校長室より

校長挨拶

 

 

皆さん、こんにちは。ようこそ浦和一女のHPへ。

本校は、明治33年に本県で最初に設置された埼玉県高等女学校をその前身としており、現在に至るまで120年の歴史と伝統があります。

創立以来、本県トップの女子進学校として着実に実績を積み重ね、39,000名を超える卒業生が国内外の各界で活躍されています。

さて、本校は、目指す学校像を「世界で活躍できる知性と教養、逞しさを備え、社会に貢献する高い志を持った魅力あるリーダーを育成する女子高校」としています。 

国際社会で活躍できる実力を身につけた女性のグローバルリーダーを育成したいとの思いからです。

今、我が国はこれまで経験してこなかったような様々な課題に直面しています。

一女生には、知性を磨き人格を陶冶し、将来、世界の平和と繁栄に寄与できるようなグローバルリーダーになってほしいと願っています。

そのために、一女では様々な学びの場を用意しています。レベルの高い授業はもとより、心身を鍛え友情を育む部活動や生徒会活動に加え、4期目の指定を受けているスーパーサイエンスハイスクール(SSH)事業など、何事にも全力で取り組む校風のもと、生徒は充実した学校生活を送っています。

さらに、生徒の社会課題に対する関心と深い教養、コミュニケーション能力、問題解決能力等の国際的素養を身につけ、将来、国際的に活躍できるグローバルリーダーの育成を図るスーパーグローバルハイスクール(SGH)事業の指定も受けています。

今後も、全校体制で課題探究型学習の研究を進めるとともに、国際感覚豊かな人材の育成を推進することで、一女での高校生活が生涯の宝として光り輝くよう、教職員一丸となって全力で教育活動に取り組んでまいります。

保護者の皆様を始め、関係の皆様におかれましては、本校の教育方針をご理解の上、ご支援ご協力を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。

 

令和2年4月1日
埼玉県立浦和第一女子高等学校
第41代校長  髙岡 豊

 

校長日誌

中学生の皆さんへ

6月に予定していました学校説明会は新型コロナウイルス感染拡大防止のため中止とさせていただきました。参加を予定されていた皆さんには心からお詫びいたします。

今年はどのような形で一女を知っていただけばよいのかということを再検討しております。

本校の第一の自慢は生き生きと学ぶ一女生です。是非、学校にお越しいただき本校の雰囲気を直接感じ取っていただきたいと考えております。

しばらくは感染防止の観点から制約がありますのでホームページを最大限に活用してまいります。

是非、定期的にご覧ください。何卒よろしくお願いいたします。

学校再開にあたって

3か月にわたる臨時休業が終了し、本日から学校を再開しました。

この間、関係の皆様には本校の教育活動に対しまして温かな御理解と御支援をいただき、心から感謝申し上げます。

臨時休業中はホームページの更新を新型コロナウイルス感染症関連のお知らせに特化させていただきましたが、校長日誌も再開させていただきます。

【生徒の皆さんへ】

夏休み2回分にあたる長期休業の後ですので、みんなで少しずつペースを戻していきましょう。学業や生活面など心配なことがあるかもしれませんが、誰もが同じ状況です。お互いに励ましあいながらまだまだ油断せず学校生活を取り戻していければと思います。

先週末のホームページでも紹介しましたが、本校では2ヶ月間で多数の授業動画を配信しましたので、休業中とはいえ受信する側の皆さんにとっても忙しかったことと思います。動画の視聴だけではなく、課題の提出やテスト、そしてGoogle Meetを利用したホームルームなどもありましたが、しっかり応えてくれてありがとうございました。図らずもこのような機会を通して自学自習の能力が高まったことと思います。学校再開後も大切にしてください。

【保護者の皆様へ】

臨時休業中、多大なる御支援を賜りましたことに改めて御礼を申し上げます。特にオンライン教育につきましては手探りで取り組んでまいりましたので、様々な支障があったことと思いますが、保護者の皆様の御理解をいただき何とか一女の学びを継続させていただくことができました。今後も感染防止対策をしっかり講じながら教育活動を推進してまいりたいと思っておりますので、お力添えを賜りますよう何卒よろしくお願い申し上げます。

本校の対応について

校長日誌につきましては、入試期間中の投稿を差し控えさせていただきましたところ、その最中に新型コロナウイルス感染症防止対応が求められました。

ホームページでは新型コロナウイルス感染症関連のお知らせに特化して更新させていただいております。この後も、当面の間、この方針で対応させていただきたいと考えております。

また、3月2日(月)から感染症拡大防止のための臨時休業となり、多くの学校行事を中止し、卒業式につきましても規模を縮小しての実施となりました。生徒・保護者の皆様にはお願いごとばかりで、大変心苦しく思っております。また、学校関係及び地域の皆様にも多大なご迷惑をおかけしていることにつきまして、心からお詫び申し上げます。

