【書道部】高校書道展に出品しました

11月16日(水)は近代美術館での作品鑑賞会となりました。

ゆっくり鑑賞するつもりでいましたが…、

搬入日(14日)に貼り込みした作品が額の中で剥がれ落ちるプチトラブルがあり、業者さんに応急処置してもらいました。それらの作品が再度、額の中で剥がれ落ちてしまい、鑑賞会が修復作業で終わってしまいました。

今回は2×8尺の大きな軸作品以外は、自分たちで裏打ちをし、額や軸に貼り込みをして完成させました。プチトラブルの原因はいくつか考えられますが、作品制作の過程ではいろいろなことが起きます。今後、一展の作品も自分たちで表装するため、今回のプチトラブルの原因を把握して活かしていきたいと思います。

今年は、半切以外の規格で作品制作ができて壁面が充実しました。

この後は、考査後に埼玉県書きぞめ展覧会の課題に取り組みながら、3月に行われる一展の制作を進めます。