定時制日記

定時制日記

会議・研修 授業の様子を紹介します

本講定時制は少人数の強みを生かして、特色ある授業を展開しています。

 

今回は、9月13日(金)の授業を一部紹介します。

上の写真は、2年生の保健の授業です。

昨年度、県より整備されたプロジェクターと「google chrome」という、

タブレット端末を用いて、スライドを使った授業を行っています。

全日制と共用で、すべての教室に整備されています。

 

「google chrome」は全員の生徒が使用可能です。

例えば、グループで一つのプレゼン資料を作成し、発表したり、

先生が、問題を与え、タブレット上で解答し、解説するなどと行った活用もできます。

 

次に、1年生の家庭総合の授業を紹介します。

高齢者や、障がいを持った人たちがどのように歩いたりするかを体験する授業です。

生徒たちが、器具を装着して準備しているところです。

介助しながら、階段を上っていきます。

 

この後校内を歩いて、元のところに戻っていきます。

生徒たちは特に、階段を降りる時に苦労していました。

 

日頃何気なく歩いている校内も、特別な器具を装着し、実際に歩いてみると

とても大変なことがわかります。

 

生徒たちは、身をもって実感していました。

 

ほかにも、世界史の授業では、動画を用いた、生徒との双方向の関係を重視した授業を行っていました。

生徒と和気あいあいとしながらも、真剣に授業に取り組んでいました。

 

これからも、紹介していく予定です。

 

夜 十五夜メニュー

9月13日(金)は中秋の名月ということで、

給食メニューも「お月様」メニューでした!

メニューボードです

白玉汁や白玉団子といった、まん丸お月様をイメージしたものが入っています。

 

お団子の感触を味わいながら、おいしくいただきました。

汗・焦る AED講習会

9月10日(火)に、2年生と教職員対象の心肺蘇生、AED講習会がありました。

 

当日はさいたま市浦和消防署日の出出張所より、救急隊員3名の方が講師としてお招きし、

救急処置を行うための、正しい知識と方法を、実演を通して学習しました。

救急隊員の方からの説明

心肺蘇生法の説明

班ごとに分かれて、胸骨圧迫を行っています。

救急隊員の方からAEDの説明を受けています。

生徒代表によるお礼の言葉

 

生徒は最初は緊張した様子でしたが、実演に入ると、

それぞれ救急隊員の方のアドバイスをもらいながら、

一生懸命に取り組んでいました。

 

救急隊員の皆様、お忙しい中ご指導ありがとうございました。

会議・研修 一女定時制の青春メッセージ2日目

9月9日(月)は、校内生活体験発表会の2日目でした。

 

1年生と4年生が発表をしました。

1年生の発表

4年生の発表

 

1年生は初めてながら、中学校までの自分が、高校に入ることによって変わったこと、家族、友人など周囲の人への感謝など、どの生徒も素晴らしい発表でした。

 

4年生はこの3年間の集大成として、クラスメイト、先生、家族への感謝など、大変中身の濃い発表でした。

 

生徒全員の発表が終わった後、審査が行われ、県大会に出場する生徒が発表されました。

 

最後に、校長先生から、原稿を読み上げると単調になりがちだが、皆さんは心がこもっている、とても素晴らしい発表でしたと指導講評がありました。

県内の定時制高校で、生活体験発表会を全校生徒が行うのは、本校だけです。

発表に至るまでは、国語科の先生による事前指導や、準備などがあります。

人前で発表するのは大変勇気がいることです。

今回の発表を通じて、一歩も二歩も前進した生徒たちが見られてとてもうれしく思いました。

 

会議・研修 一女定時制の青春メッセージ1日目

9月6日(金)に、校内生徒生活体験発表会がありました。

 

本校生徒が学校生活や職場体験などを発表することを通して、自己表現や、自分の生き方や進路などを考える機会として毎年行われています。

 

この日は、2,3年生が発表しました。

2年生の発表

3年生の発表

 

2年生は上級生の自覚や、アルバイトでの体験、

学校生活における、何気ないことを通じての周囲への感謝、

3年生はさらに、学校生活から得た体験、多様な経験をしてきた生徒の発表、

アルバイトのリーダーとなり、メンバーをまとめる立場となった体験談など、

昨年以上に、感動させる発表でした。

 

1,4年は9日(月)に行われます。

 

 

グループ 2学期始業式

9月2日(月)に2学期始業式がありました。

 

生徒は1学期と変わりなく、会場である視聴覚室に集合しました。

 

