2019年11月の記事一覧

校章の由来2

「校章の由来」の続きになります。

「校章の由来」という文書には、「形の意義」という項目があり、以下のように記されています。

「円形にすると円満でよいが、安定感が乏しいので、菱形とした。よって円満にして安定していることを意味している。」

「左右の勾玉は埼玉を表し、中央に『浦和』と書き、」

「周囲の形は、毎春校庭に姸を競う桜の花弁をかたどっている。」とのことです。

今は、4個の勾玉となっていますが、袴のバックルとして付けていた徽章には12個の勾玉がデザインされていました。