ソフトテニス部紹介

こんにちは!ソフトテニス部です。

私たちは木曜日、日曜日を除く週5日楽しく活動中です。関東大会出場を目標に練習に励んでいます。

 

ソフトテニス部ブログ

【ソフトテニス部】東京大学弥生杯

 令和6年2月10日、東京大学駒場キャンパステニスコートに於いて、第8回弥生杯が行われました。この大会は東京大学運動会軟式庭球部主催で、ここ数年毎年お誘いいただいています。
 参加校は神奈川県立湘南高校、千葉県立千葉高校、千葉県立船橋高校、東京都立国立高校、洗足学園高校と本校の6校です。 予選リーグの後、順位決定戦を行い、本校は3位でした。
 試合の後、座談会があり、テニスのこと、受験や大学生活についてなど、様々なお話を大学生から伺うことができました。色々な面で刺激を受けた1日。この機会を作ってくださった大学生の皆様に感謝し、今後の生活に活かしていきたいと思います。

 

【ソフトテニス部】南部リーグ結果 その2  

  B・Cチームと混成チームは、 Aチームと別会場にて実施されるDトーナメントに出場しました。

 他校と合同で出場した混成チームは、 残念ながら一回戦で敗退してしまいました。しかし、 要所要所に良い得点パターンがあり、 いかに強みを前面に出していくことができるか考える機会となりま した。初戦敗退チームは練習マッチのチャンスもいただき、 全員が2試合の経験を積むことができたのも幸いです。

 B・Cチームもまた、基本に忠実に、 コミュニケーションを大切にしながらポジティブに試合を運べるよう心掛けました。具体的に選手が心掛けた留意点には、サービス・ レシーブのミスを避けること、ボレーに出るタイミング、 前衛を活かすラリーの組み立て方、等々が挙がります。
 Dトーナメントの決勝で同校での対決を迎えられたことで、 これまでの練習成果を実感できました。引き続き、 さらなる向上を求めて日々の練習に取り組みます。

 

*** Bチームの声 ***

角田芹香

今回の試合では、Bチームでの参加でしたが、そのBチームのメンバーとDリーグの中で優勝できてよかったです。 ミスはいつもより少なく、攻めるべき時に攻められて、2人で一本 も多かったので、全試合をストレートで勝ち切ることができました。しかし、まだもったいないネットミスがあったり、ファーストサ ービスの確率があがらなかったりと課題はまだまだあるので、これからの関東予選にむけての練習で今ある問題点を改善させていきたいです。


蓜島珠

今回はAグループには入れませんでしたが、Bグループの1番手としてメンバーの士気を上げることを意識してプレーできました。 全ての対戦で一番最初に出ましたが、しっかり勝つことができまし た。私たちの後に出るペアへのプレッシャーを減らし、チームの雰囲気をつくれたのでよかったです。しかし、試合の序盤でポイントの取り方が思い通りに行かなかったことや、前後の動きが少なかったことなど、まだまだ改善すべきところもありました。今回の優勝という経験を糧にして、これからの関東大会予選に向けて、日々の部活動に集中して取り組めるようにしたいです。


長谷川雅

まずはシードというプレッシャーを感じていた中で団体戦で優勝という結果を残せたことをとても嬉しく思います。今回は初戦が始まるのが遅く、体が冷えないようにアップを入念にしました。そのため初戦で足は良く動いたのですが、1ゲーム目のファーストサービス率が低かったのが課題です。また、蕨戦も浦実戦もダブ後との試合だったので私たちが苦手なミドルを攻めて、自分たちが先にミスらないように粘ったことが勝利に繋がったのかなと思いました。逆に相手からミドルやショートを狙われたときは以前よりも拾える場面が増えたと感じましたが、まだ反応が遅いのでしっかりペアと声掛けを増やしていこうと感じました。毎試合で課題としていた振り切ることが今回はできたのでどんな天候でも恐れず振り切ることは引き続き意識していき、初めのサーブ率とミドルの対応を練習していこうと思いました。


大藪なつみ

今回の大会は全体を通してサービスの確率が高く、良い流れを作って上手く流れに乗ることが出来たと感じます。1回戦目は相手にバック側を狙われ立ち上がりでミスを連続でしてしまうことが多くありましたがすぐに切り替えて、立て直し普段の練習でやってきたことを沢山試して練習の成果を発揮できたと思います。また1・2回戦ともに平行陣との試合だったので前に出されて陣形が崩れてしまうことなど相手より先にミスをしないことや自分たちが打たれて1番嫌なところを中心に打ち続け、落ち着いてプレーをしたシーンが多くありました。今日出来なかった前後に揺さぶられる動き、ゲームの基本であるサービスレシーブの確率や攻めるプレーなどとまだまだ足りないことが多くあるので、次の大会にはできることが増えてい るように今回の大会の反省を課題として練習していきたいです。


小林春奈

優勝することができて本当に本当に嬉しいです!またペアとしても 1つの大会で連勝した経験はなかったので今回全勝することが出来て嬉しかったです。後衛として打たれたボールをとにかくねばり強くミスせず返し続けることを意識してきました。しかし、今回の大会でダブルフォルトなど無駄なミスをしたり、前の方にふられたときに思い通りの場所に返せなかったりと反省するべき点がありました。 また、自分から攻める強いテニスが出来ないのが最大の課題です。 見習いたい所が沢山ある周りの仲間たちに少しでも追いつけるように、そして個人戦でも成績を残せるようにこれからの練習に取り組んでいきたいです。


只野穂佳

テニスを始めてから、初めて入賞することができたことを嬉しく思 います。強風の日が続く中、ほぼ無風の状態で試合に入れたことは幸いでした。しかし、サービスの確率が低く、試合の入りがあまり良くなかったことが心残りです。また、そのために試合中に焦ってしまい、自分の前に来たボールを受ける際にラケットの面が傾いてし まったり、フレームに当たったりしてしまいました。ペアの言葉で気付かされましたが、試合中での切り替えの気持ちが私に足りていない部分だなと痛感しました。この経験を次の試合に活かし、邁進していきたいと思います。ポイントの合間に助言をしてくれるペアに感謝です。

 

*** Cチームの声 ***

坂口夏希

今回の大会では、全てがストレートで終わりました。決勝の一女Bとの試合では下剋上が叶わず、とても悔しいです。
初戦の与野高校Bとの試合ではミスを一度に抑えることができて良かったです。前衛が上がりきれなかったところや前後衛が後ろにいる時にミドルに強打するなど、積極的に攻撃できました。
次の南稜Bとの試合では、ノーミスで試合を終わらせることができました。中ロブで走らされた際にバックで引っ張ったり、短くカットを打って翻弄したりと練習で学んだことを実践できたのでこれも良かったです。また、厳しい時に無理に打たずに繋ぎ、機を見て攻めることができたおかげで前衛にもボールが多く上がり、 決めてもらえたことも良い点です。
しかし、決勝の一女Bとの試合(VS角田蓜島)では、攻められている時に攻められていると自覚ができず、厳しい球を凌ぐことがで きなかったため思ったように試合を運ぶことができませんでした。 終始相手のペースで試合が進み、主導権を握ることができなかったため、苦しいときに凌ぐ持ち球が少ないことが課題だと感じました 。また、これまでの試合の疲れも多少あり足の動きが悪かったので、もっと体力をつけるべきだとも思います。
自分が思うように試合を進められるとすごく楽しいので、そうできるように精進します。


