校長室より

校長挨拶

皆さん、こんにちは。ようこそ浦和一女のHPへ。

本校は、明治33年に本県で最初に設置された埼玉県高等女学校をその前身としており、現在に至るまで120年以上の歴史と伝統があります。

創立以来、本県トップの女子進学校として着実に実績を積み重ね、卒業生が国内外で活躍されています。

さて、本校は、目指す学校像を「世界で活躍できる知性と教養、逞しさを備え、社会に貢献する高い志を持った魅力あるリーダーを育成する女子高校」としています。 

国際社会で活躍できる実力を身につけた女性のグローバルリーダーを育成したいとの思いからです。

今、我が国はこれまで経験してこなかったような様々な課題に直面しています。

一女生には、知性を磨き人格を陶冶し、将来、世界の平和と繁栄に寄与できるようなグローバルリーダーになってほしいと願っています。

そのために、一女では様々な学びの場を用意しています。レベルの高い授業はもとより、心身を鍛え友情を育む部活動や生徒会活動に加え、スーパーサイエンスハイスクール(SSH)事業など、何事にも全力で取り組む校風のもと、生徒は充実した学校生活を送っています。

さらに、社会課題に対する関心と深い教養、コミュニケーション能力、問題解決能力等を身につけ、将来、国際的に活躍できるグローバルリーダーの育成を図るために、一女ならではのグローバル教育にも重点を置いています。

今後も、全校体制で課題探究型学習の研究を進めるとともに、国際感覚豊かな人材の育成を推進することで、一女での高校生活が生涯の宝として光り輝くよう、教職員一丸となって全力で教育活動に取り組んでまいります。

保護者の皆様を始め、関係の皆様におかれましては、本校の教育方針をご理解の上、ご支援ご協力を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。

 

令和5年4月1日
埼玉県立浦和第一女子高等学校
第42代校長 佐藤 成美   

 

校長日誌

始業式 校長講話から

 3月末に本校から新しい学校へと旅立っていく先生方とそれぞれお別れのご挨拶をした際のことです。

 まず驚いたのは、非常に短い期間しかないにもかかわらず、皆さんそれぞれ次の学校について、どんな特徴がある学校なのか、生徒さんの状況、地域の状況など迅速かつ的確に情報収集していらっしゃいました。次に驚いたのは、そこで自分はどのように力を発揮したら良いか、短い期間ではあるけれどもどのような準備をしていったら良いのか、ということについて具体的に考え、すでにアクションを起こしていらっしゃった点です。さらに、新任地ではこんな風にお仕事したい、こんなことをやってみたい、という抱負を述べてくださった内容が素晴らしくて、大変感動いたしました。

 どの先生方も、皆さんご存じの通り、力があってご経験も豊かな先生方ばかりです。しかし、それにおごることなく、飽くなき探究心と向上心を持って異動されていきました。

 私は、さすが一女で教鞭を執られていた先生方はやはり違う、一女で最高の授業を目指して頑張っていらっしゃった先生方は、他の学校でもまた一流の教員として御尽力されるのだろうな、と深い感銘を受けました。

 お一人お一人の先生方が、新しい学校でどのように新学期を迎えていらっしゃるか、4月26日、離任式の時に皆さんもしっかりお話を伺ってみてください。

 そして皆さんも、異動されて行かれた先生方の後ろ姿からたくさんのことを学んで、新たな年度のスタートを切ってください。

入学式式辞から(3)安心・安全

入学式にあたり、新入生にお願いしたいこと

 

「一人一人が安心・安全に心がけてほしい」ということです。

 高校入学と同時に通学をはじめとして、行動範囲が広がります。油断をしていると危険に身をさらすことになりかねません。自然災害も思わぬ脅威となることがあります。

 学校としても皆さんの安心・安全を最優先にしていきますが、皆さん自身も想像力や判断力を十分に働かせて、様々なリスクを回避し、危険から自分の身を守る術を身に付けていきましょう。

入学式式辞から(2)一女の友は一生の友

入学式にあたり、新入生にお願いしたいこと

 

「人との出会いを大切にしてほしい」ということです。

 人生が豊かなものとなるためには、信頼しあい、尊敬しあえる知己の存在はとても重要です。知己とは自分のことをよく知ってくれる人、自分のことをよく理解してくれている人、友人、知り合いといった意味です。本校では、さまざまな個性をもった友人、先輩、後輩との出会いがあるでしょう。クラスや学年を超えて、仲良く、何でも話し合えるところが、本校の強みであると私は思っております。

 クラスや授業の仲間だけでなく、部活動や生徒会活動、さらに、本校はSSHや探究活動を通じて、大学や地域社会、海外などともつながりが持てるように、本校は多彩な学習の機会をたくさん用意しております。

 また、豊富な知識と経験を持った教職員が、皆さんの学びをしっかりと支えます。

 「一女の友は一生の友」という言葉が本校にはあります。様々な場面で互いに励ましあい、高めあうことのできる、そんな生涯の知己を見つけましょう。

入学式式辞から(1)とことん学ぶ

入学式にあたり、新入生にお願いしたいこと

 「世界の平和と繁栄に貢献する高い志を持ち、その実現に向けて、主体的に幅広く、とことん勉強してほしい」ということです。

 私は、これからの社会では、女性がリーダーシップをとって難局を切り抜ける場面がどんどん増えていくと考えています。自分の人生を切り開き、自己実現を図り、さらに世のため人のために力を尽くしていくためには、皆さん一人一人が十分に力をつけなければなりません。このことを意識して、精一杯勉学に取り組むことはもちろん、心身の充実を図り、人間的にも大きく成長し、できる限りの力をつけてほしいと思います。この三年間、約1000日のすべての日々が、自分の夢を見つけたり、実現したりするうえで大切なかけがいのないエッセンスとなります。着実に努力を積み重ねれば、大変に高いところまで到達できることは、多くの先輩たちが証明しています。