初めに校長先生から、本校校歌の作詞者である、野上彰さんの本の紹介、

また、「防災の日」がある9月は災害が多いことから、安全の確保を、

そして、行事に積極的に取り組み、授業に落ち着いて取り組んでほしいと

お話がありました。

 

次に、生徒指導主任から、江戸時代の国学者であった本居宣長の言葉から、

「ねばならないことをやる。」ということをお話しました。

 

最後に、陸上の全国大会に出場した2年生生徒から、

大会の報告がありました。

 

2学期は長いですが、成長する大切な時期です。

また、4年生は就職に向けて本格的に動きだします。

 

充実した学校生活を過ごしてください。

 

 

 

 

陸上部全国大会

8月11日(日)に、駒沢公園陸上競技場にて
定時制通信制陸上競技の全国大会がありました。

本校では、100メートル、4×100メートルの種目に
昨年に引き続き2年生生徒が出場しました。


予選では、組1位通過!で準決勝に進みました。


準決勝にてコールされている様子です。

4×100メートルリレーでは埼玉県チームとして出場しました。
バトンミスなどがあり、決勝に進むことはできませんでした。

当日は、1年生の陸上部員、担任の先生も猛暑の中、
応援してくださいました。

来年もベストを尽くし、入賞目指して練習に励んでください。

出張・旅行 卒業生が来ました

本校定時制では、多くの卒業生が来てくれます。
先生方と学校に在学していた時のことや、
職場や進学先でのことなど、
いろいろ話してくれます。

先日は、平成25年度の卒業生が2名、
学校に来てくれました。

一人の卒業生は、ホームページの「活躍する卒業生」に
出てくる、Oさんです。
https://urawaichijo-h.spec.ed.jp/teiji/進路指導/活躍する卒業生/大宮八幡宮

神社の巫女さんとして働いたあと、今は大手百貨店で働いているそうです。
神社の世界の裏側など、実際に働かないとわからないことを、
話してくれました。

もう一人の卒業生は、保育の専門学校を卒業した後、
保育士として勤務していた方です。

在学当時は、上級学校の入学資金を貯めるため、アルバイトを行い、
年間100万円を稼いでいたそうです。
自分の趣味や遊びに行ってしまいがちな今の生徒と違って、
進路実現のために「働きながら学ぶ」、夜間定時制生徒の鑑だなと
思いました。

多くの活躍する先輩がいてこそ、今の生徒が輝いていられることを
実感しました。

卒業生の皆さん、お時間ありましたら本校にきてくださいね。

朝 夏休みはじめの活動の様子

夏休みに入り、定時制では生徒たちが夕方からちらほらやってきます。

学習サポートは、地域の方、大学院生、大学生、非常勤講師の先生が
毎日日替わりで指導してくださっています。
進路に向けての自主学習、生活体験発表会の発表原稿作成、
授業内容の復習などそれぞれのペースで勉強しています。

22日、23日は初めて参加の1年生など多く来てくれましたが、
24日は人数が減ってしまいちょっと寂しかったです。
25日(木)、26日(金)も行いますので、
生徒の皆さん、時間が空いていれば、ぜひ参加をお待ちしています。

進路では、川口サポートステーションの方が、4年生に直接面接指導を
してくださっています。
このことを生かしてぜひ、希望の進学、就職ができるよう応援しています。

また、部活動、授業の補習なども行っています。

今でしかできない、充実した夏休みを過ごしてください。

花丸 1学期表彰式と終業式

7月19日(金)は1学期の表彰式と終業式でした。

表彰式では、書道、陸上、体育、学習サポートなど多くの表彰がありました。
一人で何回も表彰されている人は、ステージに何度も上がっていました。

体育の表彰の様子

また、全国大会に出場する陸上部部員から、
意気込みを話してもらいました。

本校同窓会である「麗風会」より、激励金をいただきました。

そのあと、終業式でした。

校長先生からは、日本の社会が変化することを意識し、
職業観の育成を、そして、いつまでも夢を持つこと、
時間を管理することをお話されました。


生徒指導主任からは、歴史上の人物の行ったことから、
マナーや思いやりについてお話がありました。


最後に、保健室の先生より、健康診断の結果の比較と、
夏休みに向けての健康管理についてスライドを用いての
お話がありました。

一女定時制生徒は虫歯が少なく、
「授業がいのち」+「歯がいのち」ということがわかりました。

また、元気に9月にお会いしましょう。