サイクリング部紹介

 

活動内容

 部活動の目的は、山でも海でもどこにでも自分の足で行けるようになること。そのために自転車技術の向上を目指して活動しています。主な活動は月に1度のサイクリングです。そのための準備として、毎週1回(テスト期間は除く)、地図を見て予習したり、パンク修理等のメンテナンス技術の向上を目的とした講習会を行っています。また、夏休みと春休みには山や海で合宿を行います。 

中学生のみなさんへ

 自転車は自分の力でどこへでも行くことができる、最も効率的で速い乗り物です。また、到着したときの達成感と爽快感は、言葉に表せないものがあります。私たちと一緒にサイクリングを楽しみませんか。

 

サイクリング部ブログ

サイクリング部 夏合宿を行いました。

初日は本庄駅まで輪行を行い、そこから60km進んで、上野村にある民宿旅館不二野家に向かいました。

1

2日目は宿を出たあとは
慰霊の園(日航機墜落事故)→不二堂(鍾乳洞)→城峯公園→宿(冬桜の宿 神泉)
の順に回りました。
慰霊の園では日航機墜落事故について学び、当時の事故の悲惨さや上野村のあり方を学びました。
関東最大級の鍾乳洞である不二堂は、10℃という天然の冷蔵庫であり、夏の火照った体を冷やすこともできました。

2-1

2-2

2-3

 

3日目は宿から本庄駅へ戻りました。
宿から戻る途中、ダム管理センターに寄り、ダムについて学びました。

今回の合宿では、坂道で精神と身体能力の向上と、身近な地域で起きたことなどを学ぶことができました。今後も怪我に注意しながら、活動して参ります。

サイクリング部 活動報告

4月28日(日)に新入生歓迎を兼ねて、さいたま市の大崎公園に行ってきました。初めて経験する長距離、慣れないサドルの高さやギアの枚数の多さに四苦八苦しながらも、徐々にスポーツ自転車に慣れて、楽しそうに活動をしていました。

 

 

 

 

 

5月26日(日)に上尾市にある榎本牧場に行って来ました。

今回のテーマは『サイクリングロードに慣れる』でした。サイクリングロードを走りながら、ペダルクリップにつま先を引っかけたり、逆に停止する際にクリップから足をはずすことに苦労していた様子でしたが、積極的に挑戦している姿が見られました。
この日は猛暑日で名物のジェラートがより一層美味しく感じたようです。距離は45kmと前回のクラブランの倍以上の距離でしたが、体調不良者も出ることなく無事に学校まで帰って来ることが出来ました。今後も安全に気を付けながら、活動してまいります。

  

サイクリング部_春合宿

初日
南浦和駅から電車に乗って土浦駅まで行きました。この日は霞ヶ浦西湖岸を走りました。55kmという道のりは、一年間の中で何度か経験した距離ですが、初めて走る道は新鮮だった様です。途中には菜の花が視界いっぱいに咲いている箇所もあり、香りを楽しみながら走ることもできました。

        1日目宿

2日目
霞ヶ浦半周に加えて筑波山麓を横断しているりんりんロードを走りました。
自転車は風と切っても切り離せないものですが、この日はまさにそのことを強く感じる日になりました。午前は向かい風で進むのに苦労しましたが、午後は打って変わって追い風になり、スイスイと進む感覚に、生徒も「気持ちいい!」などの感想を言っていました。
100km走破後は、地元食材で作られたプリンを食べて、1日の疲れを癒しました。

       走行中の様子 

               

   2日目リンリンロード終点

最終日
2日目に走ったりんりんロードを戻り、土浦港に向かいます。生徒は全員200kmを走破することができました。土浦港では霞ヶ浦をクルージングし、自分たちが走ったコースを湖から眺めたことで、改めて達成感を感じた様子でした。

今年度の活動も無事終了することができました。今後も事故や怪我に注意して活動したいと思います。

        3日目出発