【書道部】新たな作品制作が始まりました

学習成果発表会を終え、一息ついたところでそれぞれ新たな作品制作を始めました。

現在は、月・水・金の放課後と土曜日授業のある午後に2時間程度活動しています。

2年生は11月中旬に埼玉県立近代美術館で行われる予定の埼玉県高校書道展に出品する作品を半切や半切1/2のサイズで制作し始めました。毎年参加している展覧会ですが、今年は11月に別の企画にも参加予定の為10月上旬には作品を完成させる予定で練習に励んでいます。

2年生は仮名作品に挑戦する部員も増えてきました。仮名作品は主に平安時代の古筆を手本に臨書しています。臨書する古筆を決め、コピーをし、手本に補助線を引いて下敷きを作り、できるだけ忠実に表現できるように集中して練習です。初めての仮名臨書も部員はコツをつかむのが早く、めきめき上達中。完成が楽しみです♬

 

 

 

 

 

 

 

1年生は今年、高校書道展への出品は予定していない為、3月の「一展」に向けて漢字作品と仮名作品を制作しようとしています。まずは漢字の作品制作を始めたところで、夏休みに書いた半切(約 35㎝×135㎝)よりも大きい2尺×6尺(約 53㎝×175㎝)や2尺×8尺(約 53㎝×228㎝)のサイズに挑戦することにしました。一女では3年生の4月には引退のため、作品制作できる期間や点数も限られています。「一展」で大きな作品が発表できるようにコツコツ練習。

 

今年はなかなか書道パフォーマンスを披露する場がありませんが、11月に新体制でパフォーマンスすることを目標に部員は準備を進めています!