浦和一女美術部員の作品が「青少年の非行・被害防止ポスター」になりました!

 浦和署から管轄内の7高校に啓発ポスターの制作依頼があり、一女美術部員も取り組みました。本校美術部1年、倉橋明日香さんの作品が優秀作品7点のうちの1つに選ばれ、ポスターとなりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 倉橋さんは作品について、「ポスターを4つに区切って、1コマ1コマに情報が流出してしまうパターンの例を描きました。中央にはそういったことをしてはならない、というニュアンスを込めた大きなバツ印を書いている人を配置しました。アクリルガッシュを使ったのですが、自分がよく使う水彩画と同じ要領で描いてしまったところがちょっと反省点です。しかし、このポスターを見て少しでもネットへ情報が流出してしまう恐ろしさをわかってもらえれば、と思います」と語っていました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

7月16日(金)には浦和署から協力した高校・生徒へ感謝状をいただきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

贈呈式の様子は7月18日(日)の埼玉新聞にも記事が掲載されています。

ポスターは他校の作品と共に200枚作成され、浦和警察署管内の学校をはじめ、自治会や商店街の掲示板に掲示されるそうです。ぜひ探してみてください!