深原帆望

今回の大会で準優勝という結果を残すことができてとても嬉しいです!
いつも試合の入りが悪く、一ゲーム目を落としてしまうことが課題だったのですが、今回はしっかりアップをしたのでいい流れで試合ができました。相手のミスを待つのではなく、積極的にボレーに出てプレーできたのは良かったと思います。しかし、ファーストサービスの確率が低くセカンドサービスで相手に攻められてしまう場面が多くありました。前衛がサービスをする時はポイントを落としやすいので苦しい展開にならないように、ファーストサービスの確率を上げていきたいです。


竹谷結衣

まず南部リーグで準優勝という成績を収めることができ、嬉しく思います。今回の大会は団体戦だったので、同じチームのメンバーと アドバイスし合いながらプレイすることができました。 また試合では、声を出し前向きに臨むことを意識し、自分とペアがやりたいことを沢山できたと思います。一方で課題も残ったのでこれからの練習に活かしていきたいと思います。


瀬田松愛

まずは今回、Aチーム優勝、Bチーム優勝、Cチーム準優勝と言う形で入賞することができてとても嬉しいです。 私は準優勝でしたが、団体戦でここまで勝ち上がるのは初めてだったので、最後まで楽しくできました。
私たちはシードだったので少し緊張していましたが、ポイントを考えながら落ち着いてプレーできました。今日も寒い1日でしたが、 アップで体を温めてから試合に入れたので良かったです。
2試合目では南陵高校とあたりました。1ペア目がストレートで勝 ってくれたのに、1-4で負けてしまい、申し訳なかったです。特に私はレシーブミスが多く、セカンドでも振り切れずに攻められなかったことが課題でした。もっと構えを早くしてしっかりと振り切り、レシーブミスを無くしていきたいです。
決勝戦では、一女のダブ後と当たりました。校内でも何度か対戦したことがあり、サービスから上がる時やストレートなど沢山狙われました。しかし、少しネットから離れて視界を広くしたことで守備範囲を広げられました。 すると途中から繋ぎのボールが多くなってきたので、今度は自分から取りに行くボレーも増やしたいです。
今日は、ペアの子と一緒に沢山声を出して「やりたいことをやろう 」と前向きにできて楽しかったです。体調があまり優れない中、最後まで一緒に頑張ってくれたペアの子に感謝したいです。また、準優勝まで導いてくれた同じチームの仲間にも「ありがとう」と伝えたいです。これからも1日1日を大切にして悔いが残らないように練習していきたいです。


西野志織

まずは今回2位に入賞することができて嬉しかったです。初戦の立ち上がりが悪くてラリーの中で相手より先にミスをしてしまうこと が多かったので日々の練習で相手より先にミスをしないことを意識したいです。2試合目以降はファーストサービスが入る確率も上がり 、シュートと中ロブを上手く使い分けられたので良かったです。今回の大会で明らかになった自分の課題を春の大会までに改善できる ように練習を頑張りたいです。


松村雛

今回の大会は3本目で確実に上がることを目標にしました。レシー ブが前衛側(自分)に帰ってきた時はスムーズに上がれたが、 後衛側に来た時、上がるタイミングが遅い場面が何回かあり、どこにボールが来るか思い込みすぎていたと思いました。また、デュースのときや、いい流れのときにDFをすることが多く、大切なポイ ントだから、と力が入りすぎていたと感じました。練習でもファーストサービスを何本打つか決めて緊張感を持ち、慣れていきたいです 。セカンドレシービス練習のときの球だしなどを利用して確実に入るセカンドレシービスを身につけたいと思います。残り少ない部活動、 悔いが残らないように日々目標を持って取り組みたいと思います。

 

 Bチーム優勝!

 

Cチーム準優勝!

 

 次の大会にけて頑張ります!

 

【ソフトテニス部】2年連続ダブル優勝 ー南部リーグー

 令和6年1月28日、大宮第二公園と浦和総合運動場において、令和5年度埼玉県高等学校ソフトテニス南部支部リーグ大会(団体戦)が行われました。昨年度もAチームがAブロックで優勝、DトーナメントでBチームが優勝・Dチームが3位で快挙と思いましたが、今年度はAチームAブロック優勝DトーナメントBチーム優勝Cチーム準優勝というかつてない結果を得ることができました。返還した優勝杯をまた持ち帰ることができ、感慨深い一日でした。

 チーム分けはいつものように校内戦で決めます。今回は

Aチーム 釜口②・小川② 齋藤②・髙山② 木村②・大橋②

Bチーム 角田②・蓜島② 長谷川①・大藪① 小林②・只野②

Cチーム 坂口②・深原② 竹谷②・瀬田松② 西野②・松村②

混成   國枝①・岡﨑① 齋藤①・北川①

でエントリーしました。

 Aチームに関しては、課題にしてきたデュース等競ったカウントでの2本の取り方、ファーストサービスの確率、ボレーの面の作り方を、どのペアも改善し、思うようなゲーム運びをすることができました。また、3ペアで1勝をつかむという団体戦ならではの醍醐味を味わうことができました。これからは駆け引きを楽しめるよう練習しながら、引き続き基本を固め、自信を持ってプレーできるよう、技を磨き体力を鍛え精神力を養っていきます。

 

*** Aチームの声 ***

釜口清音

今回は今までよりも試合への入り方がよく、初戦からいつも通りのプレーができたと思います。反省点は何気なく返したボールをポー チに出た前衛に何度も取られてしまったことです。これからは相手に攻められている時は高さをつけて前衛に取られないような安定したボールを打てるように練習していきたいです。


小川藍奈

二年連続でこの大会で優勝することができて、とても嬉しいです。 ずっとペアで課題だった試合の入りも今回は上手くいき、練習していたロブで前衛の上を通すレシーブも何本か成功することができま した。しかし個人的には、サイドを抜かれてしまったり、2本連続でレシーブミスをしてしまったりと、反省する点も多くあるので、 引き続きこの冬しっかり練習していきたいです。また、勝ち進むにつれ、後衛に任せてばかりの試合展開が増えてきたので、ポーチなどの練習もしていきたいです。