 教職員一同、全力で皆さんを応援します。本校に入学したことに満足せず、さらに高みを目指していきましょう。

新年度の準備できました~令和6年度の桜~

令和6年度を迎えました。今年度もよろしくお願いいたします。

本校の桜も開花が例年よりも少々遅れておりましたが、4月4日の入学式の頃に満開になりそうです。

 

麗風会の森活動

話は少しさかのぼりますが、11月10日(日)に麗風会の森活動に参加してまいりました。

麗風会の森は、名水百選にも認定されている風布(ふうっぷ)川の流れる埼玉県大里郡寄居町風布にあります。風布はミカン狩りができることでも有名な土地です。日本におけるみかん栽培の北限地域の一つとされているそうです。四方を山に取り囲まれているので不思議に思いますが、低地よりも高地の方が暖かいという盆地特有の気候を生かしているそうです。

日当たりのよい斜面に、つやつやと輝くオレンジ色の実がたわわに実ったみかんの農園。それを横目に、マイクロバスでないと通れないほどの細くて急な山道をどんどん登っていくと、まもなく麗風会の森に到着します。

麗風の森活動は、麗風会会員、現役生、先生方、PTA、後援会、一女にまつわるすべての方々の為の『緑豊かな森を目指して楽しむ森づくり』をモットーに2007年から50年を目標に活動を始めています。

到着したらすぐに物置から道具を取り出して、簡易トイレの設置をします。

大鎌班と剪定鋏班、遊歩道整備班に分かれ、下草を刈ったり邪魔な小枝を剪定していきます。時にはのこぎりを使い、倒木を運びやすい長さに切って片付けます。途中出会った写真のワンちゃんは、首輪にGPS発信機と大きな鈴を着けていました。森林を巡回パトロールする方々と一緒に山を駆け回っていました。とても賢いワンちゃんです。

少し手を休めながら森の観察もしてきました。コナラ、山栗、山桜、つつじ、モミジ等々。枝や下草を刈ると陽射しが足元まで届いて明るい林になりました。

とても充実した一日になりました。

麗風会の森活動その他の麗風会活動について、詳しくは本校ホームページのトップページの「浦和一女麗風会」のバナーからご覧ください。

令和5年度自転車ヘルメット着用推進校

改正道路交通法(令和5年4月1日施行)により、すべての自転車利用者について、ヘルメットの着用が努力義務化されました。このことを受け、全世代の中でも自転車事故の多い高校生に対し、自転車乗車用ヘルメットの着用促進を図るため、県立学校4校が「自転車ヘルメット着用推進校」として県教育委員会から委嘱されることとなり、本校に委嘱状が交付されました。

また、埼玉県高等学校PTA連合会様から県教育委員会に寄付されました自転車乗車用ヘルメットを貸与していただくことになりました。

今後は県内高校生の交通安全意識の向上を図るため、学校内外において周知啓発活動を積極的におこなってまいります。

埼玉県警察によりますと、県内の自転車事故で亡くなった約7割の方が頭部に致命傷を負っています。また、自転車乗車用ヘルメット非着用時の致死率は、着用時に比べて、約2.1倍高いことが分かっています。ヘルメットを着用することで安全性が高まることがよくわかります。

生徒の皆さん、自らの命を守るため、また小中学生をはじめとした地域の皆さんの模範となるように、積極的に乗車用ヘルメットを着用してまいりましょう。

混成競技大会(1年生の体育の授業)

11月27日(月)1限目に1年1組の体育の授業を見学しました。

表題の「混成競技大会」とは、体育の授業の一環で行われる陸上大会です。

クラス内に5チームを作り、50分間の授業の中で、50mハードル走・メディシンボール投げ・走り幅跳び・800メートルリレーの4種目対抗戦を行います。その準備・体操・開会式・競技・結果発表・整理体操・片付けまでをすべて生徒が運営するというものです。

時間内にすべて実施することができました。大成功でした。

どんな段取りで、誰が何をするか、運営スタッフはどんな声がけをしたらよいか、競技者は何に気を付けたらよいか。

競技ごとに違った役割を担う中で、ある時はリーダーとして、ある時はフォロワーとして、各自がしっかり行動することができました。

生徒の皆さん、お疲れさまでした。

 

 

華道部の活動

11月15日(水)、今年最後の華道部の活動日。

学校の敷地内の針葉樹からいろいろな種類の葉を集めてクリスマスリースを作っていただきました。

早速、校長室の入り口に飾り付けました。

本校の敷地は緑が大変豊かです。針葉樹だけでも一体何種類あるのでしょう。

クリスマスが楽しみになりました。

その前に生徒の皆さんには定期考査がありますけれども。

 

華道部の皆さん、いつもありがとうございます。

第5回学校説明会、ご参加ありがとうございました

本日11月11日(土)、第5回学校説明会を開催しましたところ、たくさんの中学生・保護者の皆様にご来校いただきました。

誠にありがとうございます。

午前10時スタートの際には、先日香川県で行われた第76回全日本合唱コンクールにて金賞・香川県教育長賞に輝きました本校音楽部の合唱を3曲披露させていただきました。

説明会後の授業公開、午後の部活動や課外講座の様子も熱心にご覧いただきました。

本日の取組が、中学生・保護者の皆様の学校選びのお役に立つことができましたら幸いです。

どうぞよろしくお願いいたします。