進路計画

 茶道や武道などの修行の段階を示す言葉に「守・破・離」という教えがありますが、この教えは、一女の3年間にも通じると考えています。

3年間の学びの段階を

 1年生は、「守」学び方を学ぶ:一女生としての基礎基本、「型」を身につける。

 2年生は、「破」学びの質を高める:「一女生としての型」を礎に、自分の可能性を追求する。

 3年生は、「離」自らの学びをつくりあげる:今までの学びをもとに、自分の力で走り出す。

とデザインしています。

 現代物理学の父と称されるアインシュタイン(Albert Einstein)は、「Life is like riding a bicycle. To keep your balance you must keep moving.」という名言を残しましたが、この言葉を、一女の進路指導になぞらえれば、子どもが一人で自転車に乗れるようになるイメージを重ねることができるかもしれません、…最初は、後ろを押さえてやるが、乗れるようになってきたら、だんだんとその手を離して、最後は、生徒が自らの力で、人生という自転車を漕いでいく…

 この、「自らの力で、人生という自転車を漕げるようになる(=自走できるようになる)」ということは、大学受験はもちろん、皆さんの長い人生において、非常に重要な要素なのです。

 3年間の詳しい進路計画は、下のPDFファイルでご覧ください。   

●進路実現を目指して(2019年度進路計画).pdf