校長室ブログ

2024年4月の記事一覧

入学式 式辞より(1)「授業がいのち」

今日からのスタートにあたり、皆さんに心がけてほしいことについて、お話しいたします。

一つ目は、「授業がいのち」ということです。言うまでもなく、学校生活の中心は、毎日の授業です。是非、一時間一時間の授業に真剣に取り組んでください。

今、漠然とした不安を覚える人もいるかもしれませんね。四年間、毎日、というのは長い期間のように思えるかもしれません。でも、大丈夫です。学校というところは、長い期間のように思えても、生活の中に節目節目があります。節目ごとにゴールテープを切るような気持ちで学校生活をとらえ直してみましょう。

まずは、一時間一時間をしっかり取り組むこと。そして一日一日を重ねて一週間やりきること。週末が来たらしっかり休んで体調を整え、次の一週間をやりきること。一週間を四回から五回重ねると定期テストがあって、学力がどの程度ついたか確認できます。テストでできなかったところは、もう一度復習してください。

そして一つの学期が終わると、長期のお休みがありますから、生活のリズムを整えながら自分の取組を振り返ってみましょう。授業ばかりでなく、学期ごとにいろいろな行事もあります。行事は思い切り楽しむことです。そのうちに一年、二年と年を重ねて皆さんの学校生活は充実していくでしょう。

本校の先生方は、皆さんがわからないところを丁寧にわかるまで教えてくれます。就職にしても進学にしても、各自の進路実現に向けてしっかり応援してくれます。皆さんも、何度も何度も聞いてください。失敗や間違いを怖がらなくていいのです。恥ずかしいと思うこともありません。一人一人の学習状況に応じて、きめ細かい指導を行えることが定時制の良さと言えます。本校の強みはここにあります。

「授業がいのち」という言葉を胸に刻んで高校生活を過ごしてください。

1学期始業式 校長講話より

年度当初にあたってお話したことの中から三つ、抜粋して掲載します。

〇春は出会いの季節でもあります。新しい先生、職員の方との出会いもあるでしょう。明日には入学式があり、皆さんの後輩たちも入学してきます。人は、多くの人と知り合い、いろいろな人と触れ合うことによって大きく成長します。新しい人間関係を築くためには、コミュニケーションが大切です。コミュニケーションの第一歩は笑顔とあいさつです。皆さんには自分から先にあいさつができるようになってほしいと思います。期待しています。

〇「授業がいのち」という言葉を今日また確認しておきましょう。言うまでもなく、学校生活の中心は、毎日の授業です。是非、一時間一時間の授業に真剣に取り組んでください。本校の先生方は、皆さんがわからないところを丁寧にわかるまで教えてくれます。就職にしても進学にしても、各自の進路実現に向けてしっかり応援してくれます。一人一人の学習状況に応じて、きめ細やかに皆さんに必要な情報提供ができることが定時制の良さと言えます。「授業がいのち」という言葉を胸に刻んで高校生活を過ごしてください。

〇「常に安心、安全を心がけてほしい」ということをお願いしておきます。交通事故や怪我などに十分注意し、感染防止対策の徹底も含めて、体調管理には十分注意をしてください。自然災害についても注意が必要です。様々な危険を回避する術を身に付けてください。また、いじめに当たるような行為は絶対にしてはならないことを肝に銘ずるべきです。一人一人が自他の命を大切にしてほしいと思います。自分のことだけではなく、常に他者を思いやる気持ちを忘れないようにしてください。安心、安全な生活を送るためには、皆さん一人一人の自覚が必要です。皆さんが心身共に健やかに、笑顔で学校生活を送れるように、私たち職員一同、皆さんをサポートしていきます。一緒に頑張っていきましょう。

令和6年度のスタートです

いよいよ今日から令和6年度が始まります。

昇降口前の桜の花もきれいに咲いて、皆さんの登校を待っています。