2019年7月の記事一覧

学校保健ニュース高校版

保健室前の掲示板に「学校保健ニュース高校版」が数枚掲示されています。

その中の1枚は「心を鍛えるにはどうすれば?」というタイトルのものです。

ソフトボール部の練習風景の大きな写真とともに、

試合でよい結果を出すためには、心も鍛える必要があるとあります。

そして、ポイントは

「全力で取り組む」「仲間と力を合わせる」「練習以外のことも大切にする」

ということだそうです。

進路実現に向けても通じることのように思います。

梅雨明けはまだ

気象庁の記録によりますと、関東甲信越の昨年の梅雨明けは6月29日頃ということでした。

6月中の梅雨明けというのは1951年以降の記録では昨年だけです。

昨年の印象が強いせいか、今年はなかなか梅雨が明けないと感じますが、

一昨年は7月6日頃、その前の年は7月29日頃ということでばらつきがあるようです。

今週の天気予報を見ると、まだ梅雨が明ける様子はなさそうです。

さて、全日制は今日で考査が終了しました。お疲れさまでした。

定時制は10日(水)まで続きます。

少しずつ夏季休業が近づいてきていますが、

長期の休みを有効に使う計画を立ててほしいと思います。

SSH運営指導委員会・SGH運営指導委員会開催

7月1日にSSH運営指導委員会、7月4日にSGH運営指導委員会を開催しました。

運営指導委員や県教育委員会の皆さんから大変貴重な御意見を
多数お寄せいただきました。

SSHとSGHは本校の教育活動の両輪になっています。

知識や技能の習得については絶え間ない努力が必要ですが、それだけではなく

今、求められている「思考力、判断力、表現力」も身につけていく必要があります。

一人一人がSSHやSGHをとおして探究活動に取り組むことで、

着実に実力を伸ばしていくことができると考えています。

教職員救急法講習会

7月2日にさいたま市消防局の皆さんの御指導のもと、

教職員救急法講習会を実施しました。

心肺蘇生法について丁寧な御説明をいただいた後に、

一人一人実習を行いました。

教員はこれまで何度も同様の講習を受けてきていますが、

毎回、新たな情報を吸収することができます。

万一はない方がよいに決まっていますが、いざという時のために

しっかり講習を行っていきたいと思います。

また、7月8日には生徒対象の部活動救急法講習会も実施します。

SDGs2

5月29日の校長日誌でも触れさせていただいたSDGsですが、

本校では様々な形で取り組んでいます。

ベトナム派遣の目的の1つは「SDGsなどグローバルな視点を持ち、国際支援、

国際協力についての視野を広げる。」ということです。

また、SSH(スーパーサイエンスハイスクール)の取組の中でもSDGsについて学び、

探求活動に取り組んでいます。

SDGsは17の目標と169のターゲットで構成されています。

これらは互いに関連性がありますし、私たちの生活に結びついていることも

たくさんあります。

グローバルな視点というのは必ずしも世界に目を向けるだけではないということも

学んでもらいたいと考えています。

全日制は今日から定期考査が始まりました。
力を十分に発揮してほしいと思います。

SGH(スーパーグローバルハイスクール)ベトナム派遣

今年も昨年に引き続きベトナム派遣を実施します。

2年生17名の派遣ということで、6月19日には保護者説明会を実施いたしました。

本校は平成28年度に文科省よりSGHに指定され、グローバルな視点をもって、

将来的にグローバルリーダーとして活躍する人材育成を目指して活動しています。

高校生の時期に自分の目で見て、感じて、体験してくることは

世界にチャレンジするきっかけになることと思います。

また、フィールドワークをとおして、世界における日本の役割についても

認識を深めてもらいたいと思います。