2020年8月の記事一覧

【競技かるた部】学習成果発表会で発表しました!

競技かるた部です。

文化祭が中止となり、代替としての学習成果発表会に競技かるた部2年生が参加しました。

部員数を頼みにして、4つの教室を会場にして発表しました。

「かるた学園」に入学した生徒が、かるたの先生からルールを教わり、実際に試合をして成長していくという青春ストーリーとなっていました。

黒板に使用する札の決まり字を書き、出札、空札、お手つきなど、基本的なかるたのルールを説明しながら、初めて競技かるたの試合を見る人にもわかりやすく、競技かるたの魅力を伝えられるように工夫しました。

 

白衣を着た先生役と、文化祭のために部で作ったTシャツを着る生徒役の生徒。

 

かるたの先生が白衣を着ているのは謎です・・・。

 

黒板には「場にある札」として「め、ほ、せ、しら・・」等の決まり字と、「自陣・敵陣」「3列、25枚」等の並べ方が書いてあります。

 

こうした脚本も部員が全て考えて発表しました。

 

 

実際の試合の様子を見学してもらいました。

 

読手の読みに合わせて、選手が決まり字で札を払うと、見ている人からは「早いっ!」などの声があがりました。

 

普段の畳ではなく、この日は教室にゴザを引いて発表したので、少し取りづらかったです。

発表を終えて見学者からは、「初めて競技かるたの試合を見てみて、予想以上に激しいと思いました。」との感想をもらいました。

 

 

【競技かるた部】夏休み後半の練習

競技かるた部です。

お盆休みが明けて、1週間に4日間、1日3本、試合形式で練習をしました。

嬉しいことに、卒業生が何人も練習相手として参加し、現役部員の練習相手になってくれました。

引退後、1年もしくは2年もブランクはあるとはいえ、そこは一女競技かるた部の元A、B、C級の選手。

まだまだ成長途中の現役部員を厳しくも優しく指導してくれました。

今年は他校との練習試合になかなか踏み切れない中で、OGが練習相手になってくれるのは本当に心強い限りです。

一女の競技かるた部は、こうした先輩、後輩の繋がりを大事にしながら、今年も活動しています。

 

10月には埼玉県高文連主催の埼玉県新人かるた大会(通称 新人戦)が行われる予定です。

練習の成果を発揮できるように、あと1ヶ月と少しですが、練習に励んでいきたいと思います。

応援よろしくお願いします。

【競技かるた部】夏休み前半の練習

こんにちは。競技かるた部です。

夏休み中の練習が始まり、早10日が過ぎました。

感染対策を講じながら、週4日間、活動しています。

 

7月中旬に入部した一年生も、ようやく50枚の札で練習ができるようになりました。

今は、札の送りと並べ、読手に待ってもらう際の手の挙げ方など、試合における基礎基本を中心に練習しています。

なかなか暗記が入っていませんが、少しずつ鋭い払いも見られるようになりました。

11日の練習では、外部指導者として来ていただいているコーチから直接、構えや払いの仕方を教えていただきました。

模範となる動きをよく見て、メモを取りながら熱心に聞いていました。

これから1週間、お盆休みです。

その間に夏休みの課題を終わらせて、練習再開後、かるたに集中できる環境を作っておきたいと思います。