本校といたしましては、今後も生徒の安心・安全を第一に考えて教育活動を行ってまいりたいと思います。

何卒ご理解の程、よろしくお願いいたします。

 

華道部の作品 菜の花・桃・キキョウラン

 

SSH・SGH合同研究成果発表会

先週の土曜日に、SSH・SGH合同研究成果発表会を開催いたしました。

本校はSSHとSGHの両方の指定を受けていますので、そのメリットを生かして合同の成果発表会を開催することになりました。

本校の生徒は、SDGs(持続可能な開発目標)を核として、生徒一人一人がSSHとSGHの取組を行っています。

常に社会に対する問題意識を持ち、ただ調べるだけではなく、自分たちなりの課題解決プランを作成していくことに重点を置いています。

本校生のプランが将来現実のものとなり、世界が少しずつでも良い方向に進んでいけたら素晴らしいと思います。

当日、御来校いただきました皆様には心から感謝申し上げます。

 

 

華道部の活動

今回のお花は白梅と紫色のベロニカ、オレンジ色のキンセンカです。

校長室に入りますと、かすかに梅の香りが漂っています。

写真ではわかりにくいのですが、キンセンカも今は大きく花が開いています。

水面に梅の花びらが散らしてあり、とても風情のある生け方だと感じました。

 

創立120周年記念行事実行委員会、PTA・後援会合同理事会

令和2年度に本校は創立120周年記念行事を実施いたします。

その準備に向けて、第1回実行委員会を先週の土曜日に開催いたしました。

後援会、麗風会(同窓会)、PTAの皆様には委員をお引き受けいただき、誠にありがとうございました。

第1回の会議では記念行事の骨格をご審議いただき、承認していただきました。

2000年に100周年記念行事を実施し、2020年は120周年となります。

オリンピック・パラリンピックとともに思い出深い行事になればと思っています。

実行委員会の後にはPTA・後援会合同理事会が開催されました。

議事に続いて、感謝状の贈呈を行い、御貢献いただいた3年生の皆様に感謝の意を表しました。本当にありがとうございました。

また、今回は本校のICTを活用した取組についてもご紹介させていただきました。

 

華道部の活動

昨日、華道部の作品を届けてもらいました。

現在、1年生のみで活動しているとのことでした。

久しぶりに部屋が明るくなった気がします。

チューリップ、クジャクソウ、アカメヤナギを生けたとのことです。

1年生だけの活動は大変だと思いますが、地道に頑張ってほしいと思います。

ありがとうございました。

 

小学生・保護者対象説明会開催

先週の土曜日に、小学生・保護者対象説明会を開催いたしました。

寒い中、大勢の方にご参加いただき心から感謝申し上げます。

当日は土曜授業ということで説明会だけではなく、授業の様子を見ていただいたり、部活動体験をしていただいたりしました。

本校の良さを知っていただくためには、直接生徒と触れ合ってもらうことが一番だと考えています。

高校生というとまだピンとこないかもしれませんが、学校の雰囲気を感じてもらえたら幸いです。

学校説明と言いますと、中学3年生と思われる方が多いと思いますが、そのような限定はありませんので、お気軽にお問い合わせいただければと思います。

新年のご挨拶

新年明けましておめでとうございます。

昨年は本校の教育活動に対しまして、多くのご支援を賜り、誠にありがとうございました。

本年も何卒よろしくお願いいたします。

さて、本日から学校も本格的にスタートしました。

寒さが厳しくなってまいりましたが、校内では多くの生徒が活動しています。

特に3年生は各教室でセンター試験に向けて熱心に取り組んでいます。

本番まで10日余りとなりましたので、ともかく風邪をひかないように体調管理を万全にしてほしいと思います。

12月全校集会

全日制は2期制のため、昨日まで通常通りの授業を行ってきました。そして、本日は終業式ではなく全校集会を放送により実施しました。

その中では、今年を振り返って次のようなお話をさせてもらいました。

1年生は、今年一女生となり、重いバッグを背負っての生活にも慣れ、すっかり一女になじんだこと。

2年生は、高校生活で最も大きな行事である修学旅行が終わりましたが、数十年後に高校生活を振り返った時に必ず思い出に残るだろうということ。

3年生は、一つ一つの行事が一女最後の行事だったので、特に思い出が多いだろうということ。また、これからの時間でこれまで積み重ねてきたものが絶対に実を結ぶので初志を貫徹してほしいということ。

生徒の皆さんには、常に社会に関心をもって、新しい年も逞しく生き抜いてほしいと思います。

それでは皆様、よいお年をお迎えください。