齋藤純怜

団体戦で優勝できたこと、とても嬉しく思います。予選リーグでは相手のポジションを見て攻撃したり、相手の得意なパターンにならないような配球をしたりすることができました。特にこの冬に練習してきたカットを多用して自分に楽な形でポイントをとることがで きました。しかし、準決勝では甘くなった繋ぎのボールを打ち込まれて、自分たちの攻撃パターンにもっていくことがなかなかできま せんでした。また決勝のダブル後衛との試合では、ロブで繋げてくる相手に対して自分から先にミスをしてしまうことが多くありまし た。繋ぎのボールと攻めのボールをはっきりさせて先にミスをしない選手になれるようにこれからの練習に取り組みます。


髙山のはら

まずは今回の大会で優勝できたこととても嬉しく思います。予選リーグでは、チャンスボールをしっかり決めることができ、カットなどを自分から仕掛けに行くこともできたので良かったです。 しかし、相手のプレースタイルを把握するのが遅く、点を取れるパターンを見つけて攻めていくのが遅くなってしまったことがあった のが反省点です。決勝トーナメントではレシーブや三本目のミスが多く、繋げれば展開が変わるかもしれないというところでもったいない失点が多かったのでそういう場面こそ確実に入れられるようにしたいです。そのために日々の練習から緊張感を持ち、あと一点取られたらゲームを取られてしまうなど、自分の中でプレッシャーのある環境を作りながら練習していきたいです。


木村茜音

一女が2年連続で南部優勝することができてうれしくおもいます。 今回の大会は自分のミスをいつもより減らせたと思います。でも打ち合いになったときに、自分が相手の返しやすいところに返してしまうことが多く、サイドパスをしたり、コースを変えたりすることがあまりできなかったので、練習して次の試合ではもう少し挑戦できるようにしたいです。また、 ファーストサービスの確率が悪いので、トスを安定させたり入る打ち方を見つけたりして、もっと確率をあげれるようにしたいです。


大橋紗季

まず2年連続ダブル優勝という華々しい結果を残せたこと、嬉しく思います。今回、南稜戦で初めて3番勝負というものを経験しまし た。相手に決められたり緊張感からつまらないミスをしてしまったりで気持ちを保つのが難しく、ファイナルまで持ち込んでしまいま した。そこで持ち直し勝ち切ることができてよかったです。その後の試合もファーストをしっかり入れること、足をつけることを意識し、戦うことができました。今回体験した緊張感を忘れないように これからの練習もしっかり励んでいきたいです。

 

 

 

【ソフトテニス部】さいたま市インドア選手権大会結果

  令和6年1月8日、サイデン化学アリーナにおいて、令和5年度さいたま市ソフトテニスインドア選手権大会が行われました。この大会の参加資格は、一般女子・一般招待選手・さいたま市高体連推薦選手2ペアです。本校からは釜口②小川②ペアが出場しました。

 一般で活躍している選手との対戦で決勝トーナメントに進むことはできませんでしたが、予選リーグ2位と健闘しました。サービス・レシーブの精度、デュースで競ったゲームでいかに2本連続ポイントするかが課題です。チーム全体で練習を重ねます。

 

*** 出場選手の声 ***

釜口清音

今大会は一般の選手ばかりでいつもとはちがう相手でしたが、 初戦からチャレンジャーの気持ちで試合に臨むことが出来ました。 しかし、課題も多く見つかりました。 カットサーブをとるどころか触れず、 相手コートに返ったと思ってもすぐに前衛に決められてしまいまし た。また、 待ち構えている前衛に不用意にボールを持っていってしまいポイン トを取られることが多かったです。 今回上手い選手がやっていたような確実に点が取れるパターンのよ うなものを私たちも作っていきたいです。


小川藍奈

今回は、一般の方も参加される大会でした。 一般の方と自分の動きを比べた時に、 自分は余裕が無さすぎると感じました。また、 ボールをしっかり見れていないようなプレーが多かったので、 もっとしっかりボールを見て、ミスを減らしていきたいです。 構えが遅くなっているので、意識して改善していきたいです。

 

 

 

【ソフトテニス部】初打ち!

 令和6年1月7日、今年の目標をみんなの前で宣言して、調宮神社に初詣に出かけました。そして、恒例の初打ち!初打ちは、 前衛は後衛に、後衛は前衛になって、試合を行います。本戦トーナメントで初戦敗退したペアは、コンソレーションマッチに進みます。
 普段と違うポジションにみんな戸惑いながら、ナイスプレーや珍プレーがあり大盛り上がり。その結果、本戦優勝池野教諭釜口②ペア2位深原②坂口②ペア、コンソレマッチ優勝は、 瀬田松②小林②ペアでした。前衛後衛お互いの気持ちを理解できる伝統 のイベント。大いに楽しみました。

 

*** 初 詣 ***

 

*** 初打ち入賞者の声 ***

池野智史
 参加者数が奇数であったゆえ顧問の参加となりましたが、大勢の部員が一堂に会する新年最初の部活動行事に加われたことを喜ばしく感じます。年末年始、暫時の休養を経て競技に臨んだところ、 平時・恒常的な練習を累積することが如何に大切であるか、全員が共有することができました。望む打球を得ることに困難を感じ、思いがけない失敗をして隔靴掻痒の感を抱くことが多かったのは、私だけではなかったことでしょう。参加者一同、昨年以上に競技へ親しみを抱いて向上できるよう、日々の錬磨に努める気持ちを新たにする一助を得られたことと思います。昨年にも増し、 引き続きの切磋琢磨に期待しています。

 

釜口清音

 ペアも変えて前後も入れ替えて試合をやるのは新鮮でとても楽しかったです。いつもと違う前衛のポジションにつくことでペアの気持ちが少しわかった気がします。これから気持ちを新たに引退まで精一杯やりきりたいです。


深原帆望

 いつも大会で上位に入れていないので、2位は私にとってすごい快 挙です!うれしい!!
風が強く、変なボールをたくさん打ってしまいましたが、ペアと叫びながら試合ができたのでとても楽しかったです笑
この初打ちで後衛の大変さを知りました。ペアに感謝です、さかなついつもありがとう!
P.S.賞品のバームクーヘンとても美味しかったです〜♡♡


坂口夏希

 この度は2位入賞という華々しい記録を残すこととなり大変嬉しく思います。わーい。初打ち会ということで前後衛を入れ替え、くじ引きにてペアを組んだのですが、驚いたことにいつものペアのほのみと組めました。これもわーいやったーでした。
2人とも不慣れな動きをしなければならなかったので大絶叫の祭でしたが、楽しくテニスできました。2024年もみんなでわいわい楽しみながらテニスしていきたいです。


