一女日記

1000色のエッセンス

中学生向け学校概要説明が行われました

7月11日(土)、中学生向けの学校概要説明が行われ、70組140名の中学生と保護者の方にご参加いただきました。

ほとんどの皆さんが「WEB学校説明スライド動画」をご覧になっていただいているということで、重複しないような+αの説明をさせていただきました。説明後に4限目の授業や図書館などの施設をご見学いただきました。

雨が降っているにもかかわらず、ご出席いただきましてありがとうございました。

説明会・入試情報はこちらへ

 

夏季実力養成講座について

今年度もたくさんの夏季実力養成講座が実施されます。

コロナウィルス感染拡大防止のため、教室で実施するもの(広い教室を使用するなど工夫します)とオンラインで実施するものを半々として、3年生25講座、2年生6講座、1年生3講座が行われます。夏季休業が8/1~24に短縮されましたので、各教科とも講座を精選して生徒たちにとって最も効果的な計画を立てました。

オンラインでの実施は、Google Classroomを4月から使用して授業を行ってきたノウハウが、実力養成講座にも活かされています。

実力養成講座の詳細についてはこちら

1年生への「部活動説明会」が開催されました

 7月7日(火)3限目から約1時間30分にわたり、本校体育館にて1年生を対象とした上級生による「部活動説明会(勧誘)」が開催されました。

 1年生の全員が体育館に集まり、各部活動や同好会がそれぞれ2名、決められた時間内で、ステージ上で、趣向を凝らしてそれぞれの部活動等をPRしていました。

 例年であれば4月に「新入生歓迎会」として全校規模での部活動説明会(勧誘)が大々的に開催されますが、今年度は新型コロナウイルスの影響で、前期期末考査の最終日の本日「部活動説明会」を開催しました。

 1年生は今日から、いろいろな部活動を見学し、来週には入部届を提出します。放課後は、各部活動の様子を1年生が目を輝かせて見て回っていました。

 

 

1学年「総合的な探究の時間」の様子

6月30日(火)7限目に1年生3回目の「総合的な探究の時間」が実施されました。

現在行われている「SS探究Ⅰ」では環境・気候変動問題、保健衛生問題、資源・エネルギー問題など地球規模の問題に対して、グループ単位で、課題を発見しその解決策を提案するというものです。

今日は「水の利用可能性と管理方法を考える」、「日本のエネルギー事情と次世代エネルギー開発の歴史と今後を考える」などをテーマに学年を10グループに分け、グループごとにエキスパート活動を行いました。もう1回エキスパート活動を行った後、ジグソー活動へと進みます。


 

2学年「総合的な探究の時間」の様子

2学年の総合的な探究の時間では、「SS・SG探究Ⅱ」として探究活動を行っていきます。

具体的にはSDGsのテーマごとに21のグループに分かれて、文献調査・アンケート・フィールドワーク・インタビューなどにより実際の調査、分析を行います。ビジネスモデル(価値の創造とその提供のしくみ)を意識してポスターや論文にまとめ発表できるようにすることを目指していきます。

今日は最初のグループ活動が行われました。
 

1年学年集会を行いました

6月25日(木)7限LHRの時間に1年生は最初の学年集会を行いました。

学年団紹介の後、平沼学年主任からは、「805朝学習」(早朝自主学習)や定期考査前の「3時間勉強Week」(放課後教室での3時間自主学習週間)など「学びの集団」を作る学年の取り組みについて講話がありました。続いて、生徒指導担当・進路指導担当から学年全体への最初の講話が行われました。

早速26日(金)の放課後には、各クラス20名以上の生徒が教室で自主学習に取り組んでいました。

古代蓮の花が咲きました

6月26日(金)、本校中庭の蓮池の古代蓮(大賀蓮)の花が今年もきれいに咲きました。これは、毎年冬に本校生物部の生徒たちが苦労して行っている「天地返し」の賜なのです。

「天地返し」とは、池の水を全部抜いて池底の泥を天日にさらした後、表層の泥と深層の泥を反転させる作業のことです。「天地返し」をすると、泥中の有機物の分解が促進され、蓮の花をたくさん咲かせるのに必要な窒素源を泥中に増やすことができます。

一女の蓮池の蓮は、2000年前の地層から発掘された種子の発芽によって花を咲かせた古代蓮(大賀蓮)の一部を東京大学から譲り受けたものだそうです。今私たちが見ている蓮の花を2000年前の人も見ていたことを考えると悠久の時間を感じます。

過去の天地返しの様子が、今年の「一女学校紹介動画」にありますので、学校説明会・入試情報からご覧ください。

 

「805」朝学習が開始されました

本校1学年では、今日から、始業前の8時05分に登校し、自学自習する「805朝学習」が開始され、ほとんどの生徒が登校し、熱心に授業の予習などを行っていました。これは、以下のような目的で行われます。

・頭脳のキレの良い朝に勉強し、学習効率を上げる。

・学校の授業の予習復習に必要な勉強時間を確保する。

・朝型の生活リズムを作る(将来の大学受験ではこれが最も大切)。

・学ぶ集団の「見える化」をはかり、生徒相互の学習のモチベーションを保つ(「受験は団体戦」)。

早朝の登校は、電車の混雑も回避できます。全ての生徒が第一志望大学に合格するよう、75期教員は、生徒たちの学習を見守り、サポートし続けます。

 

今日から通常登校となりました

6月22日(月)から通常登校となりました。

本校は8時35分からSHR開始ですが、805朝学習(早朝自主学習)を推奨しているので、登校のピークは8時前になります。元気に登校してくる生徒たちを校長先生はじめ先生方が校門で見守りました。

4ヶ月ぶりに全員揃った授業では、いつもの活気が戻っていました。委員会活動も開始され、全クラスの委員が集まるため体育館など広いスペースを会場に、初会合が開かれました。部活動も週3回各1時間程度ということで再開されます。

 

【文化祭について】保護者の皆様、地域の皆様、小中学生の皆さんへ

8月29日(土)、30日(日)に予定されていました一女祭ですが、残念ながら今年度の開催を取りやめることになりました。

 

伝統ある文化祭を成功させるために、文化祭実行委員の生徒を中心に1年間準備を重ねてきました。しかし現在の社会情勢を鑑みると、安全な開催は非常に難しいと判断いたしました。開催を心待ちにしてくださっていた皆様には、ご理解を頂けますようお願い申し上げます。そして、来年以降の一女祭を楽しみに待っていていただけたらありがたいです。

 

中学生の皆さんには今後開催予定の学校説明会に参加して頂き、一女の様子を知っていただけたらと思います。学校HPも頻繁に更新されておりますのでどうぞご覧ください。

 

なお、文化祭の代替として、学習成果発表会(非公開)実施の検討をしてまいります。