学校概要

脈々と受け継がれる一女教育の伝統

 埼玉県立浦和第一女子高等学校(一女)は、明治33年の開校以来、現在に至るまで120年にわたり、埼玉県女子教育のトップリーダーとして、国内外で活躍する3万2千人余りの卒業生を輩出しています。この間、一女は一貫して、教養に溢れ、人間性豊かな、品格ある女性の育成を目指してきました。

 これからも一女は、知・徳・体にわたる全人格的な陶冶を目標として、授業、行事、部活動のいずれにも全力で取り組み、国際化、情報化の進む日本で、そして世界で、大きく羽ばたく、魅力的な女性を育てます。

一女が目指す教育

目指す学校像

「世界で活躍できる知性と教養、逞しさを備え、社会に貢献する高い志を持った魅力あるリーダーを育成する女子高校」

コア&オプション

  一女では、授業を学校の「コア(幹)」と位置づけ、表面的な理解にとどまらない、「本物の学問の魅力」を伝えます。

 また、「部活動」「生徒会活動」「SSH※1」「SGH※2」「実力養成講座」等、学校生活を充実させる多彩な「オプション(選択肢)」を用意し、10年後、20年後を見据えて、生徒一人ひとりの生きる力を育てます。生徒は知を探求し、国際社会に向けて自らを鍛え、自主的に幅広い活動への参加を行っています。

※1 文科省 スーパーサイエンスハイスクール(SSH)指定校

※2 文科省 スーパーグローバルハイスクール(SGH)指定校

 

 

 

一女の授業

一女教育のコア(幹)

 一女教育の根幹をなすのは日々の授業にほかなりません。一女ではすべての教科において、単なる知識の吸収にとどまらず、「思考力・判断力・表現力」を磨くことのできる深い学びの場を提供しています。

 次にその特徴を挙げてみましょう。

①深い専門性に裏付けられた教員による知的刺激に満ちた授業

②知的好奇心に富んだ、素質溢れる生徒同士による切磋琢磨

③予習―授業―復習のサイクルを意識した適切な課題の設定

④深い学びを実現する少人数授業展開
(2年次理系数学・2年次英語表現Ⅱ・3年次理系数学・3年次文系選択授業)

⑤一生涯の学びを支える特色ある取組   

英語 多読プログラム(英語を英語のまま理解する力を養う)
国語 新書レポート(すべての学びの礎である読解力を磨く)
数学 別解ニュース(論理的思考力に加え、独創性を養う)

資料 「一女で学ぶとは・・・」 はこちら  →  一女で学ぶとは・・・.pdf

資料 「学習の手引き 1学年」より 国語・数学・英語についてはこちら ↓

一女の国語.pdf 一女の数学.pdf 一女の英語.pdf

授業時間確保の取り組み

 年間17回の土曜授業、7時間目(火・木曜)の設定、二期制、長期休業の短縮(4月4日入学式 8月下旬に授業開始)などによって、十分な授業時間を確保しています。(2019年の例)

  土曜授業一覧はこちら → H31土曜授業一覧.pdf

充実した学習環境

 全教室において冷暖房、ビデオプロジェクターを完備しています。

 

 

教育課程表

令和2年度入学生 教育課程表

 

大きな画像で見る

*3年文系は「古典研究」2単位、「英語総合」2単位、「上級コミュニケーション」2単位、「地理B」4単位、 「世界史探究」2単位、「日本史探究」2単位、 「地理探究」2単位、「政治経済」2単位、「倫理」2単位、「物理探究」2単位、「化学探究」2単位、「生物探究」2単位、「地学探究」2単位、  「音楽Ⅲ」2単位、「美術Ⅲ」2単位、「書道Ⅲ」2単位、「ソルフェージュ」2単位、「美術総合研究」2単位、「応用の書」2単位、  「子どもの発達と保育」2単位、「ファッション造形基礎」2単位、 「フードデザイン」2単位、「スポーツⅡ」2単位 から10単位を選択

教科書

平成31年度使用教科書 平成31年度使用教科書一覧.pdf

平成31年度使用教科書選定方針 平成31年度使用教科書選定方針.pdf