瀬田松愛

 まず、今回コンソレの方で優勝することができてとても嬉しかったです!最後まで一緒に戦ってくれたペアの子に感謝したいです。
初戦では体が全然動かず、自分からミスしてしまうことが多くありました。しかし2試合目からはポイントを考えながら、攻める所と我慢する所をしっかり分けられたので良かったです。特に2試合目はファイナルの1-6から逆転勝ちをすることができて、諦めないことの大切さを実感しました。後半になるにつれて2人で1本のプ レーを沢山出来たので良かったです!
また今回は後衛としてプレーしてみて、ボールを打ってからの切り替えの難しさや前衛にどんなボールを取って欲しいのかが少し分かったので、今後の練習に活かしたいです。


小林春奈

 不慣れな前衛かつ実力不足からペアに負担をかけてしまい申し訳なく思いました。しかし最後の最後には会心のボレーを決めることが出来て優勝、勝つことの楽しさを味わうこともできたテニスでした!ずっと笑顔で前向きな気持ちにさせてくれたペアの子に感謝しています。また前衛として試合をしてみて、どのようなボールは前衛に任せるべきなのか、そして後衛はとりに行くべきなのかなどをより理解することが出来たので今後の練習に活かしたいです。
校内の大会ではなく今度は校外の大会でここにコメントすることができるように残り数ヶ月頑張ります。

 

 

【ソフトテニス部】さいたま市インドア選手権(中高の部)結果

 令和6年1月6日、サイデン化学アリーナにおいて、令和5年度さ いたま市ソフトテニスインドア選手権大会(中学・高校の部)が行われました。この大会の参加資格は、市内大会で中学ベスト4、 高校ベスト8の12ペアです。
 本校からは釜口②小川②ペア、木村②大橋②ペア、齋藤②髙山②ペアの3ペアが出場しました。予選リーグの後決勝トーナメントという試合形式で、釜口小川ペアと木村大橋ペアが決勝トーナメントに進出。釜口小川ペアが3位に入賞しました。
 日々継続して練習を積み重ねることの大切さを感じた試合でした。

 

*** 出場選手の声 ***

釜口清音

今回の大会は練習を再開した次の日にあり、あまり自分の思い通り に打てないことが多々ありました。日々の練習の積み重ねが大切な ことを改めて実感しました。他校の上手い選手たちはインドアとい うこともありラリー中にカットも多く混ぜてきて受け身のテニスに なってしまったことが反省点です。次のインドア大会ではカット がかかったボールはとにかくラケットにあてて相手コートに返すこ とを第一に意識したいです。


小川藍奈

今回は、休み明けだったため練習不足で大会になってしまいました 。そのため、レシーブなどのストロークや、面ができてないことに よるボレーのミスが多くなってしまいました。また、 前に着いた時、構えが遅くなってしまったのと、一定のコースを狙 われることがあったので、意識したいです。


木村茜音

まずは今回のインドア大会に出場することができてうれしく思いま す。以前の団体戦でのインドア大会で、普段とのボールの跳ね方の 違いなどを知れたので、前よりは打点を合わせることはできたと思 います。でも、前を狙われたときや、カットで打たれた時にうまく 打ち返せずにミスしてしまうが多くあったので、きちんとボールを みて距離感をつかめるようにしたいです。普段の試合でも、 前を狙われるとミスしてしまうことが多いので、もっと練習したい です。また、まだロブが短くなり相手の前衛に取られてしまうこと があるので、きちんと高さをつけたり、 長く打てるように練習したいです。


大橋紗季

今回もインドア大会で、外と体育館で違いが現れるカットの跳ね方 に翻弄されてしまいました。 ただでさえ慣れないカットサーブに対し、落ち着いてすくい上げる という動作ができず何本も落としてしまいました。さらに、ファー ストサーブを安定して入れることができず、セカンドレシーブをカ ットで返され拾えないという展開も何本かありました。また、 中学生と戦ったときに感じたのが、高校で学んだセオリーが通用し ていないということでした。どんな相手が来ても安定して点を取れ るパターンを確立する必要があると感じました。これからの練習で は2人で1本のパターンを作ることを意識して取り組みたいと思い ます。


齋藤純怜

今回は2度目のインドア大会で、クレーコートと同じように自分の 得意なパターンに持っていくことができたポイントもありました。 しかし、打ち合いのなかで深いボールと回転のかかったボールを相 手に打ち分けられてしまい、なかなか思うように打つことができま せんでした。この大会は市内の上位ペアが出場していたので、レベ ルの高い試合を見て学べることがたくさんありました。まだ競った ゲームで2本連続取り切ることができないので、今回学んだ様々な 攻め方を練習で試してみたいと思います。


髙山のはら

今大会ではもっと練習を積まなきゃいけないなと実感した大会でし た。アタックされたボールをしっかり自分で取りに行って止められ たのは良かったです。しかし、短くカットされたボールを取れなか ったり、サーブのあとの三本目でアウトしてしまったりとあまりラ リーが続かずにポイントを失ってしまうことが多くありました。 また、ボールのはね方に対応できず打点が合わないこともありまし た。試合ではストロークミスがないことが基本になるように、イン ドアの経験も生かし、日々1本1本を大切にして練習していきたい です。

 

【ソフトテニス部】埼玉県インドア大会結果

 令和5年12月19日、所沢市民体育館において、埼玉県高等学校ソフトテニスインドア大会兼関東高等学校選抜大会埼玉県予選会が行われました。この大会は新人大会団体戦の上位16校が参加、上位2校が関東高等学校選抜大会ソフトテニス大会に出場できます。
 校内戦上位4ペアの釜口②小川②ペア、齋藤②髙山②ペア、木村②大橋②ペア、角田②蓜島②ペアがベンチ入り。一回戦本庄第一と対戦し、0対3で敗退しました。どのペアも、いつもと違うバウンドになんとか対応できていました。しかし、ペアで2本連続ミスをしない、2本連続ポイントすることがまだできません。ストロークもボレーもミスを減らす打ち方を習得し、粘り強さやがむしゃらさ、勝負に対する執着心のあるチームを目指します。

 

*** 選手の声 ***

釜口清音

ゲームの最初の方はインドアの跳ね方に慣れず、バックハンドで詰 まってしまうミスが多かったけれど、徐々に打点に入る位置を調節 していけたのは良かったです。しかし、ゲームでセットポイントを 握っていても自分たちからミスをしてしまい、相手に無駄なポイン トを捧げる形になってしまったことが反省点です。 ポイントを考え、攻めるときは攻める、粘るときは粘るということ を意識していきたいです。1月にもインドア大会はあるので、今回 上手い選手達がやっていたようなラリー中にカットをかけてゆさぶ るという攻め方も実践してみたいです。


小川藍奈

今回はインドアでの大会で、慣れないところが多くあり、自分のミ スが多くなってしまいました。自分がサービスしたあとの相手のレシ ーブの返球や、ボレーの際にしっかり面ができていなかったところ が反省として残りました。また、自分が苦手とするダブル後衛が増 えてきているので、対策として、少し後ろに下がって守備範囲を広 げて、自後衛がもっと楽に試合できるように工夫していきたいです 。


