芸大学SGH・SSH・WWL課題研究成果発表会

 2月1日(土)、SGHベトナムフィールドワークの4グループが参加しました。1年間にわたって研究してきた研究成果を、大学の先生や他校の生徒たちの前でプレゼンし、質疑応答や意見交換が活発に行われました。

 他校の生徒の研究成果や英語によるプレゼンにも刺激を受け、大変有意義な一日になりました。この後、2月8日のSGH・SSH校内成果発表会、千葉大国際研究発表会、SGH甲子園と続きます。

 

各グループの発表タイトルは次のとおりです。

「ベトナム戦争と障がい者の今からコミュニティで広がる和」

「ベトナムの都市部と農村部における教育格差をなくすために」

「ベトナム経済システムの確立の前に検討したい労働生産性の向上」

「ベトナム人技能労働者の明るい未来を目指して」