【書道部】学習成果発表会に向けて表装が始まりました

夏休みもわずかとなり、書道部でも28日に行われる学習成果発表会に向けて作品の表装が始まりました。

夏休み中も週4日、3時間の限られた時間で作品制作に励んできました。2年生も入部したばかりの1年生も約1か月での作品制作でしたが、良い作品が完成しそうです!!

今日と24日の2日間で15点の作品を軸装や額装にしていきます。

今日は、1年生の初めての半切作品4点と2年生の作品数点を表装しました。

2年生は初めてではありませんが手順を確認しながら、1年生と2年生で協力しながらの作業です。

◆作品のしわ伸ばし・裏打ち

 

 

 

 

 

 

 

1年生は初めてで大きなしわが寄ってしまい、先輩と一緒に何度も霧吹きしてしわを伸ばし、裏打ち用紙をあてました。

◆裁断(化粧立ち)

 

大きな定規や三角定規を使用して裏打ちした作品を裁断します。千枚通しも使用してうまく裁断することができました。

 

 

 

 

 

◆作品の貼り込み

 

市販の軸に裁断した裏打ち作品を貼り込むために定規で測って位置を定めています。

1・2年生でお互いに確認し合い、作業は順調に進みました。最後にプレスすれば軸作品の完成です。

 

 

 

◆作品の完成

 

今日は、6点の軸作品の表装ができました。

一部の作品は24日に額に貼り込みをして完成の予定です。

1年生も初めての作品が完成です(右4点)。印も夏休み中の短い時間で刻し、自分の印を押印することができました。28日の学習成果発表会でお披露目することになりますので完成写真は小さめに掲載しています。また、学習成果発表後に改めて紹介したいと思います。

 

 

 

全員の作品完成まであと1日。

学習成果発表会で部員の作品を紹介できるように辞典や資料を持ち帰り、準備を進めています。