齋藤純怜

今回はインドアでの初めての大会で、ボールがいつもより跳ねたり 、速かったりしてクレーコートと同じようには打つことができませ んでした。前回の大会以降、様々な攻め方を練習してきたにも関わ らず攻める前に自分からミスをしてしまったり、チャンスで攻めた ときにアウトしてしまったりと納得いくようなプレーをすることが できずに負けてしまいました。また、自分は後衛と打ちあっている ときに前衛にかけてしまう癖があるので、打ちあっているときにも っと前衛の動きを見る必要があると感じました。しかし、慣れてく るとボールを高い打点で捉えることができたので、年明けのインド ア大会は1ポイント目から高い打点でいつもと同じようなプレーが できるようにしたいです。


髙山のはら

まずは今回この大会に出場でき、試合ができたこととても嬉しく思 います。今大会はサービスを少し変えて挑みました。その結果普段よ りもファーストサービスの確率が上がり、体重ののったボールが打 てたので良かったです。しかし、自分のミスが全てストロークミス でとてももったいないミスが多く出てしまいました。 インドアの大会ということもあり、ボールの跳ね方に上手く対応で きず打点が取れずにボールを打ってしまったためアウトしてしまい ました。また、ファーストサービスが入らなかったときは何度もミ ドルを狙われてしまい、その処理も上手く出来なかったためミドル を狙われたときの返し方も重点的に練習したいです。ずっと自分の 課題でもあるバックストロークのミスも目立ちました。足を1歩多 く動かして打点に入れるように練習していきたいです。今後は後衛 が触る前に自分がストロークでミスしてしまうという1番もったい ないミスをゼロにできるようにボールへの集中力を高めていきたい です。


木村茜音

初めてのインドアでの大会で、体育館の練習のときとボールの跳ね 方が違くて最初うまく合わせられなかったりして、自分たちのミス で3ゲーム落としてしまいもったいなかったです。4ゲーム目から いつも通りできるようになってきてファイナルまでいけたけど、フ ァイナルで苦しいボールを上げきれなくて前衛にとられたり飛ばし すぎてしまったり、また自分のミスで点を落とすことが増えてしま ったので、最後まで集中力を切らさないで粘り強くプレーしたいで す。自分たちが勝って次のペアに繋げられず悔しかったので、個人 戦では今回の反省点を改善できるように練習したいです。


大橋紗季

今回、インドア大会ということで慣れない体育館での試合でした。 何度か練習をした体育館と違い、所沢市民体育館の床は板が横向き で、ボールが引っかかって上に跳ねる傾向がありました。それを意 識したためレシーブミスを抑えることができました。しかし、前半 上手くチャレンジャーで向かっていく気持ちが作れず、3ゲーム連 続で取られてしまい、その後ファイナルまで持ち込みましたが巻き 返しきれずそのまま負けてしまいました。また、終始面が作れてお らず決めきれないボールも多かったです。今後の練習では、 立ち上がりの悪さ、あと1歩足がでないこと、ファーストサービスが 入らないことなどを克服できるようにしていきたいです。


角田芹香

今回はインドアという普段と違う環境での試合を間近で見て、チー ムのメンバーを応援するという良い体験ができました。また、強豪 校の試合では、カットをラリー中に混ぜて、リズムを崩すというイ ンドアならでは戦術を見ることができました。他にも、 そもそものミスが少なく、2人で一本の形が多い、といった、 インドアに限らないことですが、これらが勝つためには大切だとい うことを改めて感じ、学ぶことができました。 今回感じたことを忘れずに、これからの練習で、自分自身でもペア でも成長していけるように頑張りたいです。


蓜島珠

今回は私たちは試合には出ませんでしたが、団体メンバーとしてチ ームを全力で応援できました。試合に出なかった分、体育館という 慣れない環境での戦い方をよく観察することが出来ました。県でベ スト16に入った学校が集まっていたのでどの試合を見ても学びが ありました。たとえば、体育館の床ではボールに回転がかかりやす いため、ポジションのとり方が違ったり、サービスが違ったりするペ アがほとんどでした。いつもと環境が違うから工夫するというのも あるけど、それを普段の試合に活かしてみてもいいと思いました。 また、いつもと違う環境でプレーをするというのはメンタル面でも 意識することがあって、特に弱気にならない事だと試合を見ていて 思いました。おかれている環境は相手も同じだから、それに左右さ れずにプレーできるといいと思いました。これは屋外でテニスをし ていても同じで風が強い時に活かしたいとおもいます。 今回学んだことをもとに、次の大会に向けてさらに練習していきた いです。

【ソフトテニス部】さいたま市総合選手権大会結果

 令和5年11月23日、浦和総合運動場テニスコートにおいて、さいたま市ソフトテニス総合選手権大会が行われました。この大会の参加資格は、一般は市連盟登録者、高体連と中体連はさいたま市上位8ペアです。エントリー数は19ペアで、本校は釜口②小川②ペア、木村②大橋②ペア、齋藤②髙山②ペア、角田②蓜島②ペアの4ペアが出場し、釜口・小川ペア3位に入賞しました。

 どの試合も見応えのある展開でしたが、一般の方のテニスは特に勉強になりました。負けないようにするには、粘り強さと潔さ、1本の取り方をペアで何パターン作れるかだと改めて感じました。しっかり練習していきます。

 

*** 出場選手の声 ***

釜口清音

今回の大会は高校生だけでなく、中学生・一般の選手も出る大会だったので色々なタイプの方と試合でき、新しく学べることが沢山ありました。一般の方とやった試合では、前後に揺さぶられたボールに上手く対応することが出来ず、粘ることも出来ませんでした。 また、ダブル後衛との試合ではミスをすることを恐れて、相手の定位置に返すことしか出来なかったのでどんな時もいさぎよくプレーできるようにしたいです。


小川藍奈

今回の大会では、一般参加がある大会で、良い刺激を受けることができました。初戦では、スマッシュの打点が下になってしまって、 ネットが多かったり、レシーブミスしてしまったりしました。そして、自信がなくなるとどうしても足が動かなくなってしまうので、潔いプレーを心がけ、ペアとしっかり気持ちを作って初戦の立ち上がりを良くしたいです。ダブル後衛との試合では、 相手の全てのボールが繋ぎのロブで、ボールに触れないという状況が多くありました。自後衛に任せる形になってしまいましたが、決めようと焦りすぎず、自分が取るべきボールをしっかりと取るという冷静な判断ができたのが良かったです。しかし、 ファイナルまでいってしまったので、これから、 ダブル後衛との戦い方を学んでいきたいです。また、一般の方の試合を見て、前衛の冷静な動きや、攻める姿勢を感じたので、取り入れていきたいです。


