校長から

ごあいさつ

 

                          
校長 髙岡 豊 

 


 浦和第一女子高等学校定時制課程のホームページにアクセスしていただき、ありがとうございます。

 

 本校は、明治三十三年に創立された県内で最も古い女子校です。定時制課程も昭和二十三年に開設されて以来長い歴史を持っています。

 

 現在59名の生徒が在籍し、女子だけの落ち着いた環境で、一人一人が自覚をもって前向きに学校生活を送っています。

 

さて、本校が大切にしていることが2つあります。

 

一つ目は、「授業がいのち」ということです。

 

 学校生活の中心は、毎日の授業です。

 

 中学校までの学習につまずいてしまった人に対しても、大学進学を希望している人に対しても、一人一人の学習状況に応じてきめ細かく指導ができるのが定時制のいいところです。皆さんにしっかりとした学力が身につくように、とことん支援しますので、しっかり授業に取り組みましょう。

 

 二つめは、「社会人としての基礎を身につけよう」ということです。

 

 高校は、卒業後、社会人として生きていくための基礎をしっかりと身につける場です。高校生のうちに、他の人たちと協力して物事を進めていける協調性や礼儀、言葉づかいといった大人として当然身につけておかなければならない礼節ある態度を身につけなければなりません 

 

 一女では、授業はもちろん、球技大会、体育祭、文化祭などの学校行事や委員会活動、そして部活動などを通じて、社会人としての基礎が身につけられるよう指導しています。

 

 一女は、皆さんの成長をとことん応援します。本校への入学をお考えの皆さん、是非、一度学校見学においでください。お待ちしています。

 

校長室ブログ

校長室より

校内生活体験発表会

9月6日(金)、9日(月)の2日間で校内生活体験発表会を行いました。

1年生は「浦和一女定時制に入学して」、2年生は「一女でこの一年半何をしてきたか、残りの二年半で何をするか」、3年生は「浦和一女定時制の生活で得たもの」、4年生は「浦和一女定時制での高校生活を振り返って」というテーマで発表を行いました。

私は9日の発表を聞かせてもらいましたが、生徒一人一人の思いがしっかり伝わってくる良い発表でした。

生徒の間でもお互いを知る良い機会になったのではないかと思います。

是非、自分自身の生活にも生かしてもらいたいと思います。

 

第2学期始業式

定時制では本日から第2学期が始まりました。

全日制の文化祭が終了して、入念に原状復帰を行いましたので、まるで何事もなかったかのように授業を再開できたと思います。

始業式では、全日制の全校集会でもお伝えした本校の校歌作詞者である野上彰さんの詩集について紹介しました。

2学期最初の校歌斉唱でも生徒の歌声は視聴覚室に響いていました。

元気よくスタートできたことを嬉しく思います。

2学期は体育祭や文化祭など学校行事がたくさんあります。

力を合わせて取り組んでほしいと思います。

また、「授業がいのち」を合言葉に、日々の授業に臨んでもらいたいと思います。

 

球技大会開催

昨日は、定時制の球技大会が体育館で開催されました。

種目はバスケットボールと卓球(シングルス)で、

体育委員・保健委員・部活動の生徒が準備や運営にあたってくれました。

5月とは言っても、日中はかなり気温が高くなりましたので、

18時からの開催でしたが、暑さ対策をしながらプレーをしました。

「プレーをしている時には、自分がどのような動きをしていても、常に視界のどこかに

 ボールや球を入れておくようにしてみてください。」と開会の挨拶で伝えました。

視野を広くすると動きが全く変わってくると思います。

何事にも言えることですね。

 

皆さん、本当にお疲れさまでした。

PTA理事会・総会

本日は、定時制のPTA理事会と総会が開催されました。
朝から雨や風が強い中、来校いただきまして誠にありがとうございました。
理事会・総会ともに円滑に議事進行され無事すべての協議事項が承認されました。
今年度も大勢の皆様に役員を引き受けていただき感謝申し上げます。

また、生徒は中間考査が終了し、ほっとした様子でした。
明日は開校記念日です。

中間考査

定時制は今日から中間考査です。

定時制の始業は17:25ですが、

早い時間から図書館で勉強する生徒が複数いました。

全日制・定時制の生徒が一緒に過ごす一女の図書館です。

今日は気温が上がり、館内は少し暑かったですが、

みんな集中して取り組んでいました。

教育長学校訪問

昨日、教育長及び教育局の皆様をお迎えし、
学校概要説明、校内視察、授業見学、給食試食、意見交換などが行われました。
定時制の様子をゆっくりご覧いただくとともに、
本校定時制の特徴などもお話をさせていただきました。
連休明けの日程ということでしたが、
いつもと変わらぬ生徒の様子を見ていただけたので、
よかったと思います。

第72回入学式

本日、定時制の入学式を挙行いたしました。
新入生15名の皆さん、御入学おめでとうございます。

心から皆さんを歓迎いたします。

本校の定時制は、昭和23年に開設されましたので、

今年は72年目を迎えます。

この72年の年月の中で、多くの卒業生を輩出してきましたので、

社会で御活躍されている方も大勢います。

入学生の皆さんには、是非、一女定時制の伝統を

しっかり受け継いでいただきたいと思います。

私は、入学式の中で「授業がいのち」とお伝えしました。

一人一人の進路実現に向けてしっかり応援していきますので、

がんばりましょう。

 

保護者の皆様、お子様の御入学誠におめでとうございます。

定時制での生活は、夕方から登校し、夜遅くに帰宅することになります。

御家庭におかれましても、是非、体調管理などに御配慮いただければ幸いです。

何卒よろしくお願いいたします。

着任式・始業式

定時制の着任式と始業式は視聴覚室で行いました。

定時制の皆さんにも、私がかつて一女で勤務していたことを伝えるとともに、

4月に着任後、定時制の皆さんが歌う校歌が素晴らしいと

先生方から聞いていることをお話ししました。

いよいよ、校歌が始まって私は本当に嬉しく思いました。

全日制とともに大切に歌い継がれてきた校歌。

生徒の皆さんはとても大きな声できれいに歌い上げていました。

これからも一女に関わるみんなで大切にしていきましょう。