木村茜音

今回の大会では、今まで戦ったことのない中学生と一般の方と試合ができて貴重な体験ができました。今まで試合中にロブとシュートを打ち分けることができないことが課題でしたが、今回の試合では 自分が苦しい時にロブも使うことができたので良かったです。でも まだシュートで打ち合いになった時などにあまりボールを変えられないので練習したいです。これからは2人で1本の形などももっと作っていけるようにしたいです。


大橋紗季

まずは中学生や一般の大人の方々も集まるこの大会に出場できたこ と、嬉しく思います。今回私は、以前からずっと課題として挙げて いた「足を動かすこと」を特に意識しました。前日の練習で小川さ んや角田さんがプレーが始まる前に足踏みしているのを見て私も真似してみました。結果、確かに1歩目が早く出るようにはなりましたが、そのためタイミングがズレたり、結局最後の1歩は足りないなどまだまだ改善の余地があると思われました。他に、今まではネット際に落ちてくるボールは全て上で処理するべきと思っていましたが、ボールによっては1度落としてからしっかり返す方が良いものもあると教わりました。また、前回1ゲームしかとることが出来なかった相手に3-2でリードしていたのにファイナルゲームに持ち込まれ負けてしまいました。特にポーチにでる訳でもなく、守りに徹する訳でもなくて中途半端なプレーになってしまったと思います。落とせそうな中ロブもありましたが、バックスマッシュに自信が無く取りにいくことができず、自後衛を余計に走らせてしまいました。今回の反省をふまえ、足を動かすこと、思い切ったプレーをすることなどを練習していければ良いと思います。


齋藤純怜

まずはこのようなレベルの高い大会に出場できたことを嬉しく思います。今回は中学生や一般の選手などいつもとは違う相手でしたが 、初戦からチャレンジャーの気持ちで臨むことができました。しかし、一般の選手との試合では自分の課題が多く見つかりました。相手後衛に中ロブで走らされた後に前衛がネットについているにも関わらず打ち込んでしまったり、逆に前衛が下がっているのにロブを上げてしまったりと相手にチャンスボールを与えてしまう場面が何度もありました。また、前衛が後ろにいたときにミドルを狙うべきところで後衛のフォア側に返してしまうこともありました。どんなときでも常にコート全体を見て配球することが必要だと感じました 。また、一般の選手はペア間での得点パターンを持っていたので自分たちの得点パターンを確立していこうと思います。


髙山のはら

1回戦目は決めるべきボールをしっかり決められたので良かったです。しかし、後半のゲームのファーストサービスの確率が良くなかったことが課題です。2回戦目は一般の方との試合でした。自後衛がショートのボールを打った時に浮いてきたボールを取れずに繋げられてしまったので、しっかり足をつけてチャンスを逃さないようにしたいです。また、セカンドレシーブやラリー中にミドルを何回も抜かれてしまったので、 常に気を張って取り逃すことのないように練習したいです。一般の方との試合は初めてで、大人の余裕を実感できた試合でした。この経験を自分たちの今後の試合に生かしていきたいです。


角田芹香

今回繰り上がりでこの大会に出ることにはなりましたが、とてもいい経験になりました。今回の試合では全体的に攻めの姿勢で潔いテニスができました。いつもは相手前衛にあまり攻めないテニスをしていたけど、今回は前衛が下がっているタイミングやチャンスボー ルで前衛を狙うことができたのでよかったです。また、私は今までロブが多いプレースタイルだったけど、今回は打ち込めるボールは 打ち込むという攻めの姿勢を保つことができました。 2試合目では、過去2回対戦したことのあるペアと3回目の試合で した。結果としては1-4で、過去2回よりもいい成績ではなかったけど、攻めの姿勢でできたので今までで1番良いテニスができたと思います。途中から自分のミスや相手の定位置にボールを返してしまうことが多くなってしまったことが課題なので、 改善していきたいです。
新人戦後の練習から足を常に動かすことを意識し、今回の試合でも動かしていたけど、厳しい所に打たれた時に足が絡まってしまうことがあったのでもっと足を動かして粘り強くボールを返せるように努力していきたいです。


蓜島珠

今回の大会ではプレーに落ち着きがなかったように感じられました 。特にポジションが崩れた時や、展開が変わる時にポジションにつくのが遅れてしまいました。もったいないミスをしたことや相手の後衛に狙われてしまったことの原因だと思います。次の大会までにはプレー中に状況を客観的に見て、落ち着いたプレーができるよう にしたいです。全てのボールをとろうとするのではなく、 止まる時は止まって、動く時は足を使って動けるようなメリハリの あるプレーができるように練習したいです。

 

 

【ソフトテニス部】新人戦県大会結果 その2

*** 団体戦出場選手の声 ***

釜口清音

対鷲宮高校との試合では相手の早いペースについていけず、一方的に攻められてしまいました。ミドルを狙われることが多く、繋ぐとこで精一杯で何も出来ないまま終わってしまったので、ペアとポジ ションや相手の弱点などを試合中に話して2人で1本の形を狙っていけるようにしたいです。最近単純なストロークがミスばっかりに なってしまい、不安な気持ちのまま試合に臨むことになってしまっ たので1本打ちなどの基礎練でフォームを確認して後衛勝負もできるようになりたいです。


小川藍奈

団体戦は、自分のミスがとても目立つ試合でした。レシーブを強打してのミスや、ロブがあがりきらずに前衛に捕まってしまうという展開が多くありました。また、前に着いた時、サイドを意識しすぎて取るべきところで取れなかったり、空いてしまったミドルを狙わ れてしまったので、練習して改善したいです。そして、 レベルの高い試合を見て、気持ちから全く違うことを改めて実感したので、気持ちを改めて、練習に臨みます。


木村茜音

今回の団体戦は、自分が打つ位置によってあまり打ち方を変えるこ とができず、ストレートに打ってアウトしてしまったり、ベースラ インの後ろからシュートボールを打って前衛に取られたりすることが多くありました。シュートとロブの使い分けが上手くできないのがずっと私の課題なので、 改善できるように考えながら練習したいです。またバックも、 振り切れなくてネットしたり、力んでアウトしたりと、まだボールが安定しないのでもっとたくさん練習して安定させられるようにしたいです。


大橋紗季

団体戦が行われた日は気温が低かったため、体が冷えきった状態で 試合に出ることのないよう念入りにアップをしました。ですが、 ベンチが日陰だったこともありラケットを持つ手が固くコントロールが上手くいかないことが何本かありました。2戦目は個人での反省を生かし、チャレンジャーの気持ちを作って挑むことができました。ですが、左利きの後衛に対するポジション取りに混乱し抜かれることや、脚が足りず1本で決めきることができずそのまま攻められることがありました。また、構えが遅く相手の早いペースに置いていかれるという改善点も見つけられました。 今回の反省を踏まえ、今後の練習は日々の目標を持って行っていきたいです。


角田芹香

まず今回の団体戦では、自分の基本がまだ甘かった所と、前衛の動きを見れていなかった所が課題でした。今回の試合では、中途半端なロブが何回かあり、前衛にひっかかってしまうことが多く、フォ ローできたものもありはしたが、このようなプレーは県大会では通用していかないので、振り切って深いロブを打てるように練習していきたいです。
また、サービスの確率が低く、試合だと「ファーストをいれなきゃ」 と、練習では意識してない、追い込んでしまうような感情があったので、ゆったりと落ち着きながら力まずサービスを打てるよう意識していきたいです。
そして、今回の相手の前衛は中央寄りで、積極的にポーチに出てく るタイプでした。相手後衛のミスが多く、相手後衛と繋いでいこう という意識でプレーしていたが、その意識が大きくなってしまい、 クロス展開のときに、前衛が中央にいることでストレートががら空 きなのに、それに気づくことができませんでした。
ミスしてでも1発ストレートに打てば、前衛の動きも守りがちにな り、自分も相手後衛と繋ぎやすくなったのに、自分で自分の首を絞 めてしまうような展開にしてしまいました。もっと試合全体を俯瞰 してプレーできるよう、駆け引き練習やゲーム形式などの練習で周 りの状況などを意識して、 自分に有利な試合展開をできるようにしていきたいです。


蓜島珠

今回は1回戦の1試合に出るということで少し緊張しました。まず最初の一勝ができたのはよかったのですが、緊張からボレーの時に足を使えていませんでした。そのため、後衛が攻めて、上がってきたボールへの反応が遅れてしまいました。特に今回は後衛が繋いでいればチャンボが上がってくるような相手だったのでもっとチャン ボを見逃さないように構えておけたらよかったです。 自分に上がってきたチャンボを逃さず、2人で一本の形ができるようにしたいです。また、試合の入りが悪いのは課題だと思うので、 普段の練習の入りから気をつけたいです。


齋藤純怜

まずは団体戦メンバーとして県大会でレベルの高い相手と試合ができたことを嬉しく思います。相手のカットサービスの返球を前衛に取られないようにしたり、振り回されてもミスをせずに粘り、空いているコースを狙ったりできて良かったです。しかし結果的には負け てしまい、まだまだレベルの差があると痛感しました。競ったゲー ムを勝ち切ることやコート内から高い打点で打ち込むことなどができなかったので次の大会までに出来るように日々の練習で意識していきたいです。


髙山のはら

まずは県大会の団体メンバーに入り、学校の代表としてプレーできたことに感謝したいです。一緒に校内戦をやってきた仲間にも恥じないように、より向かっていく気持ちを意識して試合をしました。 強気でプレーしたので、アタック止めやセカンドレシーブがよくできたのが良い点でした。しかし、深いボールの返球やボレーのフォローがまだ甘いところが課題となりました。また、 ファーストサービスがなかなか入らず、相手のセカンドレシーブで攻められてしまい、失点することが多くありました。いつもの練習から自分に圧をかけて緊張感を作り、本番でのファーストの確率をあげられるようにしたいです。

 

【ソフトテニス】新人戦県大会結果 その1

 令和5年度県民総合スポーツ大会兼ソフトテニス競技新人大会県大会は、11月11日熊谷さくら運動公園にて個人戦が、14日狭山智光山公園にて団体戦が行われました。
 個人戦は、釜口②小川②ペア、木村②大橋②ペア、角田②蓜島②ペア、齋藤②髙山②ペア、坂口②深原②ペア、西野②松村②ペア、長谷川①瀬田松②ペア7ペアが出場。釜口・小川ペアと木村・大橋ペアがベスト64。その他は初戦敗退でした。 
 団体戦は校内戦で勝ち抜いた釜口・小川ペア、木村・大橋ペア、角田・蓜島ペア、齋藤・髙山ペアがベンチ入り。一回戦、市立川越に3-0で勝ち、2回戦、鷲宮に0-2で敗退。ベスト16で12月に行われる埼玉県高等学校インドア大会の出場権を獲得しました。
 技術的には、サービスレシーブや打点に入る足、打った後の構えなどの基本が徹底できていない、相手との駆け引き、 ペアで一本をとる策がまだまだ定まらない、また風に翻弄される試合が多く見られました。精神的にもチャレンジャーで向かっていく気持ちを持続しきれないという課題が見つかりました。
 今後の練習では、練習のための練習にならないよう、基礎を固め戦術を磨き、 粘り強く、潔いプレーを目指します。
 

*** 出場選手の声 ***

・・・個人戦・・・

釜口清音

今回はとても風が強い中での試合となり、思ったようにプレーできないことが多かったです。新人戦に向けて長い間準備してきたのに 私自身不完全燃焼で終わってしまい悔しいです。2回戦目は不安な気持ちからラケットを振り切ることが出来ず、レシーブミスや粘る前に自分からミスしてしまう場面がが多々ありました。上位の選手たちは風が強い中でもラケットを振り切り攻め続けていたので、 練習で風が強い時にただ嫌だなと思うのではなく、それをチャンスだと捉え試合で焦らないようにしていきたいです。


小川藍奈

個人戦はとても風が強く、ペアで普段通りのプレーがあまりできま せんでした。レシーブなどのストロークで振り切れなくてアウトし てしまったり、ボレーの時に最後の1歩まで踏み切れずにネットし てしまったりしてしまいました。 風でも風がなくてもこのようなミスをせず、冷静にプレーできるよ う、練習していきたいです。しかし、前回からの課題であった、 サイドを守りきるというのは、かなりできてきているので、このまま守備範囲を広げていきたいです。


木村茜音

まずは県大会で一勝することができて良かったです。今回の大会は 風が強いなかでの試合でしたが、あまり風を意識しすぎずにプレーができました。しかし、星野戦では、 相手がシュートで攻めてきているときに、自分の構えが遅くて追いつけなかったり、自分に余裕がないのに中途半端な繋ぎのボールにしてしまったりと、たくさん反省点がありました。 これらは今回の大会だけでなく、ずっと自分の課題なものもあるので、たくさん練習して改善していきたいです。


大橋紗季

県大会では地区大会とは違い、初戦から気を抜けない相手と当たることが予想されるのでしっかりアップをしてから試合に臨みました 。しかし、ファーストサービスが全く入らず、試合を楽に進めることができませんでした。また、2戦目で当たった星野の選手には名前だけで怖気付いてチャレンジャーの気持ちで向かっていくことができず、その結果、攻めるでも守るでもない中途半端なプレーとなってしまいました。今後は気持ちの作り方を意識する必要があると感じました。


齋藤純怜

今回は風が強い中での試合だったもののラケットを振り切ることができました。しかし、風上から深く打ち込んでくる相手のボールに対してロブを上げきることができずに前衛に引っかかってしまう場面が何度かありました。また、風上からのファーストサービスの確率がとても悪くレシーブで攻められてしまい、上手く自分たちの得点パターンに繋げることができませんでした。風が強い日ほど風を利用して攻められるように風がある日の練習を大切にしていきたいです。


髙山のはら

まずは県大会に出場できたこと、とても嬉しく思います。当日はとても風が強く、風に翻弄されてしまい苦戦したゲームが多かったです。風上でのゲームはロブが風で流されてしまい、バックアウトが多かったです。風上ゲームで相手から攻められたときの対処の仕方を考え、簡単に相手に点を取らせないように戦略を練っていけるよ うにしたいです。また、風下でのゲームはレシーブが返ってきたあとの3本目のボールがとても短くなってしまい、相手前衛にひっかかることが多かったです。風下ではしっかり打点に入り、体全体を使ってボールをあげることを意識するようにしたいです。今回の試 合では、風が強いときの試合を経験でき、学ぶことも多くありました。この経験を無駄にしないよう、課題を明確にして普段の練習に生かしていきたいです。


角田芹香

今回の試合は、風がとても強く、その風に影響されたテニスになってしまいました。今回の敗因は自分の足で、 私は軸足を早く決めてしまうので、それが風が強い日だといつもより多く足を動かしたつもりでも、まだまだ足の動きが足りませんでした。軸足を決めたあとにボールがまた風で流されてしまって打点にはいれずに打ち損なうというような自分のミスが多かったです。 この反省を生かして風があってもなくても普段から足をいつもより多く動かす意識を持って練習していきたいです。
県大会で上位に残っているペアは、風が強いというみんなと同じ環 境下でも、常に足を動かしていて、基本がしっかりとしているとい うことを学べたので、その姿を教訓に、 県大会で勝てるようなペアになれるよう、日頃から緊張感を持ちながら試合を意識して練習していきたいです。


蓜島珠

今回の大会では当日風が強く、それに気を取られてしまったところがありました。風のことを考えすぎて試合の展開を俯瞰することができませんでした。どんな条件であったとしても足を動かす、構えを早くするといった当たり前のことを徹底してできるように普段の 練習から気をつけて行きたいです。また、県大会は自分たちの試合だけではなく、他の学校の試合もたくさん見ることができる貴重な機会でした。この大会で学んだことをいかし、 また次に向けて練習して、今回よりもいい結果を残せるようにした いです。


坂口夏希

県大会に出場できたことは嬉しく思います。ですが、初戦で敗退し 、試合の内容も満足できるものではありませんでした。ファースト の確率が低かったこと、風を気にしすぎていつも通りのストローク が打てなかったこと、そして大事な一本目のレシーブで攻めようと焦ってアウトしたことが反省点です。 ミスが目立ちラリーが続かず、前衛にボールを回せなかったことは 申し訳ないです。しかし、最近の課題であった短いボールにカットで対応できたことと、レシーブで一本取ることができたことは良い点でした。格上との試合でしたが、学べることは多くありました。目指すべきものが見えた気がします。精進します。相手が嫌がるプレーをした いです。


深原帆望

今回の大会で、私たちのペアは鷲宮高校と対戦しました。声をしっ かり出して、相手に向かって行く気持ちでプレーできたのは良かったと思います。しかし、大会当日は風が強く吹いていたため、いつ も通りのプレーができず、サービスやレシーブのミスが目立ちました 。また、アウトするかもしれないという恐怖から、思うように攻め ることができなかった部分もありました。風に翻弄されることのないように、テイクバックやトスの高さを調節するなど、風への対応力を高めていきたいと思います。今回は初戦で負けてしまったので、県大会個人戦で一回戦突破を目標にこれから練習に励んでいきたいです。


西野志織

今回は初めての県大会で、県大会独特の雰囲気や風が強かったことから、なかなか自分が思うようなプレーが出来ませんでした。ラリーの中で、相手よりも先に自分がミスしてしまったり、ファーストサービスの確率が低く、有利になる展開に持っていくことができなかったりしました。強い選手の試合を見て、自分との違いを感じ、たくさん学ぶことができました。走らされた時の返し方や前衛との掛け合いなどを、春の大会までにできるようになるよう、 頑張って練習していきたいです。


松村雛

今回の大会は弱気なプレーが目立ち保守的になってしまいました。 後衛に任せるべきボールと 、自分がとるボールの区別に迷い、ミドルにきたボールや風で短くなったロブなど多くのとるべきボールを後衛に任せてしまいました 。もっとペアを信じ、相手の動き方をみて攻めのプレーをしていく必要がありました。自分のプレースタイルをかえるためにこれからの練習ではボールをとりにいく精神面とクロスにポーチボレーに出ることのできる技術面の両方を鍛えていきたいです。


長谷川雅

まずは、今回、県大会という舞台を経験させてもらえたことを嬉しく思います。試合直前でペアを組むことが決まり、 短い期間の調整でしたが、先輩とよくコミュニケーションをとって本番に望むことができました。試合前半は体が冷えていてストロー ク中の変化球に足が対応しきれていなかったと感じました。 風が強い日こそ、どんな球でも打ち返せるようにフットワークを軽くすることが大切なのだと感じました。途中からは風にも慣れてき て風上でも上の打点で打てたことは良かったと思います。また、打 ってからの構えが遅く3本目でバックを狙われてミスしてしまう場面や、コートに入れようとして振り切れていない場面が全体的に目 立ったように感じます。打ってからの構えを速くしたり、どんな相手でもしっかり振り切るということを今後の課題として意識していきたいです。


瀬田松愛

初めての県大会は強風の中で行われ、自分の思うようなテニスがあまり出来ませんでした。私たちは1回戦目に試合だったので、 入念にアップはしたものの、開会式で一気に冷えてしまいました。 そのせいで足が動かず、手からボールに向かっていたので、チップが多くなってしまいました。また県大会のレベルになるとボールがとても早いため、準備が遅く受け身の体制になっていました。県大レベルのボールにも対応できるように「打ったらすぐに構える」こ との意識を常に持ちながら練習していきたいです。またファーストサービスの大切さも痛感しました。特に風上からのセカンドでミドルを狙われ、おされて前衛に引っかかったりアウトしたりしてしまいました。だからこちらも打った後の構えを素早くし、ファーストの確率を80%に出来るようにトスや打点を意識して練習していきた いです。今回は急遽ペアを変更して臨んだけれど、2人で声を出して楽しく プレーできたので良かったです。ボールの打ち方や球筋も普段と違うので勉強になりました。次回の大会では、今回出られなかったペアと一緒にさらに楽しくプレーできるように、 日頃からよく話し合って練習に励んでいきたいです。